黒い十人の女 (第4話・2016/10/20) 感想

黒い十人の女

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第4話『愛人たちの晩餐会』ラテ欄『愛人集結!嵐の食事会ぶっかけ』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。


久未(成海璃子)は美羽(佐藤仁美)と、佳代(水野美紀)の舞台を見に行く。風(船越英一郎)も夏希(MEGUMI)とやって来た。終演後、久未は美羽と食事。美羽は浦上(水上剣星)とも付き合う志乃(トリンドル玲奈)を愛人の座から引きずり降ろすべくこの場に呼ぼうと提案する。折しも、夢(平山あや)から美羽のことを聞いた志乃は反撃をもくろむ。一方、佳代は夏希を食事に誘う。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"修羅場"を魅せる バカリズムらしい"工夫"が活かされた

前回の感想で、「愛人9人が若干ごちゃごちゃしてきたので、バカリズムさんらしい魅せ方で一度整理整頓したら良い」と書いたのだが、あの部外者たちの噂話で複雑な人間関係が整理されたし、これまでややごちゃごちゃ状態だった状況も整頓されたから、中盤からの “愛人たちの修羅場” が楽しめた。これが一番良かった。

また、今回は、久未(成海璃子)のモノローグが多用されていたが、女性6人が一度に喋る会話劇に1人だけモノローグで入ってくるのも悪くない。しゃべりまくっているだけではただの自業自得オンナたちの修羅場に見えるが、久未の独白でちゃんとドラマの1シーンに見える。そして久未の独白がバカリズム氏のシニカルさなのだ。

そして、ラストのブチ切れた夏希(MEGUMI)と夏希に全力で噛みついた佳代(水野美紀)は、見応え十分。あとは、こんなにモテモテの風(船越英一郎)の魅力がもう少し描かれれば…

あとがき

次回からは、風以外の男たちも動き出すようです。考えてみれば、次回は第5話ですから、折り返しですね。不倫ドラマは嫌いですが、この愚かさを見るのは面白いです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
黒い十人の女 [DVD]
愛/憎(初回生産限定盤)(DVD付)
愛/憎(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9034/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442988715.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛の破片を集めて都合よくまとめるなんて無理(成海璃子)

糧を得るために働くのが人生だが・・・そうでない人もいるのが世界というものだ。 交配相手を求めて忙しないのが人間だが・・・そうでない人もいるのが個性というものだ。 職を求めて愛を捜して人々は今日も地上を彷徨う。 よりよき未来を求めて・・・代表者たちは会議をする。 たとえば停戦交渉。 優位に立つ相手は戦

黒い十人の女「愛人集結!嵐の食事会ぶっかけ」

ひょんな、なりゆきから、風(船越英一郎)の、愛人6名が揃って食事することに。まさに、一発触発。はらはらな修羅場だけど、どこかポップで明るい、笑えるものがあったです。だけど、唯一、お食事を攻撃の材料にすることは、抵抗あって。ユーモラスだけに、うむむ…初回のカフェオレ2度もかけられ… な件もそうだけど、個人的に、パイ投げみたいなセンスは、ちょっと笑えなくて。だけど、どこか、あっけらかんとした、神...

黒い十人の女~10人の不倫女たちが繰り広げる壮絶な罵り合い!(笑)すごいドラマです!

 2016年、芸能界のキイワードといえば<不倫>。  みんなが謝罪会見をしてる。  しかし、芸能界には、10人の女性と不倫しているドラマプロデューサー・風松吉(船越英一郎)がいた!  ひとりやふたりの不倫なんて小さい、小さい!  それくらいのことでガタガタ騒ぐな...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR