相棒season15 (第3話・2016/10/26) 感想

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第3話『人生のお会計』の感想。


亘(反町隆史)は捜査一課に加わり、アパートで住人の山本(十貫寺梅軒)が殺された事件を捜査。資料を見た右京(水谷豊)は仏壇に置かれていた名刺が気になり、独自に捜査を始める。名刺の主は保険会社の営業マン・谷中(石井正則)だった。山本が谷中を保険金の受取人にしていたと分かり、伊丹(川原和久)たちは谷中の犯行を疑う。一方の右京は、10年前に山本の娘を自殺に追い込んだ元ホスト・田島(渋江譲二)の行方を捜す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"薄味"だが、昔の『相棒』を見ているような雰囲気…

脚本は、『相棒シリーズ』初担当の櫻井智也氏。演出は、第2話と同じ兼崎涼介氏。まあ、ひと言で言えば、薄味。ゲストの石井正則さん演じる谷中と言う登場人物で魅せたっただけ。まあ、こう言う作風もたまにあるのだが…

ただ、薄味と言ったのは、どちらかと言えば褒め言葉。少なくとも『杉下右京の事件簿』になっていなかった点は評価できると言う意味で。ただ、全体は特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が捜査をしているだけで、『相棒』らしさが皆無だから薄味ってわけ。“らしい” のはラストだけなのは残念過ぎる。

ただ、映像的には、随所に個性的な拘りを覗かせたカットがあって、興味を惹いた。それに、ちょっと昔の『相棒』のような気を衒わない落ち着いた雰囲気が漂っていたのも好感が持てる。やはり、『相棒15』は本気でリニューアルを実行しているのかもしれない。それなら大いに歓迎だ。

あとがき

『杉下右京の事件簿』でなかったのが一番良かったこと。やはり、「ザ・右京」的な言動(特に推理)が前面に出ると、周囲が後退してしまう。そこが。『15』になってだいぶ抑えられているのは良いですね。この調子で、リニューアルを推し進めて欲しいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]
相棒season14 DVD-BOXI(6枚組)
相棒season14 DVD-BOXII(6枚組)
相棒season14 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9059/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443157604.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒15 「人生のお会計」~拳銃を手に入れるために入れ墨を彫る男

 余命幾ばくもない彼は考えた。 「自分の人生は地味で平凡だった。  これで生きていたと言えるのか?  一度でいいから人の役に立つことをしたい」  ここからの彼の行動がぶっ飛んでる。  田島高司(渋江譲二)への復讐を代わりにおこなうことを決めた彼は、 ・貯め...

相棒15 テレ朝(10/26)#03

第3話 人生のお会計 あらすじ殺人犯は余命宣告を受けた保険の営業マン!?亘は“理想の上司”伊丹に弟子入りを志願 ある日、谷中(石井正則)という保険会社の落ちこぼれ営業マンが、医師から余命いくばくもないと告げられる。谷中は突然の宣告に戸惑いながらも、孤独な身の上をかんがみて、「今までしたくても出来なかったことをやろう」と思い立つ。そんな折、営業でたまたま飛び込んだアパートで、山本(十貫寺梅軒)...

相棒season15 第3話

「人生のお会計」 内容医師からガンで、余命半年から1年と宣告された谷中敏夫(石井正則)そんななか、上司から成績不振を注意され、目の前にあった家に飛び込み営業。そこで、偶然にも自殺しようとしていた山本幸一(十貫寺梅軒)を見かけ、命を救ってしまう。いきなり山本は、身の上話をはじめる。10年前、娘・康子を殺されたと。先日、娘を追い込んだ男を見かけたが、次の瞬間、見失ってしまったという。自分が嫌にな...

「相棒 season 15」第3話

余命宣告を受けた男がしたことは・・・。 第3話『人生のお会計』ネタバレです。 ポケット図解 生命保険がよ~くわかる本石橋 知也秀和システム by G-Tools

相棒 season15 第3話「人生のお会計」

突っ込み処はあるけれど、ストーリーの核がしっかりしていて、意外性もあり、面白かった。 余命宣告を受けた谷中(石井正則)は、人生の最後に“今まで、したくてもできなかったこと”をやろうと考える        …………………………………「人のために生きよう」 その具体案が「...

相棒 season15 第3話 人生のお会計 感想

死ぬ気になれば何でも出来る? 公式HPよりあらすじ ある日、谷中(石井正則)という保険会社の落ちこぼれ営業マンが、医師から余命いくばくもないと告げられる。谷中は突然の宣告に戸惑いながらも、孤独な身の上をかんがみて、「今までしたくても出来なかったことをやろう」と思い立つ。そんな折、営業でたまたま飛び込んだアパートで、山本(十貫寺梅軒)という年配の男性が、自殺しようとしている現場...

IQ246 華麗なる事件簿第2話 & 相棒15期第3話 (10.23-26)

・IQ246 華麗なる事件簿第2話 人気漫画を真似した不審死事件が続発、 それは妹を殺された過去を持つ塾講師(佐藤隆太)が 子供を虐待死させた親を殺害していたものだったと。 うーん、織田裕二君の風変りな演技がシリアスな事件だとキツい気がする。 あと執事のアクションシーンが必要なものとは思えない。 大人の事情があるのかもしれませんが。 ・相棒15期第3話 『人生のお会計』  脚本:櫻井智也 ...

相棒 Season15「人生のお会計」

人生、残り、幾ばくもない、と知った、保険会社の落ちこぼれ営業マン、谷中(石井正則)が飛び込み営業した先は、思いがけぬ、山本(十貫寺梅軒)の自殺寸前な現場。彼を助け、その事情を聞く内、同情して、彼なりに人生最後の大勝負?!拳銃を手に入れたり、速攻、入れ墨を入れたり、なぜ、そうなるの?ではありましたが、ちょっと薄味な、初期相棒のオマージュな印象をうけました。新しい脚本家さんの作品だったのですね。...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR