グ・ラ・メ!~総理の料理番~ (第3話・2016/8/5) 感想

グ・ラ・メ!~総理の料理番~

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』公式
第3話『官邸(秘)デザートVS食わず嫌いグルメ!!』の感想。
なお、原作:作・西村ミツル、画・大崎充による漫画『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』シリーズは未読。


阿藤(小日向文世)は将棋棋士・辰巳(和田聰宏)への国民栄誉賞の授与を考える。だが、辰巳は人気取りに利用されたくないと公言していた。そんな中、小学生の総理官邸見学を引率する教師・志崎(矢柴俊博)がくるみ(剛力彩芽)を脅して阿藤と面会させるよう要求。元大学准教授だという志崎は、国の大学への予算削減に関する不満を阿藤にぶつける。興奮する志崎に、くるみは失敗から生まれたというある菓子を作って差し出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

中途半端に重ねるなら、二本立てにしたら良いのに

脚本は、今作初担当で『仮面ティーチャー』等の山岡潤平氏。演出は3名体制で、今回は第1話の常廣丈太氏。

脚本が、完全に『仮面ティーチャー』と同様に盛り込み過ぎ。前半と後半のエピソードを重ねてるつもりなんだろうが、重ねるならもっとしっかり重ねるべきだし、そうでないなら思い切って前半と後半で二本立てにした方が良かった。もうそこが気になって気になって…

料理よりも台詞を聞くドラマになってる

私、今作の話と言う意味で無く、設定自体は面白いのは認める。くるみ(剛力彩芽)と阿藤総理(小日向文世)の関係、総理秘書官の古賀征二(滝藤賢一)のキャラ、そして一番面白いのが、くるみと清沢晴樹(高橋一生)のライバル関係。

でも、ここはくるみと清沢のライバル対決に絞り込んで、単純明快なストーリーにしたら良かったのに。結局、あれこれ盛り込み過ぎで、料理よりも台詞を聞くドラマになっちゃってる。そして、剛力さんのアップを見るドラマにもなってる。だから、結果的に説明ばかりでくどい印象。

この放送枠なら、もう少しあっさり風味にしても良いのでは?

あとがき

3人目の演出家の登場まで待てませんでした。継続視聴の皆さん、楽しんで下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
グ・ラ・メ! 1―大宰相の料理人 (BUNCH COMICS)
テレ朝ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」主題歌収録 ヤシの木のように / カラーバリエーション / 君との夏 ケツメイシ
テレ朝ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」主題歌 「カラーバリエーション」ケツメイシ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8755/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440811473.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR