相棒season15 (第5話・2016/11/9) 感想

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第5話『ブルーピカソ』の感想。



画家の三上(斉藤陽一郎)が転落死。捜査でオークション会社に行った右京(水谷豊)は、社長の磯田(坂西良太)と社員の貴和子(森尾由美)が、見つかった「ブルーピカソ」について話すのを聞く。その絵は8年前、ピカソの未発見の作品ではと画廊主の古澤(堀内正美)に持ち込まれたが、公式鑑定人の来日直前、偽物にすり替えられ消えていた。無名時代、三上が古澤の世話になったと知った右京は三上の死と絵の関係を疑う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

右京が興味本位にあれこれ調べ、自分で納得して終了…

脚本は、『相棒14-11』や2時間サスペンスを手掛ける坂上かつえ氏。演出は、前回と同じ『京都地検の女シリーズ』『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』等の藤岡浩二郎氏。

前回同様に、「それなりに面白いけど、相棒としては物足りない」と言うしかないような。だって、そもそも右京(水谷豊)が8年前の贋作事件に興味を持って、興味本位にあれこれ調べて自分で納得して終了みたいな話。完全に画家の三上(斉藤陽一郎)の転落死より、「ブルーピカソ」にぞっこんってだけだから。

だから、普通なら『杉下右京の事件簿』と言うところだが、今回は『杉下右京の徒然日記』って感じ。とにかく、ここまで「特命係」が描かれないと、もはや『相棒』としても認めにくいレベル。きっと、『相棒』以外の刑事ドラマでやったら、意外と2サス風に楽しめた脚本かもしれない。

右京が関係者の話を聞いて、まとめてるだけって感じ…

脚本が脚本なら、演出も問題がある。全編に亘って、杉下右京が関係者の話を聞いてまとめてるだけの印象が強い。右京が興味本位で動くのなら、亘(反町隆史)にはもっと捜査しているような描写を入れたら良かった。

なのに、結局、亘も情報を右京に伝えるだけのシーンが多いから、ちっとも「特命係」が捜査しているように見えないのだ。前回と今回で何か演出的な部分で、新しい『相棒』を模索しているように見えなくもないが、「特命係」を魅せ、ファンお馴染の “相棒文化” を残しつつ、リニューアルしないと、いつまでも物足りないままではないだろうか。

あとがき

今回のような杉下右京と冠城亘の2人だけのストーリーになると、どうしても右京に持って行かれちゃう。やはり、サイバー捜査官の青木年男(浅利陽介)を絡めた方が無難に「特命係」を引き立てられそうですね。それも残念ですが。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season14 上 (朝日文庫)
相棒 season14 中 (朝日文庫)
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray] 相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9123/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443724590.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒15 テレ朝(11/09)#05

第5話 ブルーピカソ あらすじある休日、右京(水谷豊)が亘(反町隆史)と訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こる。出品されていた三上史郎(斉藤陽一郎)という画家の絵画に、三上自身が「こんな駄作に価値はない」とオークションを拒否する騒動を起こしたのだ。その夜、三上が歩道橋から転落死する。伊丹(川原和久)たち捜査一課は、自殺と他殺の両面から捜査を開始。 すると、画家としての三上...

「相棒 season 15」第5話

ピカソの幻の絵と水曜日の外出。 第5話『ブルーピカソ』ネタバレです。 ピカソ ――巨匠の作品と生涯 Kadokawa Art Selection (角川文庫)岡村 多佳夫角川グループパブリッシング by G-Tools

相棒15 第5話

人気画家・三上(斉藤陽一郎)が歩道橋から転落死します。 前日、右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は偶然、オークション会場で三上が運営主・磯田(坂西良太)に詰め寄る場面を目撃していました。 磯田の元を訪れた右京さんと亘は、今度は磯田と社員・貴和子(森尾由美)が絵画の真贋を巡って言い争う姿を目撃します。 貴和子が新作の可能性があることを主張し、磯田が偽物だとする絵画は、8年前に...

相棒15 「ブルーピカソ」~俺はもう描けない。描いても描いても、あの贋作がついて来る

 発見されたピカソの幻の絵画・ブルーピカソ。  だが、その真贋を調べているうちにブルーピカソは贋作にすり替えられ、画商は賠償金2億円を払うことに。  画商が贋作にすり替えられたことに気づいたのは、画を止める鋲だった。  発見されたブルーピカソの鋲は欠けて...

相棒season15 第5話

「ブルーピカソ」内容磯田一輝(坂西良太)主催のオークション会場へとやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)やがて、画家・三上史郎(斉藤陽一郎)の作品が出品される。落札された直後、開城に怒鳴り込んでくる男。。。三上本人だった。「嘘は辞めろ」とオークションから外すよう怒るが、結局、磯田とともに三上は退場していく。その後も、社員の山本貴和子(森尾由美)によりオークションは継続され。。。 翌日、三...

相棒 season15 第5話 ブルーピカソ 感想

一枚の巨匠の絵が多くの人々の人生を狂わせて・・・ 公式HPよりあらすじ ある休日、右京(水谷豊)が亘(反町隆史)と訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こる。出品されていた三上史郎(斉藤陽一郎)という画家の絵画に、三上自身が「こんな駄作に価値はない」とオークションを拒否する騒動を起こしたのだ。その夜、三上が歩道橋から転落死する。伊丹(川原和久)たち捜査一課は、...

相棒 season15「ブルーピカソ」

ピカソ、青の時代の名画が偶然に発見された事件から。右京(水谷豊)が亘(反町隆史)と訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こり、その出版者、三上史郎(斉藤陽一郎)は「こんなものは駄作だ」と絵を叩きつけて大暴れ。その翌日、彼は転落死体となって見つかります。自殺と他殺の両面から捜査を開始。そのうち、育ての親である、オークション会社の社長・磯田(坂西良太)と三上の間に確執があったこと...

相棒15期第5話(11.9)

『ブルーピカソ』  脚本:坂上かつえ 監督:藤岡浩二郎 画家の三上(斉藤陽一郎)が不審な転落死を遂げる。 前日三上とオークション会社社長の口論を見かけたことから 興味を持つ杉下(水谷豊)と冠城(反町隆史)。 オークション会社には数年前話題になった名画ブルーピカソが 持ち込まれており、真贋が問題視されていた。 杉下たちは三上が贋作を描いたのではと考える。 幻の名画は画廊主から違約金を奪うとい...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR