グ・ラ・メ!~総理の料理番~ (第2話・2016/7/29) 感想

グ・ラ・メ!~総理の料理番~

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』公式
第2話『10万人のランチを作る男!!』の感想。
なお、原作:作・西村ミツル、画・大崎充による漫画『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』シリーズは未読。


阿藤(小日向文世)と仏駐日大使との昼食会が開かれた。くるみ(剛力彩芽)は‘初めての日本の夏’を意識してアユを使い、総料理長・清沢(高橋一生)はハトを使った料理を出す。大使の口に合ったのは清沢の方だった。清沢は、料理にメッセージを込めるくるみのやり方を小ざかしいと一蹴する。そんな中、くるみと清沢は、阿藤と巨大企業会長・リー(ジュディ・オング)の昼食会で、それぞれ最高の料理を用意するよう要請される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

演出家が、2人目に…

脚本は、第1話と同じ菱田シンヤ氏。演出は3名体制で、今回は映画『学校の怪談 呪いの言霊』『呪怨 終わりの始まり』『呪怨 -ザ・ファイナル-』等の落合正幸氏。

リー会長のスワリング…

リー(ジュディ・オング)が赤ワインをスワリング(ワイングラスをクルクルと回すこと)していたが、普通は右利きの人は反時計回りがマナー。なのに、リーは時計回りだった。あれが、日本への不信感や総理への嫌がらせの演出だったら、なかなか工夫してると思うが…

脚本も俳優も悪くないのに…

料理だけで決着が着くのでなく、料理人の解説で相手が “意味” を知って心変わりするのでもなく、阿藤(小日向文世)の言葉で案件がまとまるストーリーが良かった。脚本も俳優も悪くないのに、流石に登場人物たちのアップが多過ぎる。演出家が交代してもアップの多さは変わらないのか?もったいない…

あとがき

剛力彩芽さんは相変わらず苦手ですが、“一木くるみ” は合ってると思います。それだけに、不自然な主人公のアップは控えてもいいかなと。今回は前回よりもすべての登場人物のアップが多かったから余計に気になりました。3人目の演出家の小松隆志さんもアップ多用かな…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
グ・ラ・メ! 1―大宰相の料理人 (BUNCH COMICS)
テレ朝ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」主題歌収録 ヤシの木のように / カラーバリエーション / 君との夏 ケツメイシ
テレ朝ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」主題歌 「カラーバリエーション」ケツメイシ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8725/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440567842..html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「グ・ラ・メ! 総理の料理番」2 ☆☆

料理人が勝手に考えたメニューなのに、日本が、総理(小日向文世)が、悪意でさせたと疑われるって酷いw  でも事前にチェックはしてしかるべきかも。政治が絡む以上、不適切メニ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR