神の舌を持つ男 (第10話/最終回・2016/9/9) 感想

神の舌を持つ男

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』公式
第10話/最終回『最愛の人の秘密!そして感動の最終回+朗報』の感想。


蘭丸(向井理)は父・竜助(宅麻伸)を前にして、舌で物の成分を分析する能力を失う。そこへ、ミヤビ(広末涼子)が殺人を自白したとの知らせが入り、蘭丸は動揺を隠せない。その夜、蘭丸は寛治(佐藤二朗)と光(木村文乃)に、自分の舌の秘密を竜助に隠していた理由を明かす。翌日、蘭丸らは現場検証のために警察と同行中のミヤビと接触を試みるが失敗。さらに、凶器の「帯締め」を勝手になめたことで、蘭丸が警察に拘束されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

全9話のオチとしては、最終回は予想以上に良かった

広末ファンの私としては、いつも以上に出番が多かっただけで不満は無いのだが、広末以上のドラマファンとして、最終回の感想を書いてみる。結果から言うと、全9話のオチとして最終回は予想以上に良かったと言える。

その理由は、本作が描くべきこと、そして描かななったから視聴率的に失敗したことが明確になったから。それは、蘭丸(向井理)が真っ白なフンドシ姿で事件を解決してこそ本作らしいと言うことが明らかになったから。

本作らしさは "蘭丸のフンドシ姿" だけなんだから

結局、蘭丸が「舌で味を見る」なんてどうでも良かったってこと。今さら言うのもなんだが、光(木村文乃)の調査能力なんて警察組織で何とでも置き換えられる。蘭丸の舌の能力だって鑑識捜査で置き換えられるのだ。だから、本作らしさは “蘭丸のフンドシ姿” しか、そもそも無かったのだ。

それなのに、光のハイテンションな探偵っぷりとか、宮沢(佐藤二朗)のシュールさで飾り付けようとしたのが、すべて裏面に出てしまった。その上、『TRICK』風の表現で飾ろうとしたが、それもほぼ空回り。

妙なことをせず、温泉街で起こる奇妙な事件を、味覚が鋭い探偵がフンドシ姿で事件を解決する物語で良かったのでは?

あとがき

基本的に、「向井理さんのフンドシ姿」をどれだけの視聴者が望んでいたかってことです。でも、本作は「向井理さんのフンドシ姿」無くしては、特徴が出せません。その辺のマーケティングの失敗です。続編を「劇場版」でやる気満々のエピローグでしたが、これも空回りしていたと言うのは私が厳しすぎますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


               

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】神の舌を持つ男 Blu-ray BOX(ステッカー4枚セット)
【早期購入特典あり】神の舌を持つ男 DVD-BOX(ステッカー4枚セット)
神の舌を持つ男 Blu-ray BOX
神の舌を持つ男 DVD-BOX
女は抱かれて鮎になる (メロディー) [ドラマ「神の舌を持つ男」主題歌] [オリジナル歌手:坂本冬美]
神の舌を持つ男 I (角川文庫)
神の舌を持つ男 II (角川文庫)
神の舌を持つ男 III (角川文庫)
TBSドラマ「神の舌を持つ男」主題歌:女は抱かれて鮎になる/坂本冬美


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8878/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441789250.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神の舌を持つ男 最終回「最愛の人の秘密!そして感動の最終回+朗報」

なぜか急に、蘭丸(向井理)の舌が、その才能?を失ってしまいました。その傍らで、ミヤビ(広末涼子)が殺人を自白。蘭丸が逮捕されるという事態に陥ったものの、宮沢(佐藤二朗)が、ミヤビのアリバイを覆した少年・駿(中澤準)の様子がおかしいことに気づき、問い正すと…思わず、証言の嘘をしてしまったことが判明また、被害者・高木(岩尾万太郎)のカツラの色が変わったことに気づき、蘭丸に舐めるようプッシュする、...

神の舌を持つ男 最終回

寛治(佐藤二朗)と光(木村文乃)は、京都からやって来た蘭丸(向井理)の父・竜助(宅麻伸)に「神の舌」の力を見せつけようとしましたが、蘭丸の口には何の成分も浮かんで来ませんでした。 そんな蘭丸を見た竜助は、蘭丸のことをネガティブデータだと言い、寛治と光の人格をも否定します。 しかし、蘭丸は寛治と光が今後の人生に必要な存在であることを証明してみせると竜助に宣言して、寛治は宮沢賢治の一...

ネガティブデータとポジティブデータの間に一つのエビデンス(向井理)口に合わなかった女(広末涼子)

人間は不自由なものである。 五体満足という言葉があるが・・・五体の運動性にも差異はある。 五感を研ぎ澄ますことのできる人はそれほど多くない。 五体と五感の平等ということは至難と言う他はない。 パラリンピックが始ると・・・様々な刺激で心が踊る。 視覚障害者のための柔道では・・・体重別という格差是正のル

神の舌を持つ男 第十話(最終話)

「最愛の人の秘密!そして感動の最終回+朗報」内容突然、蘭丸(向井理)の舌が、何の成分も感じなくなってしまった。 そんななか、ミヤビ(広末涼子)が殺人を自白。その後、蘭丸が逮捕されるという事態になってしまい。。。 だが、宮沢(佐藤二朗)は、ミヤビのアリバイを覆した少年・駿(中澤準)の様子がおかしいことに気づく。問い正すと。。。。証言の嘘が判明。 一方で、宮沢は、被害者・高木(岩尾万太郎)...

コメント

No title
映画でムカイリ前編ふんどしと言うなら見に行くけど。
そうで無いならスルーだな。
映画は良かったっていう風になれば良いけど。スペックはドラマが良かったから映画がアレでも許せたんだよ。
神の舌はドラマがアレだからさ
Re: No title
☆chobihigeさん
コメントありがとうございます。

有料で見る劇場版と無料の連ドラ版、比べる以前の問題のような…
  • 2016-09-12│15:00 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR