とと姉ちゃん (第138回・9/10) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第23週『常子、仕事と家庭の両立に悩む』『第138回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。
 本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


「あなたの雑誌には影響力がある」。常子(高畑充希)は国実(石丸幹二)に言われ、改めて重責を感じる。出版社に戻ると、出版社の社員からテスターの情報を週刊誌に漏らしたのは自分だと告白される。会社と社員を全力で守るとかつて決心した常子は、信頼を取り戻すつもりがあるなら、これまで通り働いてほしいと説得するも責任を取り辞めてしまう。常子は、自分の信条を社員に押し付け過ぎていたのではないかと悩んでしまい…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

新聞社に商品試験の一部始終を、取材させれば良いのに

今日は出先からの投稿なので、超簡単感想で。

何だか、またしても経緯がどうなったのかも分からぬまま犯人が自供して、またいつものように説得力の乏しい演説。

今日は簡単感想だから、さっさと結論を言ってしまう。新聞社に誰がどんな情報を売ろうが、社長の鶴の一声で新聞記者に「商品試験の一部始終を取材して下さい」と言えば済むだけの話では?

それをだらだらと無駄な場面を挟みながら描くから、益々面白くなくなる。やはり、残り三週間になっても、描くべきものの取捨選択が出来ないとは情けない。

あとがき

今週も一週間お付き合い下さり、ありがとうございました。ここまで来たら、この “大迷作” を最後まで応援しつつ見届けましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
大橋鎭子と花森安治 美しき日本人 (PHP文庫)
大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり (中経の文庫)
花森安治のデザイン
花森安治伝: 日本の暮しをかえた男 (新潮文庫)
花森安治 増補新版: 美しい「暮し」の創始者 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8882/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441811950.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29 30
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』
31 32 33 34 35 36
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』
37 38 39 40 41 42
第8週『常子、職業婦人になる』
43 44 45 46 47 48
第9週『常子、初任給をもらう』
49 50 51 52 53 54
第10週『常子、プロポーズされる』
55 56 57 58 59 60
第11週『常子、失業する』
61 62 63 64 65 66
第12週『常子、花山伊佐次と出会う』
67 68 69 70 71 72
第13週『常子、防空演習にいそしむ』
73 74 75 76 77 78
第14週『常子、出版社を起こす』
79 80 81 82 83 84
とと姉ちゃん あの第82話で「連続20%超え」が途切れたそうだ
第15週『常子、花山の過去を知る』
85 86 87 88 89 90
第16週『“あなたの暮し”誕生す』
91 92 93 94
「とと姉ちゃん」自己最高25.3%。これでテコ入れも期待薄か?
95 96
第17週『常子、花山と断絶する』
97 98 99 100 101 102
第18週『常子、ホットケーキをつくる』
103 104 105 106 107 108
第19週『鞠子、平塚らいてうに会う』
109 110 111 112 113 114
第20週『常子、商品試験を始める』
115 116 117 118 119 120
第21週『常子、子供たちの面倒をみる』
121 122
朝ドラ「とと姉ちゃん」の高い視聴率と増える厳しい意見の“ねじれ”を考える
123 124 125 126
第22週『常子、星野に夢を語る』
127 128 129 130 131 132
第23週『常子、仕事と家庭の両立に悩む』
133 134 135 136 137

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん 第138回

内容国実(石丸幹二)から、“あなたの暮らし”には影響力があると指摘される。責任を感じる常子(高畑充希) その後、会社に帰ると、花山(唐沢寿明)たちが。。。。 敬称略 何かをやれば、別の何かが引っ掛かり。 それを補足しようとすれば、再び、別のモノが。。。。と。 悪循環だね。

【とと姉ちゃん】第138回(9/10土)感想と第22週関西最高視聴率

やはり裏切り者は松永でした(^^;) 辞めるというのを常子が引き止めましたが、花

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第138回 感想

「あなたの雑誌には影響力がある」。 常子(高畑充希)は国実(石丸幹二)に言われ、改めて重責を感じる。出版社に戻ると、出版社の社員からテスターの情報を週刊誌に漏らしたのは自分だと告白される。 会社と社員を全力で守るとかつて決心した常子は、信頼を取り戻すつもりがあるなら、これまで通り働いてほしいと説得するも責任を取り辞めてしまう。 常子は、自分の信条を社員に押し付け過ぎていたのではないかと...

松永>『とと姉ちゃん』第138話

松永さん(やっと名前覚えた)が やはり犯人だった …って 多分 視聴者は誰も驚いてない 何と 常子達も誰一人として驚いてない(笑) そーいう意味では、凄い展開? …ひじゅにですが何か? 「私に話した事を常子さんたちの前で言いなさい」by花山 何と松永さんは花山さんに真っ先に告白。 一番厳しい人なのに。 でも、反面 こう...

松永>『とと姉ちゃん』第138話

松永さん(やっと名前覚えた)がやはり犯人だった…って多分視聴者は誰も驚いてない何と常子達も誰一人として驚いてない(笑)そーいう意味では、凄い展開?…ひじゅにです...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR