家売るオンナ (第5話・2016/8/10) 感想

家売るオンナ

日本テレビ系・水曜ドラマ『家売るオンナ』公式
第5話『独身女に家爆売り!女一人で生きてみろ!GO』の感想。


庭野(工藤阿須加)は、自宅購入を希望するフリージャーナリストの詩文(ともさかりえ)に応対。一方、万智(北川景子)は、美加(イモトアヤコ)がポスティングしたチラシの物件を見たいという出版社の校閲部員・歩子(山田真歩)を案内する。その後、同じ部屋を内見した詩文も買いたいと言い出すが、一足違いで歩子が契約してしまう。しかも、詩文と歩子は、仕事を通じての顔見知り。歩子を見下す詩文は、庭野に何とかしろと迫る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回は、万智の独壇場までの経過を相当工夫した構成

今時の出版社に外部の人間がズカズカと入るなんて…と思うなら、凶悪犯がシートベルトをきちんと着用して車で逃走するする今時の刑事ドラマも否定しなければいけないから、今回のその他の突っ込みどころはスルーしておく。

と言うか、そんなどうでも良いようなディティールよりも、課内のエース社員・足立(千葉雄大)でなく、営業成績は下から2番目の庭野(工藤阿須加)が先制攻撃をして万智(北川景子)をギャフンと言わせると言う、これまでの万智の独壇場までの経過をかなり捻って工夫した構成を見るべき。

既成の価値観に縛られた2人の女性客の心を一度に解放

また、美加(イモトアヤコ)を前面に?と若干鼻につく部分はあったものの、万智の先輩としての接し方を、庭野には指導と育成、美加には忠告と助言、と使い分けているため、真面目な庭野と対照的な美加が、全体の笑いのアクセントになった。そして何より万智がただのパワハラでないことをしっかりと見せたのが良い。

一方、庭野が万智から聞き出した「万智の波瀾万丈な人生」と、そんな人生を歩んできたからこそ培われた「独特の人生哲学」を、さりげなく挿入したのも上手い。特に万智と似たようなタイプの客・詩文(ともさかりえ)を配置した上で、既成の価値観に縛られた2人の女性客の心を解き放った過程が実に痛快だった。

あとがき

ゲスト俳優のキャスティングまでピッタリだし、笑いあり涙あり励まされたりのお仕事ドラマにちゃんとなってます。前回は婚活パーティで万智の結婚観を、今回は雨宿りで万智の人生観を上手に描いてますね。万智の家を売る姿勢と同じで、物語が押しつけがましくないのも安心して観られる理由です。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
家売るオンナ オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系新ドラマ『家売るオンナ』主題歌:beautiful days(初回限定盤)(DVD付)/GReeeeN
クレオパトラな女たち [DVD]
「家政婦のミタ」Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8770/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440936394.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家売る女 第5話~家を売って謝るとは何だ! 本契約まで気を抜くな!

 客のニーズをつかむのが優秀な営業職。  三軒家万智(北川景子)はまさにそうだった。 「私に暴けない悪はない!」(笑)  と巨悪に切り込むフリージャーナリスト日向詩文(ともさかりえ)は貯金がない。  大物を相手にする現場で、安物の服やバッグを持っていたら...

家売るオンナ「独身女に家爆売り!女一人で生きてみろ!GO」

今週も、万智(北川景子)はパワフルでそた。ほんに、あのGOの台詞は、時節柄もあり、今旬ワードですよね。美加(イモトアヤコ)にビラ撒きに行かせ、そこからのひっかかり客・出版社で働く草壁歩子(山田真歩)の担当することになります。また、庭野(工藤阿須加)は、フリージャーナリストの日向詩文(ともさかりえ)を担当する事になったものの、奇しくも同じ部屋が琴線に触れ、2人の客は、ライバル感情。そこで、また...

「家売るオンナ」パワハラチーフの営業術5アリとキリギリスも1人なら何も残せません!三軒家は独身女性にお金はあの世に持っていけない事と説き希望の物件を売ってみせた

「家売るオンナ」第5話は独身女性2人がそれぞれ家を買いたいと訪れた事で担当することになった庭野だったが要求の難しさになかなか気に入る物件が紹介できない。1人はジャーナリ ...

家売るオンナ 第5話

屋代(仲村トオル)は、売り上げゼロ更新中の美加(イモトアヤコ)の存在が、自分の評価に響いているのではないかと気にしていました。 万智(北川景子)は、自分のやり方に口出ししないという条件で、美加にスパルタ指導を開始します。 万智が来て以来、不振が続く庭野(工藤阿須加)は、勝気なフリージャーナリストの独身女性・詩文(ともさかりえ)を担当することに。 彼女が来て以来、色んなこ...

家売るオンナ  第5話  *感想*

番組HP 面白かったなぁ。 三軒屋(北川景子)の強さは変わらないのだけど、 色々と変化をつけて魅せてくれているので楽しめるんだよねぇ。 「私の客を横取りした。」 「私を出し抜いて庭野が家を売りました。」 三軒屋の口から、こんな台詞を聞くことなるとはねぇ。 ...

家売るオンナ 第5話

「独身女に家爆売り!女一人で生きてみろ!GO」内容同期に売り上げを抜かれ、自身の評価が気になる屋代(仲村トオル)美加(イモトアヤコ)など、売り上げゼロが。。。。辞めさせれば良いと言う万智(北川景子)に、それはダメだと言う屋代。そこで、口出しをしないという条件で、万智が美加を厳しく指導することに。 そんななか、庭野(工藤阿須加)は、フリージャーナリストの日向詩文(ともさかりえ)を担当する事に...

ホームレス女子高校生(北川景子)天使のように美しく悪魔のように恐ろしい(工藤阿須加)ジャンボ餃子焼売ぎっしり弁当に怠惰をこめて(イモトアヤコ)

売って売って売りまくるだけ・・・これほど「営業」に力をいれたドラマは意外に珍しいのではないか。 もちろん・・・ありえない営業力が展開されるわけだが・・・個々の物件にそれなりにドラマがあり面白おかしいわけである。 犯罪者を面白おかしく逮捕する刑事ドラマや患者を面白おかしく治療する医療ドラマではありふれ

「家売るオンナ」第5話 感想

 最初、北川景子の演じる三軒家チーフの無機質なしゃべり方、所作がロボットみたいで受け付けなかったんですが、やっと馴染んできました。  ブレないところがいいです。  何があっても家を売る目標から逸れない。  売る事だけ考えるやり手スーパーチーフに感動です{%びっくり2webry%}

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR