好きな人がいること (第9話・2016/9/12) 感想

好きな人がいること

フジテレビ系・月9『好きな人がいること』公式
第9話『KISS』の感想。



千秋(三浦翔平)の行動に驚き、せっかく作ったケーキを床に落とした美咲(桐谷美玲)。混乱した美咲は家で待っていた夏向(山崎賢人)におなかが痛くなったとうそをつき、自分の部屋に駆け込む。相談した若葉(阿部純子)から、約束をドタキャンされた夏向がかわいそうだと言われ、美咲は翌日ダイニングアウトの下見に出掛けた夏向に謝罪。一方、楓(菜々緒)は話したいことがあるという千秋と遊園地に行き、2人の時間を楽しむ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

千秋の行動原理が、全く理解できない

最終回直前の放送回だから、それなりの見応えを期待したのだが、まず前半の1/3で楓(菜々緒)が渡米でいなくなるからと言う意味不明の理由で、美咲(桐谷美玲)に告白した千秋(三浦翔平)の行動原理が全く理解できない。

前回、ストーカー紛いの行動で近づいたのに、本格的な告白のきっかけが元カノがいなくなったからって???その上、元気に走った割に告白そのものは超が付くほどのあっさりさ。こんなところで千秋にカッコつけさせるから、肝心の千秋の気持ちが一向に見えてこないのだ。

冬真の登場するシーンだけは、シェアハウスらしさ満載

で、次の10分間は、相思相愛?同士が今一つ越えられない一線にイラついてるのを胸キュン仕立てに主題歌流してイメージビデオ風に描いたつもりだろうが、10分間もダラダラとやるからちっとも胸に響かない。

ただ、1つ本作の脚本で褒めるべきは、なぜか冬真(野村周平)の登場するシーンだけはシェアハウスらしい描写になってる。しかし、残念ながら冬真は三角関係の部外者。千秋が人の言うことを聞くのは、自分の後輩の石川若葉(阿部純子)だけ。何と言う寂しい人間関係のヒロインなんだ。

登場人物たちの "職業観や仕事自体の描写" が適当過ぎる

それにしても、と言うか今更言うのも何なんだが、夏、海、恋、可愛いアイドル女優、複数のイケメン俳優を揃えれば何でもありで、どんな視聴者も大喜びとでも思っているのだろうか。

私が言いたいのは、本作を面白くさせる大切な要素の1つが、“登場人物の職業” だと思ってる。なのに、その職業、仕事の描き方が実に適当(中途半端のレベルで無い)。特に、美咲の職業意識の欠落、社会人の常識の欠如には、頭が痛くなる。しかし、劇中ではそれが “美咲らしさ” になっている。

多くの社会人が仕事が始まる月曜日の夜に、この1週間を乗り切ろうと楽しみに見る(であろう)『月9』で、登場人物の仕事観をぼやかして描くのは、登場人物たちに共感を得にくい大きな原因。今頃言っても、時既に遅しだが。

"優柔不断な女に翻弄された三兄弟の話" で良かった?

結局、ここ数回になって突然に「三角関係」を描き出したことが、今感じるすべての違和感の源だ。普通に、兄貴の千秋と新人の可愛いパティシエールの女の子・美咲の関係に、嫉妬してあれこれ悩んだり弟と手を組んだりして、何とか美咲をものにしようとするシェフの話で良かっただけ。

言い換えれば、ひと夏の切ない夏向の失恋物語で良かったのでは?いや、どっちの男も選べずに湘南を去って行く美咲に、また男三兄弟にはいつもの夏が戻ってくるで良かった。最初から最後まで優柔不断で諦めの悪い女にひと夏を振り回されたイケメン三兄弟の話でいいじゃん。

あとがき

三兄弟以上に、美咲に振り回されるだけの視聴者。正に、視聴者置いてけぼり状態で、ついに次週が最終回。こんな一貫性の無い行動の登場人物たちのドラマを、最終回でどう楽しませようと言うのでしょう?もう、私の関心事はそこだけ。プロのお手並み拝見です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「好きな人がいること」オリジナルサウンドトラック
好きな人がいること(完全生産限定盤)(DVD付)
公式シナリオブック 好きな人がいること
好きな人がいること(上) (扶桑社文庫)
好きな人がいること(下) (扶桑社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8889/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441877331.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前置きの多いラブ・ストーリー(桐谷美玲)御注文はお決まりですか(山﨑賢人)

本題に入る前の前置きを退屈と感じる人は多い。 いきなり本題に入るのは時に効果的な手法である。 しかし・・・落語に枕はつきものだし、歌にも前奏はついてくる。 水泳の前には準備運動が不可欠だ。 すべては・・・本番をスムーズに行うためである。 すぐに・・・話が進まないと苛立つ人は早漏の傾向があるわけである

好きな人がいること 第9話

好きな人がいることの第9話を見ました。 ダイニングアウトの料理プレゼンに成功した美咲は夏向とお祝いをする約束を取り付け、Sea Sonsでケーキを作って夏向のもとへ戻ろうとした矢先、美咲は千秋に突然抱きしめられてしまう。 あまりの衝撃に美咲は作ったばかりのケーキを落としてしまい、柴崎家に帰ると夏向が料理を用意して待ってくれていた。 「ごめん、私ケーキ作れなかった」 「は?」 「...

好きな人がいること「KISS」

せっかく、櫻井美咲(桐谷美玲)と、柴崎夏向(山﨑賢人)、いい感じになって、ダイニングアウトの料理プレゼン成功を祝って夕食会を約束したのになぜか、千秋(三浦翔平)に「あすなろ抱きっ!」されて当惑。せっかく作ったケーキを落としてしまい、夏向の前でもしどろもどろ。結局、仮病を理由に夕食会から逃げてしまいました。美咲は、石川若葉(阿部純子)に電話相談。でも、「何とも思ってない相手に、そんなことをする...

好きな人がいること 第9話

夏向(山崎賢人)とお祝いをするため、ケーキを作って彼の元へ向かおうとした美咲(桐谷美鈴)は突然、千秋(三浦翔平)に抱き締められて、ケーキを落としてしまいます。 家に戻ると、夏向が料理を用意して待ってくれていましたが、そこに千秋も戻って来て、千秋と夏向の間で動揺する美咲は、腹痛を装って部屋に飛び込んでいました。 翌日、美咲は若葉(阿部純子)に電話をして、前日の出来事を相談します...

好きな人がいること 第9話

「KISS」 内容突然、千秋(三浦翔平)に抱きしめられた美咲(桐谷美玲)は、あまりのことに、持っていたケーキを落としてしまう。 呆然としながら帰宅した美咲。すでに夏向(山崎賢人)が料理を用意していた。その直後、千秋が帰宅したことで、美咲は腹痛のフリをして自室へ。 翌日。美咲は、若葉(阿部純子)に相談。その後、冬真(野村周平)から、夏向がダイニングアウトの下見に行ったと聞き。。。 そのこ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR