家政夫のミタゾノ (第3話・2016/11/4) 感想

家政夫のミタゾノ

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』公式
第3話『大奥編に突入!?大富豪を操る怪物家政婦…40年隠す一族の秘密』の感想。


三田園(松岡昌宏)とえみり(清水富美加)が向かった大企業社長・徳山(小西遼生)の屋敷では、‘総取締役’の福子(夏木マリ)が家政婦を仕切っていた。三田園らは、福子がこの家に40年間仕え、先代夫婦亡き後、徳山の母親代わりだけでなく仕事面でも支えてきたと知る。そんな中、えみりは福子が会社の通帳から何度も大金を引き出していると気付く。さらに、徳山のセクハラに遭ったえみりは、福子にうそつき呼ばわりされる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

見事な勧善懲悪 新旧の家政婦対決のオチも痛快すぎる!

簡単感想で。

前回の感想で、“第2話にして、王道のマンネリ化を魅せてきた本作” と大絶賛した本作。そして今回は、えみり(清水富美加)を‘総取締役’の福子(夏木マリ)の被害者にしたことで、三田園(松岡昌宏)がこれまで不当解雇されていた家政婦たちの恨みを果たす “仕事人” になった点が斬新だ。

そのお陰で、『必殺仕事人』的な勧善懲悪の構図が一層と際立った上に、完全にマンネリ化も打破。更に、美田園と福子が “家政婦” と言う同じ土俵で戦ったから、勝負のスッキリ感が半端無かった。ラストで女装をしていない美田園の登場も新鮮。一話完結スタイルならではの、斬新なアイデアと工夫に完敗だ。

あとがき

まるで女装をしているような妖艶な雰囲気を漂わせて福子を演じた夏木マリさんと、完全に作り込んだ美田園を演じた松岡昌宏さんの怪演対決が、見応えありました。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
愛! wanna be with you...(初回限定盤)(DVD付)
愛! wanna be with you...(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9100/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443530357.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第3話

内容急きょ、“とくやまグループ”の徳山康介(小西遼生)社長の屋敷に派遣された三田園(松岡昌宏)とえみり(清水富美加)玄関に入ると、家政婦の坪田秋枝が現れ、着替えるよう命じられる。その後、連れて行かれた部屋では、家政婦総取締役の春日井福子(夏木マリ)が、家政婦に厳しい指導をしていた。使えなければ、クビだという。 福子のあまりの無理難題に、困惑するえみりだったが、三田園...

家政夫のミタゾノ「大奥編に突入!?大富豪を操る怪物家政婦…40年隠す一族の秘密」

とくやまグループの若き社長・徳山康介(小西遼生)の家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)と、 “家政婦総取締役”=春日井福子(夏木マリ)と彼女に従う、大勢の家政婦達の“大奥”を彷彿させる、極端設定が面白かったです。でも、徳山が本棚の下敷きになった時、みんなが四苦八苦してる中、三田園が片手でひょい、だったり(笑)、徳山に襲われそうになった、えみり以降の下り、三田園のクール...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR