黒い十人の女 (第5話・2016/10/27) 感想

黒い十人の女

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第5話『十人の女、全員、現る』ラテ欄『全愛人現る不倫は悪?風の危機』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。


浦上(水上剣星)は風(船越英一郎)に、志乃(トリンドル玲奈)と別れてほしいと直談判するが、言い負かされてしまう。佳代(水野美紀)は睦(若村麻由美)から入手した愛人9人の名前を、美羽(佐藤仁美)にも教える。一方、不倫からの卒業を決意した久未(成海璃子)は、風に直接伝えることに。そんな中、美羽は志乃のマネジャー・沙英(ちすん)に、志乃と風が不倫関係だと明かす。そして、驚く沙英に、新たな話題で追い打ちを掛ける。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

1時間ずーっと台詞 バカリズムらしさ炸裂の脚本

浦上(水上剣星)を打ち負かした風(船越英一郎)のロジックが面白かった第5話。久未(成海璃子)とのやり取りを含めてこれまでで一番「風」の人間性が描かれたって感じ。これが良かった。だって、ずっと「風」の存在感が薄かったから。

あとは、やっと不倫相手10人が揃って泥沼が完全に成立。それにしても、もう1時間ずーっと台詞。台詞だらけ。流石のバカリズム脚本だ。すべての台詞にバカリズムらしさがあってホント楽しい。一見ハチャメチャに見えて、きちんと整理整頓されてるのも素晴らしい。嫌いな不倫ドラマ、気がついたら第5話まで観てるし…

あとがき

感想を書き難いドラマではありますが、この台詞の多さなのに、会話劇には全く見えず、混乱した人間たちの心の叫びにちゃんと聞こえるのが本当に良く出来てます。それに、不倫をしている人間とそれに巻き込まれている人間たちのむちゃくちゃで強引なロジックがすごく楽しい。次回も期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
黒い十人の女 [DVD]
愛/憎(初回生産限定盤)(DVD付)
愛/憎(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9067/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443192182.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

火鍋の季節に口から出任せの風が吹き抜ける場所で笑う女(成海璃子)

清々しい朝の「べっぴんさん」で四葉のクローバーが手をとりあう。 集まった四枚の小葉が集う時・・・重ねた手を上にあげてくるくる回り出したらエフエフの村である。 あふれた涙が一同爆笑に変わるので困ったものだな。 そういう健気な女たちの後で・・・どす黒い十人の女たちがやってくる。 いや・・・彼女たちだって

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR