ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 (第9話/最終回・2016/9/6) 感想

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

フジテレビ・関西テレビ系・『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』公式
第9話/最終回『最終回…私は刑事か、怪物なのか』の感想。
なお、原作:内藤了による小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズは未読。


殺された情報屋・藤川の携帯電話の電源が入った。片岡(高橋努)らが動き出した都夜(佐々木希)を追うと、比奈子(波瑠)がかくまわれているホテルにたどり着く。部屋を訪ね、比奈子の無事を確認した片岡は、背後から首を切られる。驚く比奈子の前に現れたのは都夜ではなく、比奈子の昔の知人で因縁のある女性・永久だった。都夜と手を組んだ永久は、拉致した東海林(横山裕)を人質に、比奈子がやって来るのを待つ。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今の刑事ドラマ全般に於ける課題が見えた

このドラマ、今のフジテレビ系のドラマ制作の問題点はもとより、今の刑事ドラマ全般に於ける課題を良くも悪くも明確にした作品となった。その理由は、「人気者が出演していれば、刑事ドラマの基本的な部分は目をつぶれる」と言う一派と、「いやいや、刑事ドラマには掟があり、それが担保されなければ意味がない」と言う一派。

もちろん、私は後者。いくらフィクションだから、現実の警察捜査を知らないからとは言え、それなりの現実感が伴わなれば、刑事ドラマをベースにする必要が無いと考えるから。一人の主人公が事件を解決するだけなら、探偵ドラマでも地域のお節介役のドラマでも良いではないかってこと。

法律を扱うのが「刑事ドラマ」だから、守って欲しい

そこで聞こえてきそうなのは、本作のように、ただ事件を解決するだけでない人間ドラマもあるんだからと言う声。でも、刑事ドラマなら、「情報屋」からのネタでは立件できないと言う現実や、単独捜査自体が認めらえていない現実を鑑みると、最低限の部分は「お約束」して担保して欲しいのだ。

最終回としても、何となく中途半端…

具体的な最終回の内容に目をやると、前回の終盤で真犯人が真壁永久(芦名星)で、今回の序盤で犯行の動機がほぼ判明した時点で、折角の中島(林遣都)の存在意義が無くなった。

また、続編を期待しようにも、今回の手錠をかけるラストで、比奈子(波瑠)が明らかに「こっち側」の人間になった時点で可能性は低いし、続編があるとすればまた違和感が増すばかり。

やはり、奇しくも終盤で東海林が言っていたように、おかしな新人刑事が活躍する刑事ドラマだけで良かった。やはり、全9話と言う若干少ない放送回数でも、引き延ばし感を与えた構成が残念。原作から主人公のキャラ変更したなら、その分のネタを比奈子に加えて、そこでドラマを魅せるべきだった。

もっと比奈子の "境界線" に絞り込んで描けば…

結局、何を言いたいのかと言えば、比奈子の設定や中島のキャラなど面白い要素はたくさんあったのに、今となっては完全な無駄話に終わった東海林(横山裕)の過去やもったいぶった比奈子の真相などで、回を増す毎に尻すぼみになってしまって残念だってこと。

最初から、比奈子の通常人と犯罪者の “境界線” にもっとフォーカスを絞って、心の闇に翻弄され葛藤する比奈子を、同僚警察官たちが支える物語にしたら、今回のラストの “抱きしめること” や “人の温もり” と言った部分にも説得力があったはず。

やはり、「刑事ドラマ」と言うフィクション作品とは言え、法律と言う掟があるわけで、そこを蔑ろにしたら、そもそも刑事ドラマとして面白みに欠ける。それが、刑事ドラマ好きの私が本作を見て改めて感じだことだ。

あとがき

東海林の居場所だけ炎が避ける不自然さには、流石に失笑してしまいました。そして、最終回は波瑠さんと横山裕さんのファン向け映像のオンパレードだったのもちょっと期待外れ。「ハグ」でまとめたのは感動的だっただけに、もっと普通の刑事ドラマらしく新人刑事の比奈子を描くだけで良かったのでは?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


                     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 ブルーレイBOX(比奈子捜査メモイラスト入りA4クリアファイル付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 DVD-BOX(比奈子捜査メモイラスト入りA4クリアファイル付)
ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 ブルーレイBOX [Blu-ray]
ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 DVD-BOX
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 オリジナルサウンドトラック
ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
LEAK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
フジテレビ系ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」主題歌 Swan(初回限定盤)(DVD付)/ [Alexandros]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8866/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441699418.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子「最終回…私は刑事か、怪物なのか」

それにしても、青いカラーコンタクトをつけて、サイコ・キラーを怪演した、真壁永久(芦名星)、ある意味、新境地でしたね。これまでの宿敵と思ってた佐藤都夜(佐々木希)を「じゃまっ!」と雑魚キャラ並みに、ガソリン撒いて、あっさり焼き殺してしまうとは。中島(林遣都)が監禁されてる、白い部屋に、比奈子(波瑠)の映像が映し出され、初めて、効果的に演出。な~るほど最後は、東海林(横山裕)を比奈子が助ける形に...

ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 最終話~私は刑事だから。こっち側に踏みとどまった比奈子

「私は刑事だから」  藤堂比奈子(波瑠)の最後のせりふだ。 「私はサイコパスだから」「私は殺人者だから」  にならなかった。  比奈子が留まれた理由は、母親や仲間たちの力。  母親は幼い比奈子を抱きしめて、 「心配しなくていいの。あなたは間違えることなく生きていけるから」  東海林(横山裕)は叫んで、 「そっちに行ったら許さないからな!」  石上妙子(原田美枝子)も抱きしめて、 「生きてい...

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

最終回とまとめ

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 最終回

ホテル住まいをしていた比奈子(波瑠)の居場所を突き止めた都夜(佐々木希)を追い、比奈子の前にやって来た片岡(高橋努)は、突然現れた真壁永久(芦名星)に首を切りつけられます。 永久は、かつて高校生だった比奈子にナイフを渡し、「自分らしく人を殺せばいい」と進言した女性でした・・・ 永久は、茫然とする比奈子に何かを語りかけ、姿を消します。 一方、ホテルから行方をくらました東海...

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 #09 最終回

『最終回…私は刑事か、怪物なのか』

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」最終回 感想

 心の闇や悪の全てを真壁永久に押し付けて物語は収束しました。  最終回直前、唐突に現れた永久。彼女に全部を背負わせました。  芦名星は精一杯異常なキャラを演じてたと思います。  声、話し方、立ち居振る舞い、そして過剰な目の動きと表情で、悪役に成り切っていました。  舞台芝居の様に大げさです。  回想シーンにも微塵も姿を見せなかった彼女。  強引な運びで急に出演したら、そうなるのも...

人生は間違えた人が怪物になるテスト(波瑠)片づけられた女(佐々木希)狼を殺す羊(芦名星)

普通の殺人鬼VS青い目の殺人鬼VS心ない刑事・・・である。 やはり・・・普通の殺人鬼はうかつだったな。 いじめを見過ごす人も同罪の論理から言えば見殺しにしたら人殺しである。 死刑制度がある国家では・・・国民は全員、人殺しなのだ。 人間というものはいい加減なもので・・・そういう論理は極論としてスルーで

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第9話(最終回) 私は刑事か、怪物なのか

「私は、刑事だから」 夢の中の比奈子はナイフを捨て、永久に手錠をかけた。 比奈子の心に種を蒔いてくれた母・香織の愛情、 東海林の言葉、そして中島の思い、 刑事としての自 ...

ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第9話(最終回)

『ANSWER THE LAST』「最終回…私は刑事か、怪物なのか」内容都夜(佐々木希)を追っていた片岡(高橋努)は、追いつめたはずだったが、突如、謎の女に切りつけられてしまう。その女の姿に比奈子(波瑠)は、愕然とする。かつて、自分らしく人を殺せば良いとナイフを渡してきた真壁永久(芦名星)直後、永久は。。。。 そのころ永久に拉致、監禁されていた東海林(横山裕)が、気がつくと永...

「ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子」~最終回 ☆☆☆

愛は勝つ! 長らく、サイコパスっていうと殺人鬼と決めつけた物語ばかり見てきた気がします。でもこのドラマの連続殺人犯は虐待・ストーキングの被害者や、『自殺マシン』を開発 ...

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第9話(最終話)

抱きしめられた記憶。 愛された記憶。 第9話(最終話)『ANSWER THE LAST』ネタバレです。 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 オリジナルサウンドトラック菅野祐悟 ワンミュージックレコード by G-Tools

殺人に惹かれて

ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」を見ました。 フジにて 火曜10時からやってました 刑事モノであり、基本は1、2話で完結型の構成 異常犯罪捜査官という題名だけど、普通に捜査一課のチームです とはいえ、題名通りに その事件は異常犯罪ばかりで 私的にはけ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR