●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

[読書] 心が動く伝え方 (前刀 禎明/著・KADOKAWA/中経出版) 感想

心が動く伝え方
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


人は感動した時に自ら動く…

かのスティーブ・ジョブズ氏が認め、日本でiPod miniを大ヒットに導いた著者が書いた文字通り「心が動く伝え方」の本。内容は、人は感動した時に自ら動く。だから、感動するように伝えると、人を動かすことが出来る、と言わば「プレゼンテーション教則本」での常套句なのだ。

しかし、本書は人間の思考回路を「見る→視る→観る→魅る」と考えたり、プレゼンの際の表情の作り方など、考え方のプロセスに始まり、では実際にどうするべきなのかが的確且つ明瞭に示されているのが特徴。とにかく実践的で分かり易い相手の心の動かし方が書いてある。

社会人だけでなく学生にも大いに応用できる

冒頭で「プレゼンテーション教則本」での常套句が並んでいるようなことを書いて、それに反するようだが、実は本書のアイデアはプレゼンの現場だけでなく、仕事上での営業としての会話をはじめ、社会人だけでなく学生にも多角的に応用できる。

例えば、就活での自己アピールの際や恋人へのプロポーズの時など、誰しもあるであろう「ここ一番」で相手を落としたい時に役立つヒントが書いてある。また、本書を読めば相手が何を伝えようとしているのか、相手の仕草や言葉の真意が見えて来るように思う。

あとがき

● 人を動かすのは100人が「まあ好き」と言うものではなく、1人が「心の底から好き」だと思えるもの
● 人が自発的に動くとき、鍵になるのは感動、エモーションが動くこと
● 大事なのは、誰かの受け売りより、自分の体感
● プレゼンは、聞いている人の自発性のレベルを上げていくこと意識する」

上記の4つを読んで、私は本書にグッと来ました。もしもあなたが 3つ以上グッと来たら、すぐに読むべきです。必ず得をします。
 ※「得」の考え方は、人それぞれ違います。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
5年先のことなど考えるな (PHPビジネス新書)
プレゼンは「目線」で決まる―――No.1プレゼン講師の 人を動かす全77メソッド
プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ
図解 話さず決める!プレゼン―15秒で納得させる“通る資料”のつくり方

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8813/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 「なぜか売れる」の公式 (理央 周/著・日本経済新聞出版社) 感想
[読書]企画は、ひと言。 (石田章洋/著・日本能率協会マネジメントセンター) 感想
[読書]「読ませる」ための文章センスが身につく本 (奥野宣之/著・実業之日本社) 感想
[読書]伝え方が9割 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書]TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (高橋弘樹 /著・ちくま新書) 感想
【書評】表現の技術―グッとくる映像にはルールがある:高崎卓馬(著) (電通)
【書評】ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」 ― もし、あなたがこの天才の頭脳をもっていたら? (プレジデントムック) 勝見 明(著)

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR