黒い十人の女 (第2話・2016/10/6) 感想

黒い十人の女

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第2話『クズ女ども、嵐の一夜』ラテ欄『バカリ脚本ダメ女の嵐 船越英一郎10股不倫』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。


テレビ局に来ていた若手女優・志乃(トリンドル玲奈)から、仕事が終わったら会いたいと言われた風(船越英一郎)だが、脚本家・夏希(MEGUMI)との打ち合わせが入っていたので断る。その後、志乃はバラエティー番組のディレクター・浦上(水上剣星)から食事に誘われる。同じ店では久未(成海璃子)が久々の合コンに参加していた。一方、佳代(水野美紀)は美羽(佐藤仁美)から、風の愛人たちとして志乃と夏希の存在を教えられる。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

散漫な群像劇になっちゃった

第1話よりも、更に全体に台詞にバカリズムらしさが高まって、それ自体は悪くないのだが、演出のせいだろうか、群像劇であるのは承知済みだが流石に散漫過ぎる。あれこれあちこちを描くのが本作の面白さだとは思うが、ここまでバラバラだと内容よりも散漫さが勝ってる。

モノローグを全部外したら、普通の恋愛ドラマじゃないの

第1話は企画の面白さとテンポの良さで気付かなかったが、刺激が薄れたから見えてきた。それは、モノローグを全部外したら、不倫を描いているのに普通の恋愛ドラマだって矛盾。特に、若手女優・志乃(トリンドル玲奈)のくだりなんて、“女たちの嫉妬や思惑が渦巻く、泥沼の恋愛模様” に全く関係ない。

仕上がりが、第1話と違い過ぎる

こうなると、最終回がどうなるかしか興味がなくなてしまった。その上、過去の作品を見ちゃってるから、それと同じなら出演者目当てで無い私はどうしよう?どうして、第1話とこんなに違う仕上がりになったんだろう?次回で見極めようか…

あとがき

10/10に バカリズム脚本で広末涼子さん、井川遥さん、斉藤由貴さんを主演に迎えた『かもしれない女優2016』の放送が決定しており、かなり楽しみにしているのですが、ちょっと暗雲が…。第3話での巻き返しを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
黒い十人の女 [DVD]
愛/憎(初回生産限定盤)(DVD付)
愛/憎(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8972/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442590777.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒い十人の女 第2話「クズ女ども、嵐の一夜」

黒い十人の女の第2話を見ました。 第2話 クズ女ども、嵐の一夜~愛されオーディション~ ドラマプロデューサーの風とAPの美羽もいる会場で佳代は新ドラマのオーディションを受けていた。 「久未ちゃん、おつかれ~」 オーディションの審査の仕事を終えた風は脚本家の皐山夏希との打ち合わせの予定が詰まっていたが、志乃の楽屋へ寄っていくのだった。 「会いたかった~!」 志乃と別...

二話連続でクローゼットに隠れる女(成海璃子)

濃厚なキスシーンをサービスしながらも・・・クズを演じる二人の女優。 脚本家の心に眠るサディズムが遺憾なく発揮されているようだ。 一方・・・若者たちが修羅場やラブ・シーンに突入している間、飲んだくれる中年女優二人である。 殺伐としていながら哀愁が漂うのだった。 水野美紀といえば・・・様々な役を演じてき

黒い十人の女 第2話

『クズ女ども、嵐の一夜』内容ドラマのオーディションにやって来た佳代(水野美紀)プロデューサーの風(船越英一郎)は、佳代を落としてしまう。その後、若手女優の相葉志乃(トリンドル玲奈)に声を掛けた風は、脚本家の皐山夏希(MEGUMI)のもとへ打ち合わせへ向かおうとしていると、美羽(佐藤仁美)が風に話しかけてくる。 そんななか、久未(成海璃子)は、友人だと合コンへ。同じ店では、志乃が、ディレクタ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR