映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『怒り』公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。
私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

猛暑の夏のある日、東京・八王子で残忍な手口の夫婦殺害事件が起こる。犯人は現場の壁に「怒」の血文字を残し、顔を整形して逃亡した。一年後、素性のわからない風体の似た三人の男が、東京、千葉、沖縄に現れる。

東京では、大企業に勤めるゲイのサラリーマン・優馬(妻夫木聡)が、新宿の怪しげなサウナで直人(綾野剛)と出会い、互いに惹かれ合い同棲を始める…

また千葉の漁港では、家出をして東京の風俗店で働いていた愛子(宮崎あおい)が、父親(渡辺謙)に連れ戻され、父の下で働く田代(松山ケンイチ)に惹かれて、結婚意識するようになる…

沖縄の無人島では、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生の泉(広瀬すず)がバックパッカーの田中(森山未來)に出会い、田中は民宿の手伝いを始める…

そして、前歴不詳の3人の男と、それぞれに出会った3組の人間たちの物語が始まる…

見応え十分なヒューマン・ミステリー映画

現場に「怒」の血文字が残された未解決殺人事件から一年、千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの物語が、オムニバス形式とも群像劇とも言えぬ独特な表現で描かれる本作。前歴不詳の3人の男と、彼らと出会った人々がその正体を巡って、疑念と確信の狭間で激しく揺れ動く人間模様を描いたヒューマン・ミステリー映画。

信じることで見えるものと、疑うから見えるものの違い

表面的に作品を背骨を貫いているのは「整形した殺人犯・山神は何処にいるのか?」であり、犯罪ミステリー映画の顔をしている。

一方で構造的に背骨を貫いているのは、「人間が信じることで見えるものと、疑うから見えるものの違い。そして、誰もが持つ怒りと悲しみ、誰もが感じる幸福感と不幸感」であり、それを超ストレートに描いた人間ドラマだ。

切れ長の目で鼻筋が通り、涼しげでもあり冷酷にもみえる平凡な日本人顔の前歴不明の男3人が、それぞれの環境でひっそりと生きている中で、1年前の未解決殺人事件のモンタージュ写真や防犯カメラの映像が公開されたところから、男3人と出会った人間たちが「まさか、あいつが真犯人なのか?」と葛藤し翻弄される。

141分を感じさせない李相日監督の脚本と演出の一体感

千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの個々のドラマを、単純に繋いで同時進行に見せてハラハラドキドキを狙った作品ではない。映像的にはむしろその逆。

今の舞台から次の舞台へ移る時に、次のシーンの音だけを先行してダブらせて、次にどの舞台へ移動するのか判り難くしたり、会話劇の中で突然に別の舞台へ切り替わったりと、映像的なシーン変わりの工夫が巧みだ。

141分の長尺をあまり感じなくて済むのは、脚本と監督を李相日氏が1人で担当しているからこその、映像表現だ。

"普通" を演じた渡辺謙と、"魔力" を魅せた宮崎あおい

豪華俳優陣の演技を楽しむなら、本作は是非おすすめ。特に今回の登場人物で唯一と言って良い “普通” の娘を心配する父親を洗いざらしの汗で汚れたポロシャツで父親の洋平を見事に演じ切った渡辺謙さんが、作品の重厚感を一手に引き受けていた。

また、洋平の娘で、常に気持ちに油断があり、一瞬で壊れてしまうような危うさや純粋さを持ち合わせた不思議な女性・愛子を演じた宮崎あおいさんの存在感は凄すぎ。体重を7キロ増やして作り上げた “だらしない姿態” が妖艶な魅力と守ってあげたいと思わせる愛子の魔力にさえ感じた。

その他のキャストも、と言うか配役が実に素晴らしい。もうこの役にはこの俳優としか考えられないようなベストなキャスティング。だらかこそ、俳優さんたちの演技も自然で且つエネルギッシュで、観客をラストシーンまでグイグイと引っ張って行ってくれた。

"犯罪者にも人生あり映画"と、好みが分かれる一部の描写

これから書く部分を抜きにすれば、映画『シン・ゴジラ』と並ぶ★★★★(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にしたい。では、減点の要素は何なのか? 1つは、本作に限らず「犯罪者にも人生がある」と言う視点の作品に対する、「被害者にも人生がある」の部分の描写の少なさや欠落に対する不満。

もちろん、両方を上手く描くのは難しいし、面白くないかもしれない。しかし「犯罪者にも人生がある」に焦点を絞り込んだ作品には、個人的にどうしても嫌悪感を抱いてしまうのだ。

もう1つは、これはネタバレになるから詳細は書かないが、沖縄に転校してきた女子高生の泉(広瀬すず)の身に起こることの描写への嫌悪感。確かに沖縄を舞台にした、今回の物語には必要不可欠なエピソードだ。無ければ成立しない。しかし、それを知らずに観た人、特に女性には恐怖や嫌悪は強烈に映るのではないだろうか。

確かに、重たくシビアなテーマを扱い、丁寧に且つ映像的な工夫をあちこちに施して、極上のエンターテインメント作品になっている部分はある。しかし、泉に起こったことは、本作を超えた次元で重過ぎる。削れとは言わないが、本作の表現がベストだったとは、大いに疑問が残る。

あとがき

現場に「怒」の血文字が残された未解決殺人事件から一年、千葉、東京、沖縄を舞台にした3つの物語が、独特な映像表現で同時進行していきます。前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体を巡って、疑念と確信の狭間で激しく揺れ動く人間模様を、豪華俳優陣が見応えある演技で魅せます。

ただ、女性には好みが分かれると思われる表現が一部含まれますので、デート映画には不向きです。因みに私の妻は、「広瀬すずちゃんのあのシーンが無ければ100点なのに50点かな。私はあのシーンから涙が止まった」と言ってました。とても納得できる感想です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
「怒り」オリジナル・サウンドトラック
小説怒りと映画怒り - 吉田修一の世界
怒り(上) (中公文庫)
怒り(下) (中公文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8879/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441789553.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「怒り」涙さえ出てこなかった…。

[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。  《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮...

怒り

しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!

劇場鑑賞「怒り」

“信じる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609180000/ 「怒り」オリジナル・サウンドトラック [ 坂本龍一 ]

収まらない感情。『怒り』

現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。

怒り ★★★★

「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真...

『怒り』:信用・信頼→不信・疑念→憤り・怒り @試写会

『フラガール』『悪人』『許されざる者』の李相日監督最新作『怒り』、試写会で鑑賞しました。 原作は『悪人』と同じく吉田修一の同名小説。 キャストも渡辺謙をはじめ、いずれも芸達者な面々とあっては、この作品、期待しないわけにはいかない。 さて、映画。

「怒り」

愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残され...

怒り

2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 あなたは殺人犯ですか? STORY:八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から...

怒り

 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、空中から見た街(八王子)の光景。蝉の声が高まる中、カメラは次第に一軒の家に近づきます。なんと、その家の浴室では人が殺されているのです。一体(女性)は、浴槽の中に、もう一体(男性)はその外に。その...

怒り

怒り@一ツ橋ホール

怒り〜沖縄問題とLGBTごった煮されても

公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、坂本龍一音楽。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、 ...

怒り

 愛とは人を信じることとは何かを問う内容といい豪華出演者の素晴らしい演技といい、さまざまな意味で、今年一番、重い映画でした。李相日監督は現在の日本で最も重たい映画を楽しめる監督だと思います。  作品情報 2016年日本映画 監督:李相日 出演:渡辺謙、森山…

『怒り』 闘うには相手が悪い

 監督・脚本は『悪人』『許されざる者』などの李相日。  原作は『悪人』の吉田修一で、6年ぶりの李監督とのタッグとなる。  音楽は坂本龍一。  八王子で夫婦が惨殺される事件が発生する。その事件の現場には被害者の血で書かれた「怒り」という文字が……。犯人の山神のことはすぐに特定されるものの、山神は捜査網を掻い潜って逃げてしまう。  その1年後、物語は3つの場所を舞台に進行...

「怒り」@東宝試写室

 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安...

怒り

原作は吉田修一の小説。 李相日監督が映画化。 渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、 綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。 犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。 現場に「怒」という文字を残していった犯人は 顔を整形し逃亡。 千葉、東京、沖縄と離れた場...

「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑念の先にみる真実を知って後悔の念に駆られる怒り

「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1 ...

映画『怒り』観た

原作は未読。 きっと今後も読まない。 李相日監督の『悪人』が評判良かったのに、観てないことをちょっと後悔してて、 今作はそれ以上のものを作るっていう意気込みだそうで、 じゃ、今回は観てみようかと。 吉田修一さんの小説は『さよなら渓谷』と『横道世之介』しか読んでないんだけど、 読後感がいいわけじゃない、暗いイメージ。 なので、この映画も暗い、あるいは重いって予想は...

疑い、そして・・・

4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR