神の舌を持つ男 (第8話・2016/8/26) 感想

神の舌を持つ男

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』公式
第8話『殺人バスツアー解決編!過去は未来に復讐する』の感想。


ミヤビ(広末涼子)と遭遇した蘭丸(向井理)は、彼女を追うが逃げられてしまう。一方、殺された真琴(上野なつひ)の過去を調べていたツアー参加者でフリーライターの見城(和田聰宏)の他殺体が見つかる。遺体のそばには「O」と書かれた血文字があった。犯人が見つかるまでツアーの一行と蘭丸たちは旅館で待機することに。そこへミヤビが現れる。観念した彼女は蘭丸に、今夜の仕事が終わったら全てを語ると約束する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回よりも、“2サス” 風なのは良かったが…

基本的に、前回と今回で “2サス” を徹底的にリスペクトする姿勢は理解する。前回(前編)よりも今回(解決編)のほうが、より “2サス” を意識したつくりになっていて、それなりに面白かったのは評価したい。

ただ、2週間の蓋を開けてみれば、2週跨ぎにする必要性なんてない話。私が広末ファンだから言うわけでないが、ミヤビ(広末涼子)の出番を増やすために、話を無駄に複雑なように見せただけ。

光が解決したように見えるが、うるさすぎる

結局、数話前から蘭丸(向井理)の興味関心の対象がミヤビになってしまったことで、事件を解決に導いたのは光(木村文乃)みたいになってる。でも現実は、光はただのうるさいキャラ。もう時既に遅しだが、光のキャラクター設定が、この予想外の低視聴率状態を引き起こしているのでは…

あとがき

もう少し蘭丸(向井理)が活躍するように描けないものでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
神の舌を持つ男 I (角川文庫)
TBSドラマ「神の舌を持つ男」主題歌:女は抱かれて鮎になる/坂本冬美


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8826/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441387061.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神の舌を持つ男「殺人バスツアー解決編!過去は未来に復讐する」

思いっきり脱力系・コミカル・サスペンス。光(木村文乃)が連呼し、それに共鳴してた、バスガイドさくら(片瀬那奈)も可笑しかったけれど、なにもかも「2サスの掟」で解釈し、物語自体が、そのパロディになってるあたり、笑えたのでした。(いや、これもまた、人を選びそうですが…)ミヤビ(広末涼子)を追う中、車がガス欠になって、バスツアーに便乗した蘭丸(向井理)たち。そして、また、殺人事件に。車内で、社長夫...

神の舌を持つ男 第8話

蘭丸(向井理)、光(木村文乃)、寛治(佐藤二朗)は、便乗したバスの車内で社長夫人・真琴(上野なつひ)が苦しみながら息絶える事件に遭遇します。 2サスマニアの光が先頭に立って事件を調べますが、真犯人だと思われていた見城(和田聰宏)が、崖の下で遺体となって発見されることに。 2サスマニアの光とバスガイドのさくら(片瀬那奈)は、ツアー客を次々と犯人にして疑います。 崖と柵のない屋...

神の舌を持つ男 #08

『殺人バスツアー解決編!過去は未来に復讐する』

神の舌を持つ男 第八話

「殺人バスツアー解決編!過去は未来に復讐する」内容ミヤビ(広末涼子)を追う中、バスツアーに便乗した蘭丸(向井理)たち。が、やはり殺人事件に巻き込まれてしまう。 そんななか、最も犯人に近いと思われたフリーライターの見城(和田聰宏)が、崖下で遺体となって発見される。現場にやって来た光(木村文乃)は、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR