相棒season15 (第4話・2016/11/2) 感想

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第4話『出来心』の感想。


右京(水谷豊)と青木(浅利陽介)は、帰宅途中の路上でひったくりの現場に遭遇。犯人は通行人の平井(風間杜夫)に撃退される。実は平井は詐欺師で、だました男性(武子太郎)から金を巻き上げるところだった。騒ぎの中、男性に逃げられた平井も現場から立ち去る。名乗りもせず消えた平井が気になり、周辺で聞き込みを始めた右京と亘(反町隆史)は、平井が相棒の留美子(内田慈)と詐欺のために運営している悩み相談所にたどり着く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

かなり斬新で新鮮味を感じた でも観たいのはこれじゃない

脚本は、『相棒12-15,13-13,14-16』『コウノドリ』等の山本むつみ氏。演出は、『京都地検の女シリーズ』『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』等の藤岡浩二郎氏。

ここ数年来の『相棒』と言う名の『杉下右京の事件簿』を見慣れて、古き良き頃への『相棒』回帰を期待している私にとっては、かなり斬新で新鮮味を感じ第4話とは言える。ただ、これが私の求めていた回帰して欲しい『相棒』か?と自問自答すれば、間違いなく「これではない」と言うしかない作品だった。

全体的に"普通の刑事ドラマ"過ぎる

うーん、“全体的に普通の刑事ドラマ過ぎる” と言えば良いだろうか。確かに、これまで最大に気になっていた右京(水谷豊)の出しゃばり過ぎは抑えられていた。亘(反町隆史)も “亘らしさ” を放って、先輩の右京を面白おかしくフォローもしていた。こと、“相棒” の2人については、そんなに不満は無い。

"相棒文化"みたいなものは残して、原点回帰は不可能か?

ただ、伊丹(川原和久)たちや鑑識の存在が、“普通の刑事ドラマ過ぎ” た。鑑識の米沢の不在も大きな要因の一つではあるが、伊丹たちの捜査の表現が、普通の刑事ドラマと同じなのだ。もちろん、『相棒』も刑事ドラマではあるのだが、長年のシリーズ化によって、独特なクセのある表現が “らしさ” になっているのだ。

それが、伊丹刑事を「イタミン」、捜査一係を「捜一」と言う愛称で呼ぶような独自の “相棒文化” みたいなものを形成してきた。今回はそれが大変に薄かった。ゼロではないが少なかった。もしかしたら、この位のことをしないと本当の意味での “原点回帰” は出来ないかもしれない。しかし、これがそれだとは思えない…

あとがき

宗教の冒涜とか下品なくだりばかりとか、そう言うのも気にはなりますが、そもそも『土曜ワイド劇場』で始まった本作としたら、こう言う世俗的なネタも悪くないんですよね。ただ、ゲストが風間杜夫さんである瞬間に大よその流れは想像出来ちゃうし、「それなりに面白いけど、相棒としては物足りない」と言うしかありませんでした。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]
相棒season14 DVD-BOXI(6枚組)
相棒season14 DVD-BOXII(6枚組)
相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9092/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443380538.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒15 「出来心」~<美人局>というお仕事。この商売、どんだけ人の心を読めるかが勝負だ

「相棒」によくある職業シリーズ。  今回は美人局 ←これは職業か?  平井貞男(風間杜夫)にとって、美人局は〝他人と渡り合う心の仕事〟で、オレオレ詐欺とは違うらしい。  美人局の現場に踏み込んでも<脅迫>ではなく、心の浄化、宗教の<寄付>としてお金をいただ...

相棒15 テレ朝(11/2)#04

第4話 出来心 あらすじ詐欺師の平井(風間杜夫)は、地域住民の悩み相談に乗る“青空らくだの会”という団体を装い、美人局で金をせしめていた。その日も、会社員風の男をまんまと陥れ、金を下ろさせるために一緒にコンビニのATMへ。そのさなか、女性がひったくりにあっている現場に遭遇。一旦は「取り締まるのは警察の仕事」と、立ち去ろうとした平井だったが、女性の悲鳴に反応し、体を張って犯人から荷物を取り戻す...

相棒season15 第4話

「出来心」内容NPO法人“青空らくだの会”に相談にやって来た山田隆(武子太郎)は、夫婦を装う平井貞男(風間杜夫)と尾形留美子(内田慈)にカモにされ、金を払うため平井に監視されコンビニへ。 そのころ、右京(水谷豊)は青木(浅利陽介)と夜道を歩いていた。ふたりの目の前を猛スピードで走る自転車。直後、自転車の男が、女性・江崎イトのバッグをひったくる。すぐに駆けつける右京。...

相棒 Season15 「出来心」

冒頭に殺人事件があって、その頃、詐欺まがいのツツモトセのカモとコンビニに向かう途中、ひったくり事件に遭遇し、そこに右京(水谷豊)が居合わせ… どう、繋がるのかな?と思ってたら、最後は、まぁるく輪になって(!)なんだか、うんと初期の相棒っぽくて、懐かしかったです。かなりメンバー・チェンジしたし、賛否両論でしたが、私は面白かったです。個人的に、ゲストの風間杜夫と、相棒というか恋人(?)の内田慈が...

「相棒 season 15」第4話

消えたヒーローと故郷の言葉。 第4話『出来心』ネタバレです。 ダンゼン得する知りたいことがパッとわかるNPO法人のつくり方がよくわかる本渕 こずえソーテック社 by G-Tools

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR