ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

映画「ラスト・ウィッチ・ハンター(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ラスト・ウィッチ・ハンター(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ラスト・ウィッチ・ハンター(字幕版)』公式)を公開初日(9/30)に、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

800年前、魔女に不死の呪いをかけられたコールダー(ヴィン・ディーゼル)は、現代に至るまで唯一の魔女ハンターとして戦闘を続けてきた。彼は代々ドーランと言う神父に見守られてきたが、ある日、36代目のドーラン(マイケル・ケイン)が何者かに殺されてしまう。

37代目となる新しいドーラン(イライジャ・ウッド)と共に捜査に乗り出したコールダーは、大昔に殺したはずの魔女の女王が関与していることを突き止め、復讐の戦いを挑む…
※PG12

このチラシを見たら、どうしても期待は高まってしまう

『ワイルド・スピード』のヴィン・ディーゼルが演じる、800年前にかけられた呪いのせいで死ぬことができなくなったる不死身の魔女ハンターが、現代のニューヨークに蘇った因縁の魔女の女王との最終決戦に挑むダーク・アクション・ファンタジー。

「魔女狩り一筋800年」のキャッチコピーと片手に銃、背中に剣を背負ったヴィン・ディーゼルのチラシを見れば、ほぼ内容はB級映画ど真ん中であることは一目瞭然。それだけなら、過剰な期待をしないのだが、チラシにはちょこっと道路を疾走する車の姿が描かれているのが困りもの。やはり期待してしまうではないか。

映像は見応えあるが、未整理の脚本が世界観に追い付かず

しかし、蓋を開けてみると、これが意外にもかなりイケてるVFXと美術のCGファンタジー。残念ながらCG技術で、何とかB級色をカバーしているって感じ。あとは、『ワイルド・スピード』のドミニクが魔女と闘ってるようにしか見えない。なぜ、そうなるかと言うと、脚本がイマイチだから。

エピソードが詰め込み過ぎな上に、整理整頓が出来ていないから、全体的に説明不足を補うために説明用としか思えないシーンが多くて、これまたテンポの良さを損なってる。CGで魅せるシーンと説明のシーンが交互にやってくるのだ。

更に大人の事情か知らないが、マイケル・ケイン演じる36代目のドーランが登場する前半の1/3と、37代目の新しいドーラン(イライジャ・ウッド)の後半2/3がほぼ別の話になっているから、もう最後の頃には「あれ、誰だっけ?」ってことに。オチも「これ?」って位にあっさり風味で、やや拍子抜けで終了。

また、映像は美しいと言ったが、実はよく見るとちょっとグロかったりする。俳優陣は豪華だし、ヴィン・ディーゼルの新境地が見れるかなと期待をすると結構裏切られる。最初から低めのハードルで物語を追わなければ、楽しめるかも。私は、それなりの期待をしたからこの採点ってことで…

あとがき

物語の世界観は斬新とまでは言えませんが、魔女やクリーチャーなどのダーク・アクション・ファンタジーの世界を醸し出す創作物は背景美術が丁寧に作り込まれているので、B級映画として見た目の安っぽさはありません。ただ、脚本が整理整頓されておらず、世界観が描き切れていないのです。ハードルを下げて劇場に行くのをお勧めします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Last Witch Hunter (OST)
ファッション 成人 ザ・ラスト・ウィッチ・ハンター U首シャツ 体に合う Black Size L
プライベートカスタム レディース ザ・ラスト・ウィッチ・ハンター U首シャツ 体に合う Black Size M
直筆サイン入り写真 ザ・ラスト・ウィッチ・ハンター ヴィン・ディーゼル 映画グッズ【証明書(COA)・保証書付き】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8956/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442438806.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

「ラスト・ウィッチ・ハンター」

(私のように)ヴィン・ディーゼルを好きでなければ観る必要がない作品かもしれない。ちょっと、いやだいぶ微妙な作品であった。世界観は好きなんだけどなー。どうしてあの世界観をつまらなく、いや失礼、訳分からなくしてしまうのだろうか?いや、ホントに今思い返しても、魔女・魔術、蘇り、不死のウィッチ・ハンター、800年に渡る怨念と因縁…なんて、それだけでワクワクものだし、更にそれに(私のような人が好きな)...

ラスト・ウィッチ・ハンター

評価:★★【2点】(11) もはや『ワイスピ』以外のキャラでは売れないヴィンなのか。

ラスト・ウィッチ・ハンター

THE LAST WITCH HUNTER 2015年 アメリカ 106分 アクション/ファンタジー/ホラー PG12 劇場公開(2016/09/30) 監督: ブレック・アイズナー 『クレイジーズ』 製作: ヴィン・ディーゼル 出演: ヴィン・ディーゼル:コールダー イライジャ・ウッド:37代目...

ラスト・ウィッチ・ハンター

前半面白かったけど、中盤以降がなぁ。
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: