家売るオンナ (第7話・2016/8/24) 感想

家売るオンナ

日本テレビ系・水曜ドラマ『家売るオンナ』公式
第7話『ダメ社員白洲美加vs三軒家家爆売りの乱でGO』の感想。


美加(イモトアヤコ)の母・貴美子(原日出子)が突然、家を売りたいと営業所を訪れる。父・保(モロ師岡)に女性ができ、離婚を言い渡されたのだという。美加は思い出の詰まった実家の売却に猛反対。しかし、貴美子は何もかも売って出直したいと主張し、万智(北川景子)が担当を買って出る。一方、屋代(仲村トオル)は顧客の会社社長・竹野内(大河内浩)から、娘・佑奈(華子)の見合い相手を探すよう頼まれ、庭野(工藤阿須加)に声を掛ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も万智の新たな "家売るスタイル" が楽しい

今回は、熟年夫婦の様々なカタチと大切な思い出の断捨離の話。夫婦ネタで庭野(工藤阿須加)の見合い話を盛り込んだり、毎度のように全員を無駄なく使う努力が見えたが、千葉(千葉雄大)の活躍が少なかったのが残念。

それでも、万智(北川景子)のいつもの迅速な行動力を上手く活用したストーリー展開、万智の過去や家を売り続ける理由などを、美加(イモトアヤコ)の心情に重ねて、今回は今回らしい万智の新たな “家売るスタイル” が観られて楽しかった。

全体の 5/6 も見せてしまう予告編は、改善の余地あり

ただ、残念なのは、万智が美加を直接説得に行くまで、CMを含めたら50分まで先週に放送された「予告編」で見せちゃってたこと。母親が会社に乗り込んできて家を売りたい、離婚すると嘆き、万智が売買契約を成立させ、母親は新居を見に行き、古い家は壊される寸前まで、全部予告編に入ってた。

結局、新鮮なのは終盤の10分の解決編だけ。流石にこれはどうだろう。次回に期待させたいのはわからないでもないが、全体の 5/6 も見せてしまう予告編は、k改善の余地ありでは?物語も登場人物も面白いし、脚本・演出・俳優の三位一体も十分にある。それだけに、予告編の作り込みについても頑張って欲しい。単純にもったいない。

あとがき

予告編を見なければ良いだけの話なんですけど、本編が楽しいから「次回はどんな内容なのかな?」って見ちゃいますよ。でも、蓋を開けてみたらラストの10分で完成しちゃうのは、単純にもったいないです。そして、今回も面白から、ついつい流れで第8話の予告編を見ちゃいました。次回は、良い意味で期待を裏切る面白いドラマをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
家売るオンナ オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系新ドラマ『家売るオンナ』主題歌:beautiful days(初回限定盤)(DVD付)/GReeeeN
クレオパトラな女たち [DVD]
「家政婦のミタ」Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8821/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/441332878.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家売るオンナ 「ダメ社員白洲美加vs三軒家家爆売りの乱でGO」

今回は、ダメ社員・白洲美加(イモトアヤコ)の家庭事情と、その家の販売顛末。それと、庭野(工藤阿須加)が、上司の屋代(仲村トオル)は得意先の関係で頼まれたお見合いが同時進行。美加の母、貴美子(原日出子)が新宿営業所にやってきます。夫の保(モロ師岡)が浮気したので離婚して、再出発すべく、現在の家を売りたいと。ひとりっ子の美加が離婚に大反対。せめて、思い出の実家だけでも残したい、と抗議し、万智(北...

異常に怠惰な女を育んだ家(北川景子)か細い声の女(工藤阿須加)心のふるさとを捜して(仲村トオル)

人間には信じるタイプと信じないタイプ・・・そしてどちらでもないタイプがある。 ほとんどの人間は三番目のタイプに属していると思われる。 人間には裏切るタイプと裏切らないタイプ・・・そしてどちらでもないタイプがある。 ほとんどの人間は三番目のタイプに属していると思われるのだ。 結局、人間が他人を信じるこ

家売るオンナ 第7話

相変わらず、仕事のアポも取れていない美加(イモトアヤコ)は、万智(北川景子)からチラシ3000枚をポスティングして来るように命じられます。 すぐにチラシを捨ててサボることを見抜かれているので、監視役として宅間(本多力)を同行させるのでした。 エレベーター前で、足立(千葉雄大)と一緒になった美加は、足立を食事に誘いますが、軽く断られていました。 そこに、美加の母・貴美子(原日...

家売るオンナ  第7話  *感想*

番組HP 苦行。 まるで苦行のようだったわ。 苦痛を伴う視聴だったわ。 なんで、あんな演技を良しとするのかねぇ。 なんで、あんなキャラクターを良しとするのかしら。 ただひたすらに声を張り上げ、 ただひたすらにわめき散らすだけの白洲美加、、、 はあ、、、、酷か...

家売るオンナ 第7話~白洲美加は私のようになってはいけない! 自分を解放しろ!

「自分を解放しろ!  白洲美加は私のようになってはいけない。  解き放て! 解き放て!」  両親を亡くして家を失った三軒家万智(北川景子)。  家がないという喪失感。  ぽっかりと空いた心の穴。  万智は、その穴を埋めるために家を売っていた。  しかし、その...

家売るオンナ 第7話

「ダメ社員白洲美加vs三軒家家爆売りの乱でGO」 内容得意先の竹野内(大河内浩)に呼び出された屋代(仲村トオル)娘・佑奈(華子)に、良い人がいないかと。。。もし縁談が決まれば、マンションを買うという。 そんななか、美加(イモトアヤコ)の母・貴美子(原日出子)が営業所に現れる。家を売りたいという。夫・保(モロ師岡)が浮気して、家を出て行ったという。そのため、離婚して、家を売りたいと言うこと...

「家売るオンナ」パワハラチーフの営業術7家族が壊れた家に拘るな!三軒家は白洲美加に自分になるな!と過去の自分の話で説き伏せ距離を置いて白洲家の家族修復に導いた

「家売るオンナ」第7話は白洲美加の実家を売却する事になった三軒家は白洲美加の抵抗を受ける事になる。一方庭野は屋代部長の紹介でお見合いをするもうまくかみ合わないまま終わ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR