【ドラマスペシャル】湊かなえサスペンス『望郷』 (2016/9/28) 感想

【ドラマスペシャル】湊かなえサスペンス『望郷』

テレビ東京系・【ドラマスペシャル】湊かなえサスペンス『望郷』公式
『ベストセラー作家・湊かなえ渾身の傑作短編集『望郷』から、日本推理作家協会賞受賞作を含む3編をオムニバスドラマ化。瀬戸内海の島を舞台に繰り広げられる愛憎の物語。』の感想。
なお、原作の湊かなえ氏『望郷』は未読。


【みかんの花】
 富田美里(広末涼子)が暮らす白綱島市は全国で唯一残る一島一市だったが、対岸の市に吸収合併されることになった。
 市の閉幕式の会場で、美里は登壇した人物を食い入るように見つめていた。その人物は小説家の桂木笙子(水野美紀)。20年前に島を出たきり、一度も帰ってこなかった憎き姉だ。
 なぜ姉は島を出たのか。なぜ戻ってきたのか。美里がある疑念を口にすると、重い口をようやく開いた笙子は、驚くべき事実を語り始めた…。
【海の星】
 浜崎洋平(伊藤淳史)は高校時代の同級生、美咲(平山あや)から葉書を受け取った。20年前、洋平の父・秀夫(橋本じゅん)が忽然と姿を消す。事故か事件かそれとも…。
 毎夜、母(若村麻由美)と一緒に父の行方を捜す洋平は、ある日、漁師の幸作(椎名桔平)と親しくなる。頻繁に洋平の家を訪れるようになった幸作とは、あることがキッカケで疎遠になってしまった。その娘の美咲が、最近父に明かさ
【雲の糸】
 白綱島出身の人気歌手・黒崎ヒロタカ(濱田岳)は、7年ぶりに帰ってきた故郷で海に落ち、意識不明に陥った。有名になったヒロタカにとって、故郷は知られたくない過去だった。
 赤ん坊の頃に母の律子(麻生祐未)が事件を起こし、辛い少年時代を送った場所だったからだ。同級生の的場裕也(大野拓朗)の強引な誘いで島に戻ったヒロタカは、盛大な拍手や歓声に迎えられながらも居心地の悪さを覚えていた。彼はなぜ海に落ちたのか…?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

個性的な脚本家と演出家の顔ぶれで、3篇のオムニバス

原作未読、事前情報ゼロで視聴開始。20年前に島で起きたある事件の関係者たちのその後の人生の悲喜交々を描いた3篇のオムニバスサスペンスドラマ。

因みに、【みかんの花】の脚本は、映画『NANA』『大奥』『ICHI』『今日、恋をはじめます』『クローバー』等の浅野妙子氏。演出は、映画『ただ、君を愛してる』『 Life 天国で君に逢えたら』『Paradise Kiss』等の新城毅彦氏。
【海の星】の脚本は、はドラマ『太陽の罠』『花燃ゆ』『ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~』等の大島里美氏。演出は、『ROOKIES』『とんび』『天皇の料理番』等の中前勇児氏。
【雲の糸】の脚本は、ショートフィルム映画『一秒の奏でる世界』の小寺和久氏。演出は、映画『TOKYO CITY GIRL』『7s』『嘘つきの恋』等の藤井道人氏。

各話の脚本家と演出家を見ても、かなり個性的な人選で、手がけた作品も似ていない。【海の星】だけが、ちょっと個性が強過ぎるスタッフだが、それもある意味で3篇のオムニバスとしては、飽きさせない工夫と言って良いだろう。

短編と言う条件を、上手く活かした脚本と演出が見事

中盤まで「何が事件なのか?」をひたすらに隠し続けて、登場人物たちの20年の歳月を丁寧に描き、中盤以降で「事件」を見せてから、エンディングまで一気に畳み込み、心地良い余韻を残して次にバトンタッチ。そう言う1話40分程度の短編と言うフォーマットを上手く活かした脚本と演出が見事だ。

見応え十分。現在と回想シーンでの俳優のチョイス

【みかんの花】では、20年前の回想シーンの美里役は広末涼子さんでなく山口まゆさんが演じるのに、姉の笙子役は水野美紀さんがそもまま若づくりメイクで演じた。【海の星】では、伊藤淳史さんと加藤清史郎さん、平山あやさんと平祐奈さんが現在と回想シーンを担当して、真野幸作役の椎名桔平さんはそのまま。【雲の糸】では、内山理名さんと井頭愛海さんが現在と回想シーンを担当して、磯貝宏高 / 黒崎ヒロタカ役の濱田岳さんはそのまま。

現在と回想シーンで演じる俳優を変えるのと変えないことが1つの作品で混在することは良くあることだが、3篇同時に数名となると、そもそも演技力のある俳優さんたちだけにすごく見応えがあった。例え大人の事情でこうせざるを得なかったとしても、ここまでしっかりと作り込まれれば十分だ。

あとがき

ここ最近、テレビ東京のスペシャルドラマが実に良いです。他局のような大人の事情に縛られているのが丸見えで興ざめするようなことが、まずありません。その意味でも、オムニバスドラマを作るにはテレ東の存在はうってつけですね。それに、しっかりと丁寧にドラマを作ろうと言う姿勢が見えます。

2時間20分があっと言う間の、オムニバスドラマや短編映画が大好きな私も、大満足な作品でした。また、こう言う作品を見てみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
望郷 (文春文庫)
主題歌 山崎まさよし「光源」 NEW SINGLE「君の名前」収録楽曲


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8942/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/442345667.html でも受付けております。


【2016年のスペシャルドラマの感想】
スペシャルドラマ「刑事 犬養隼人」 (2016/9/24) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「がっぱ先生!」 (2016/9/23) 感想
金曜プレミアム「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」 (金曜プレミアム枠30分拡大・2016/9/23) 感想
宮部みゆきサスペンス「模倣犯」 (前後篇・2016/9/21,22) 感想
ドラマスペシャル「瀬戸内少年野球団」 (2016/9/17) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「ガードセンター24 広域警備司令室」 (2016/9/16) 感想
「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」 24時間テレビ39 ドラマSP (2016/8/27) 感想
孤独のグルメスペシャル!~真夏の東北・宮城出張編~ (2016/8/3) 感想
ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル (2016/7/3) 感想
土曜プレミアム「モンタージュ 三億円事件奇譚~後編」 (2016/6/26) 感想
土曜プレミアム「モンタージュ 三億円事件奇譚~前編」 (2016/6/25) 感想
金曜プレミアム 松本清張スペシャル「一年半待て」 (2016/4/15) 感想
金曜プレミアム 松本清張スペシャル「かげろう絵図」 (2016/4/8) 感想
素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~ (2016/4/5) 感想
松本清張特別企画「喪失の儀礼」 (2016/3/30) 感想
松本清張二夜連続ドラマスペシャル第二夜「黒い樹海」 (2016/3/13) 感想
松本清張二夜連続ドラマスペシャル第一夜「地方紙を買う女 ~作家・杉本隆治の推理」 (2016/3/12) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「天才バカボン ~家族の絆」 (2016/3/11) 感想
女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘 (2016/1/4) 感想 ※ネタバレあります
新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」 (2016/1/3) 感想
NHK新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」 (2016/1/2) 感想
孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編 (2016/1/1) 感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湊かなえサスペンス「望郷」

ベストセラー作家・湊かなえ渾身の傑作短編集『望郷』から、日本推理作家協会賞受賞作を含む3編「みかんの花」「海の星」「雲の糸」をオムニバスドラマ化。瀬戸内海の島を舞台に繰り広げられる愛憎の物語イヤミスの女王だけあって、美しい島に着目し、そこに生きる人々の、大らかさと閉塞部分。光と影部分のコントラストが見事でした。キャスティングも魅力満載で、「そうだよね。ドラマはストーリーやサスペンスもさすこと...

島で起きたこと・・・

SPドラマ「望郷」を見ました。 28日のことですが テレ東にて9時からやってました 望郷は湊かなえ原作で6つの短編からなる小説で 小説は読んだことあり、湊作品の中でも素晴らしかった覚えがあり 今ドラマはそのうちの3つの短編をドラマ化 3つはどれも独立した作品...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR