ドクターX ~外科医・大門未知子~[4] (第4話・2016/11/3) 感想

ドクターX ~外科医・大門未知子~[4]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ [第4期]』公式
第4話『美人姉妹同時刻オペ!!太る病気の秘密!?』の感想。


‘美のカリスマ’として有名な四葉姉妹の妹・美音(小林きな子)が肥満治療のため極秘入院。東子(泉ピン子)は、金沢の分院で減量手術の研究をしてきた原(鈴木浩介)を呼び戻す。しかし、手術当日、美音が病室から逃げ出す。未知子(米倉涼子)が、屋上にいた美音を再検査すると、脳下垂体の腫瘍が原因で肥満となる「クッシング症候群」と判明。さらに、未知子は美音の姉・美麗(高岡早紀)が大腸がんを隠していることを見抜く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

痛快さ、面白さ、登場人物たちの楽しい共演が満載

脚本は、『無痛~診える眼~』『火の粉』等の香坂隆史氏で、本シリーズは今回が(多分)初担当。演出は、本作のツートップの一人でもある松田秀知氏。第4シリーズになって、最も「未知子らしい痛快さ」「勧善懲悪の面白さ」「主人公と名脇役キャラたちの共演」が見事に融合した第4話だった。

未知子の外科医としての"卓越した能力"をしっかり描いた

まず、秀逸だったのは、「未知子らしい痛快さ」をしっかりと描いたこと。これを表現するには、如何に未知子(米倉涼子)の病院以外での、所謂私生活の部分を上手く描くかに掛かっている。今回は、“40歳独身ファッションは派手で趣味は手術” と言う大門未知子のキャラが、美のカリスマ「四葉姉妹」の登場で輝いた。

脚本も、いつものように決め台詞の「私、失敗しないので」と言って患者を説得するパターンを敢えて変えてきた。四葉姉妹の姉・美麗(高岡早紀)にはまず「私、手術のカリスマなの」と言わせてから改めて「私、失敗しないので」と言う構成にしてきた。お陰で “手術のカリスマ” と言う新たな価値観まで付け加えた。

また、妹・美音(小林きな子)に対しても、屋上で「頭が悪い」とサラリと気づく手術以外の能力も見せて原(鈴木浩介)を納得させたのも良かった。

ただただ自己中心的で高飛車な “女医” ではなく、診断や観察力や目の前の患者のQOL(生活の質)をも真面目に考えた外科的治療を常に考えていると言う未知子をしっかりと描いた上で、脳外と開腹術の同時オペと言う虚構の世界ならではの暴挙に真実味が出た。これこそ、未知子の “正しい魅せ方” だ。

未知子に、本作に、新たな魅力を吹き込んだ香坂隆史脚本

「勧善懲悪の面白さ」と「主人公と名脇役キャラたちの共演」は合体して楽しさを生み出した。人気シリーズならではの「隠してあるキャラ」を良いタイミングで登場させて、マンネリ化を避けた。

また、コミカルな部分も、普通なら原のイジメられキャラだけで良いのに、加地(勝村政信)も参戦したり。特に楽しかったのは原が未知子の決め台詞を言おうとさせて「私…始めます」として、城之内(内田有紀)が「言えないんだ…」と言ったくだり。こう言う遊び心が緊張感を更に高めてくれる。

とにかく、今回の新登板の香坂隆史氏の脚本が、これまで描かれてきた全キャラを細かな設定を余すことなく効果的に使っていたこと。それを本作ではお馴染の香坂隆史氏の演出が、いつもの未知子に、そして本作全体に、新たな魅力を吹き込んだ。この調子で進んで欲しい。

あとがき

四葉姉妹と言う設定を思い付いた時から、脚本家の香坂さんは面白くなるって思ったでしょうね。そして、太った妹・美音役にお笑い芸人など使わずに、私には『ヤスコとケンジ(2008年)』での椿エリカ役(広末涼子さんの太っていたレディース時代)の好演が記憶に残る小林きな子と言う俳優さんを起用したのは流石の一言。

最近は人気芸人を一人二人と登場させて話題性を狙うものの、内容には全然マッチせずむしろ邪魔なキャラになる作品が多い中、やはり高視聴率&高人気の人気シリーズの本作は、小手先のことはしない。そんな部分にも好感が持てます。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
99 (初回生産限定盤)
99 (通常盤)
99
ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル [Blu-ray]
ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOX
Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 2 DVD-BOX
ドクターX~外科医・大門未知子~3 DVD-BOX
テレビ朝日系木曜ドラマ Doctor-X~外科医・大門未知子 オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9096/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443492153.html でも受付けております。


【これまでの感想】
ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル (2016/7/3) 感想
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドクターX 外科医・大門未知子4「美人姉妹同時刻オペ!!太る病気の秘密!?」

今回の患者は、大門未知子(米倉涼子)周りの人々も心酔して、晶(岸部一徳)からは「サインもらってきて」と、おねだりされる、美のカリスマとして世を席巻する美人姉妹ユニット「四葉姉妹」極秘入院してたのは、妹・四葉美音(小林きな子)が見る影もなく太ってしまったのは、密かに痩身する目的で、避難治療のため、副院長・久保東子(泉ピン子)の独断で、治療には金沢から呼び寄せた外科医・原守(鈴木浩介)による外科...

ドクターX~外科医・大門未知子4~ 第4話

美のカリスマとして知られる姉妹ユニット「四葉姉妹」が、大学病院に極秘入院して来ます。 未知子(米倉涼子)が、晶(岸部一徳)にサインをもらって来るように頼まれたので、姉妹のいる特別室を覗いてみると、見る影もなく太ってしまった美音(小林きな子)の姿がありました。 部屋を間違えてしまったと、病室を出た未知子は美しい姉・美麗(高岡早紀)に見咎められます。 実は、入院したのは美音...

ドクターX~外科医大門未知子(4)第4話

「美人姉妹同時刻オペ!!太る病気の秘密!?」内容美のカリスマと呼ばれる四葉姉妹が、東帝大学病院にやってくる。蛭間(西田敏行)は、東子(泉ピン子)が独断で入院させたことに憤るが、大学の評判が上がると言われ、渋々了承する。 そんななか神原(岸部一徳)にサインを。。。と命じられ、未知子(米倉涼子)が、特別室に行くと。美しい姉・四葉美麗(高岡早紀)と。。。太った妹・美音(小林きな子)がいた。入院の...

科捜研の女16期第2話 & ドクターX 外科医・大門未知子4期第4話 & Chef 三ツ星の給食第4話(11.3)

・科捜研の女16期第2話 タルンカッペを名乗る怪人物に女子大生桂井萌衣(岡本玲)が 誘拐された事件、 萌衣の通う大学の事務長が殺害されてしまう。 大学では二十年前新キャンパスの開発計画が頓挫しており、 その背後には会社ゴロと事務長の暗躍があり、 計画頓挫に反対の声を挙げていた男性講師が失踪していた。 榊マリコ(沢口靖子)や土門 (内藤剛志)は失踪した講師が 萌衣の父親だったのではと推測する。...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR