黒い十人の女 (第3話・2016/10/13) 感想

黒い十人の女

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第3話『本妻VSクズ女~顔合わせは崩壊の始まり』ラテ欄『ついに妻が!愛人集結動き出す独占欲と嫉妬』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。


風(船越英一郎)の5年越しの愛人・美羽(佐藤仁美)が、久未(成海璃子)をカフェに呼び出す。最初の愛人・佳代(水野美紀)は、後輩愛人を集めて自分の居場所をつくろうとしているようだが、風との結婚を望む美羽は同じ思いの久未に「2人で本妻の元に乗り込んで、愛人が9人いることをばらそう」と提案する。一方、志乃(トリンドル玲奈)はメーク担当の夢(平山あや)に、風との関係は伏せて、浦上(水上剣星)とのことを打ち明ける。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回は残念な仕上がりだったが、今回は意外に良かった

前回の第2話が、かなり残念な仕上がりだったから期待せずに観たのが良かったのか、第3話は意外によい雰囲気。と思ったら、演出が第1,2話担当の渡部亮平氏から瑠東東一郎氏に変わっていた。脚本はバカリズム氏で変わっていないが、全体にバカリズムらしさを強く推し出してきたって感じ。

また、前回宙ぶらりんだった志乃(トリンドル玲奈)がちゃんと不倫劇に盛り込まれたことも手伝って、本作が “不倫” を描こうとしているのが明確になったのは良かった。また物語をけん引するのは、感情的な佳代(水野美紀)より今回のざっくばらんな美羽(佐藤仁美)の方がわかり易かった。

あとがき

好みの問題はあると思いますが、前回からだいぶ巻き返してきたように思います。あと、愛人9人が若干ごちゃごちゃしてきたので、バカリズムさんらしい魅せ方で一度整理整頓したら良いかなと。不倫は反対ですが、本作は意外と楽しめています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
黒い十人の女 [DVD]
愛/憎(初回生産限定盤)(DVD付)
愛/憎(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9002/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442791599.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒い十人の女 第3話

『本妻VSクズ女~顔合わせは崩壊の始まり』内容風(船越英一郎)の愛人の美羽(佐藤仁美)は、同じく愛人の佳代(水野美紀)久未(成海璃子)と仲良くなる。そのうえ、相葉志乃(トリンドル玲奈)皐山夏希(MEGUMI)という愛人を突き止める。 一方、浦上(水上剣星)の部屋に泊まり、まるで交際しているような行動の志乃。しかし、まだつき合っているわけでは無かった。 現状を打開しようと考えた美羽は、風の...

流されやすい人間の器は風に吹かれて転がる石のように女の如く(成海璃子)

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。 文学は謳われるものだから・・・当然のことなのだ。 しかし・・・今かよっという思いはあるだろう。 あの頃・・・世界は混迷を極めていたが・・・今も同じだということなのだろう。 世界一の強国のリーダーが不人気競争を繰り広げ、集団的独裁者の支配する国が欲望を高めて

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-10-14│19:10 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR