レンタル救世主 (第3話・2016/10/23) 感想

レンタル救世主

日本テレビ系・新日曜ドラマ『レンタル救世主』公式
第3話『485円の願い!戻せ親子の愛』の感想。


9歳の陽太(田中奏生)が白い粉の入ったバッグを抱えて夜逃げした父・下川(甲本雅裕)を助けてと依頼に来た。陽太の所持金が485円だったため黒宇(大杉漣)が追い返すが、明辺(沢村一樹)は心配でならない。そこへ車椅子の徳田(佐戸井けん太)の横浜観光を300万円で手伝う依頼が入り、仕方なく明辺と零子(志田未来)は徳田が行きたいという米橋通りへ。一方、陽太の気持ちが分かるロイ(勝地涼)は、相手をすることにする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

お仕事ドラマなら、少年の依頼だけで十分に成立してる

演出が、第1,2話担当の菅原伸太郎氏から狩山俊輔氏に交代した第3話。どうして、少年の依頼と、車いすの男性の依頼の2つも描くのかの疑問はあるが、何とか父と息子ネタとして繋がってるから良しとするか、って感じ。

ただ、レンタル救世主のお仕事ドラマとしてなら、少年の依頼だけで十分に成立しちゃう。もちろん、ロイ(勝地涼)が大活躍する巻としてそれなりに面白いし。

依頼案件は1つで、主人公をメインに再構築したら?

全体的には、演出家の交代でだいぶ整理整頓が進んだようだ。明らかに無駄が少なくなったし、各登場人物たちのキャラも立って来たし。ただ、相変わらずの問題として、主人公の明辺(沢村一樹)が存在していなくても、結構ドラマとして成り立ってしまってること。

やはり、依頼案件は1つにして、主人公である明辺がメインで動きつつ、他のメンバーの活躍も魅せた方が良いのでは?視聴率は第1話の10.2%から第2話で7.5%へと大きく下がったが、内容的には良くなってる。視聴率がすべてで無いが、大きな下落には必ず理由がある。それがごちゃごちゃ感なら、上向くかも?

あとがき

ハチャメチャな展開は、同局の『THE LAST COP/ラストコップ』に共通しますね。そして何となくどこかが空回りしている感じも。私には “俳優の良さを活かしきれていない” と言う共通点なのですが。次回は第4話ですが、折り返し地点の前に見極めするかもしれません。次回に期待…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 日曜ドラマ レンタル救世主 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9049/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/443079369.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンタル救世主「485円の願い!戻せ親子の愛」

今回は、父親と2人暮らしの陽太(田中奏生)少年から、怪しげな白い粉が原因で、トラブルに巻き込まれかかってる父・陽介(甲本雅裕)を助けて欲しい、という依頼と車椅子の男性・徳田(佐戸井けん太)。横浜の街を観光したいので案内してほしいという依頼。なんと報酬は、破格の3百万円!少年は、485円の全財産を握りしめて依頼にきましたが、黒宇(大杉漣)は却下。でも、明辺悠五(沢村一樹)は少年が気になって仕方...

レンタル救世主 第3話

「485円の願い!戻せ親子の愛」内容「お父さんを助けてください」レンタル救世主に、下川陽太(田中奏生)が駆け込んでくる。父・陽介(甲本雅裕)は、何かの運び屋をしているよう。しかし、金を持っていないと知ると黒宇(大杉漣)は、追い出してしまう。明辺(沢村一...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR