時をかける少女 (第4話・2016/7/30) 感想

時をかける少女

日本テレビ系・土曜ドラマ『時をかける少女』 [5話完結]公式
第4話『衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋』の感想。
なお、原作:筒井康隆による小説『時をかける少女』は既読。劇場映画『時をかける少女(1983)』など既存映像作品はほぼ全作鑑賞済み。


夏休み。未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)は遊びに出掛ける。一方、未羽に思いを伝える機会を失った吾朗(竹内涼真)は、複雑な心境のまま塾の夏期講習に参加していた。その日の夕方、吾朗は進路のことで父・努(田口浩正)と口論になり、家を飛び出す。帰宅した未羽は、吾朗の母・唯(猫背椿)から家出の件を知らされ、翔平と捜し回るが見つからない。そこで、吾朗が家を出た時間に、2人で‘タイムリープ’することにする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

原作に一歩近づいた "連ドラ" になった…

私の解釈では、あの名作を原作にしたドラマとしては、第3話のラスト1分でやっと物語の本筋が動き出したって感じだった。従って、今回の第4話は、これまでの「ひと夏の3人の高校生の三角関係の思い出話」に “タイムリープ” を効果的に取り入れて、原作に一歩近づいた連ドラになったとは思う。

ただ、2016年にリメイクするなら、もう少し “今風” でも良かったし、全5話の構成ももう少し “工夫” できたと思う。ただ、本作で描くべき「青春」はそれなりに描かれてはいるし、演技力云々を考えると、上手くいってる方かもしれない。

最終回の1時間で、あれこれに "ケジメ" をつけらるか?

そして、最終回を前にして最も気になるのは、1時間で原作が持っている様々なことに “ケジメ” をつけられるのかな?ってこと。膨らんだ風船が突然にしぼんでいくような最終回にならないことを期待したい。

あとがき

フィルムカメラを絞りもシャッター速度も変えずに毎回撮影するカットがあるとか、演技をしてるのかリハーサルでのオフショットをそのままOKテイクにしているような中途半端な演出とか、細かいことも気になりますが、もう最終回を残すだけなので、これ以上は突っ込まないことにします。

とにかく最終回は、膨らんだ風船が突然にしぼんでいくような最終回にならないことを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「時をかける少女」 オリジナル・サウンドトラック
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」初回限定盤
【早期購入特典あり】恋を知らない君へ【初回スペシャルBOX】(2CD+2DVD)(「恋を知らない君へ」ポストカード付)
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
時をかける少女 4K Scanning Blu-ray
時をかける少女 [Blu-ray]
時をかける少女 【完全生産限定版】 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8729/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440586446.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでも恋は恋だから(黒島結菜)彼女の記憶を操作して幼馴染になりすまし恋をしていますがなにか(菊池風磨)幸せになりやがれ(竹内涼真)

恐ろしい話である。 しかし・・・その恐ろしさをどこまでスタッフが自覚しているのかは謎だ。 そもそも・・・恋なんて錯覚だから・・・他人がとやかく言う問題ではないという姿勢なのか・・・。 人間に自由意思なんかなくて・・・洗脳して奴隷化することに違和感を感じないタイプなのか。 初恋の人にひどいふられ方をし

時をかける少女 #04

『衝撃と涙のラストへ 迫る死の影…命かけた一途な恋』

時をかける少女 第4話

「衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋」内容クラスメートに促され未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)はキスをする。しかし翔平は、未羽の記憶を書き換えていることに不安を覚えていた。 一方、吾朗(竹内涼真)は未羽への想いを抱きつつ、受験勉強にいそしんでいた。そんな息子・吾朗に父・努(田口浩正)は期待し。。。。 ある日のこと、吾朗は、受験をしたくないと言い始める。「やりた...

時をかける少女 第4話

クラスメイトの前で、翔平(菊池風麿)から思いを告白された未羽(黒島結菜)は、彼と交際し始めます。 未羽は、初めての恋に胸をときめかせながらも、いつか来るかもしれない恋の終わりに不安を感じていました。 一方、翔平は、未羽の記憶を都合よく書き換えて、幼馴染みに成り済ましていることを彼女に知られたらどうなるのかを考えていました。 一方、吾朗(竹内涼真)は、未羽への思いを抱...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR