地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (第1話/初回10分拡大・2016/10/5) 感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

日本テレビ系・水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』公式
第1話/初回10分拡大『なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!』の感想。
なお、原作小説の宮木あや子氏『校閲ガール』シリーズは未読。


悦子(石原さとみ)は愛読するファッション誌の編集者を目指し中途採用試験を受け続けて7年。やっと採用されるが、配属先は文章の誤りや不備を訂正する「校閲部」だった。抗議する悦子に対し、部長の茸原(岸谷五朗)は、仕事ぶりが認められれば異動もあり得ると話す。そんな悦子が社内で高校の後輩・森尾(本田翼)と遭遇。悦子が志望する編集部にいる森尾は、男性モデル探しを命じられ、大学生の幸人(菅田将暉)に注目する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"女優・石原さとみ"って…

脚本は、『ディア・シスター』等の中谷まゆみ氏。演出は、『掟上今日子の備忘録』等の佐藤東弥氏。

内容よりも、石原さとみさんて、月9『5→9~私に恋したお坊さん~』の桜庭潤子役も映画『シン・ゴジラ』のカヨコ・アン・パタースン役時もそうだったけど、早口で喋りまくって周囲の空気を読めない礼儀知らずで喜怒哀楽の激しいアラサー女性の役しか演じられないのかな。

まず、その時点で新鮮味を感じない。同枠前期の『家売るオンナ』は北川景子さんが “三軒家 万智” と言うハマリ役を得たから面白かったが、主人公を演じる俳優(女優)が新鮮な役を演じないと面白くない。特に、この手の「お仕事ドラマ」は。

校閲を見下している文芸編集部編集者の貝塚がいい

ただ、ドラマ全体を見ると、30分位までは上に書いた通りの空気の読めない主人公と、その同僚や知り合いたちの群像劇まっしぐらだったのに、中盤から校閲部を見下している景凡社の文芸編集部で働く売れっ子編集者の貝塚八郎(青木崇高)が登場して、雰囲気が一変。

"河野悦子"の鎧を上手に着せ、"石原さとみ"を弱めた演出

ただのウザい女性主人公で “校閲” を描く「おちゃらけお仕事エンタメ」だと思っていたが、ファッション誌に関してだけに発揮させる超記憶力と一切物怖じしない発言と行動力を持ってると言う “校閲ガール・河野悦子” を創り出した実に巧みな脚本(原作かな?)がいい。

きっと大人の事情で石原さんは “いつもの石原さとみ” でないといけないのだろう。しかし、そこを前面に押し出したら新鮮さがない。

そこで本作は、先の巧みな脚本で創出した “校閲ガール・河野悦子” と言う “鎧” を上手に着せて、そちらをグイグイと演技指導して “いつもの石原さとみ” を和らげるのに成功しつつある。これ、意外に地味にスゴイ!もしかして、「お仕事ドラマ」として新しさを生み出すかも!?

「校正」と「校閲」の違いを描きつつ、悦子の成長まで…

私は、「お仕事ドラマ」として大切なことは、描く職業を正しく描くこと。もちろん、おもしろおかしく表現するのは構わない。むしろ、勘違いされやすい職業はきちんと視聴者に知らしめつつ楽しませるのが正解だ。その点、本作では第1話から、校正と校閲の違いをわかりやすく描いてきたのは良かった。

校閲が単に誤字脱字のチェックするのでなく、事実関係や言い回しまでがチェックの対象であり、いざ知らぬこととは言え “他人のプライバシーを踏みにじる行為” にまで自分の行動力と好奇心が及んで、反省するところまできっちりと描いた。これも意外に地味にスゴイ!

あとがき

正直、冒頭の10分で離脱しそうでした。でも、上に書いたように「校閲」の仕事紹介だけ描くのでないことがわかり最後まで良かったです。ただ、いろいろフラグを立てているので、今後群像劇になる可能性も十分に残ってます。全体的には『花咲舞が黙ってない』の雰囲気ですが、若干『出版出来!』の雰囲気も無きにしも非ず。次回も様子見します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 オリジナル・サウンドトラック
校閲ガール
校閲ガール トルネード
校閲ガール ア・ラ・モード
Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8969/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442560668.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(石原さとみ)Lassieならお嬢さんだけどな(本田翼)Lassyだとフェアトライアル系よね(足立梨花)

ラッシーといえば大腸菌じゃないのか。 菱沼聖子かよっ。 ・・・・かって文章を書くことは一つの能力だった。 まず・・・他人が読みやすい文字を書く必要がある。 今は・・・打てばどんなフォントも思いのままだ。 企画書を書くのも才能の要求される仕事だった。 今はある程度フォーマットに従えばそれなりのものが書

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第1話

ファッション誌の編集者を夢見る河野悦子(石原さとみ)は、出版社の採用試験を何年も受け続けています。 受付では、この時期限定の有名人らしい。 7年目の今年も、悦子は中途採用試験の面接に臨み、ファッション誌への熱意を訴えていました。 1週間後、まさかの採用が決定して、悦子は意気揚々と出勤しますが、配属されたのは念願の編集部ではなく、校閲部でした。 悦子は校閲部部長・茸...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 #01

『なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!』

校閲ガール・河野悦子~地味な校閲係をファッション大好きなイケイケガールがやったら、どうなるか?

 地味な校閲係をファッション大好きなイケイケガール(←古い)がやったら、どうなるか?  そういう物語だ。  河野悦子(石原さとみ)は配属されて、人気ミステリ作家で大先生の本郷大作(鹿賀丈史)のゲラにこんな赤を入れる。 「チョベリグ」 ←女子高生の口調が古く...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第1話

「なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!」内容ファッション誌“Lassy”編集者を目指し“景凡社”を毎年のように、中途採用試験を受け続ける河野悦子(石原さとみ)。。。今年で7度目だった。今年も気合いを入れて試験を受けに来た悦子。面接官に訴えかけ。。。。。終了。今年こそ受かったかも。。。と悦子は満足げ。その夜。。。正式採用の連絡が入る。 ...

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 & べっぴんさん第1週(10.3-7)

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 原作は小説だそうですが、原作未読。 ファッション誌の編集者志望だったのに 校閲部配属となってしまった河野悦子(石原さとみ)の奮闘を描く作品。 なぜ新入りの女性に仕事任せちゃうのだろう?と思いながら観てたのですが、 新人への洗礼ですか。 地味でお堅いお仕事ドラマを想像してたのですが、 ドタバタコメディーという感じでしたね。 石原さとみさんが可愛いので...

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」ファッションオタクの知識1七度目の挑戦で入社もまさかの校閲部に!しかしファッションオタクの知識が校閲の適正の高さを証明した

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」はファッション誌の編集をしたくて同じ出版社に7回入社試験を受けた河野悦子が7回目で合格したものの、配属された先が校閲部という誤字 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR