家売るオンナ (第3話・2016/7/27) 感想

家売るオンナ

日本テレビ系・水曜ドラマ『家売るオンナ』公式
第2話『ゴミ屋敷女&片付け男に家爆売り!三軒家GO』の感想。


3物件の現地販売が始まった。屋代(仲村トオル)は万智(北川景子)に全体のフォローに回るよう指示するが、万智は全部自分が売ると主張。一同をあぜんとさせる。一方、万智は歯科衛生士の桜(はいだしょうこ)からマンション売却を依頼される。桜は‘片付けできない女’で家は物であふれ返っていた。さらに、万智は住み替えを希望する保坂(中野裕太)の家へ。屋代から万智の正体を探るよう命じられた庭野(工藤阿須加)も同行する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイトルがお見事だった

もう、冒頭の前回までのあらすじと現地販売の社内ミーティングで構成したアバンタイトルがお見事。全体のわかりやすさ、テンポの良さ、万智(北川景子)のキャラクターの徹底的な紹介と、他の同僚たちとの差別化もちゃーんとやって約5分。

もう、このアバンを見ただけで全体のバランスが良いのがわかる。この5分を見たら、あとは万智が「どんなぶっ飛んだアイデアで家を売りまくるのか?」を楽しむだけって感じ。最近ありがちな、個性的俳優(タレント含む)をやたら登場させ、人数ばかり増やしてごちゃ混ぜの群像劇とは一線を画しているのは間違いない。

徹底的にコメディ仕様なのに…

ここまで、きちんと主人公の “三軒家万智” のキャラクターを確立すると、北川景子さんの演技をコメディエンヌとして評価するかどうかが、本作の好き嫌いの分かれ目になりそうだ。しかし、その万智が発する “ぶっ飛んだアイデア” が実に現実的で理に適っているのが素晴らしい。

全体は、徹底的にコメディ仕様なのに、ちゃんとライフスタイルの提案と不動産営業の話になっているのは、かなり完成度が高いと言わざるを得ない。また、得田真裕さんのサウンドトラックが良い。特に万智のテーマ曲のようなタンゴ曲が良いテンポを生んでる。第3話にしていい感じに “カタチ” にしてきたぞ。

あとがき

前回の感想でも書いた通り、40分頃の保坂(中野裕太)と桜(はいだしょうこ)の痴話げんかが長過ぎました。あそこさえなければ。と言うか、本作は54分枠で無く60分枠なので、あとはそこを活かした脚本と演出さえできれば、もっと完成度が高くなるはず。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
家売るオンナ オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系新ドラマ『家売るオンナ』主題歌:beautiful days(初回限定盤)(DVD付)/GReeeeN
クレオパトラな女たち [DVD]
「家政婦のミタ」Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8715/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440500412.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家売るオンナ~白州美加、GO! ゆとり、パワハラ、ブラック企業の世の中に登場したアンチヒロイン!

 このドラマには連立方程式を解くような所がある。  第3話では、 ・物を捨てられない女と物を捨てたい男の関係をいかに回復させるか? ・建坪5坪、延べ床面積48㎡、三階建ての狭小住宅をいかに売るか?  その解は、 〝物を捨てられない女を狭小住宅の三階に住まわせ、物...

家売るオンナ「ゴミ屋敷女&片付け男に家爆売り!三軒家GO」

相変わらず、万智(北川景子)の風をはらんで強調される「GO!」が笑えます。 今回は、トイレが2つもある外国人向けマンションは、ネットで大家族にアピール。結果、問い合わせがガンガン 「片づけられない女」対「徹底シンプル男」価値観や習慣の全く番うカップルに、狭少住宅を、ある意味で、シェアハウス的な発想で売るアイディアが面白かったです。 意表をつく発想とコミック展開が、期待、なの...

家売るオンナ 第3話

万智(北川景子)の活躍によって営業課全体の売り上げが伸び、張り切った屋代課長(仲村トオル)は現地販売を企画します。 そんな中、万智は歯科衛生士・夏木桜(はいだしょうこ)から、マンションを売りたいという相談を受けます。 図面だけでは売買は出来ないので、万智は実際に部屋を見たいと彼女のマンションへ向かいますが、そこは物が溢れ返っていました。 桜は典型的な「片付けられない女」のよ...

家を売った後のことなんか知ったこっちゃありません(北川景子)一千万円おまけします(千葉雄大)捨てられた家と私(仲村トオル)

かかわりたくない人間というものがいる。 物騒な気配が漂っていることを背中が感じるのだ。 しかし・・・そういう気配に鈍感な人もいて・・・あるいは見て見ぬふりをして・・・結局、キャッチされてしまう。 危険な人物に関する情報の取り扱いに不備があったとしても・・・必ずしも責任問題には発展しない。 なぜなら・

家売るオンナ 第3話

「ゴミ屋敷女&片付け男に家爆売り!三軒家GO」 内容現地販売ウイークに突入し、屋代課長(仲村トオル)は、頑張るよう告げる。それぞれに物件を提案していくなか、かなり売りにくい狭小住宅に万智(北川景子)は目をつける。だが、屋代は、指導に回って欲しいと伝えるの...

「家売るオンナ」パワハラチーフの営業術3価値観の違いを共有できる家があります!捨てれない女と何もいらない男に2つの個室付き3階の家を提供し元のさやに戻してみせた

「家売るオンナ」第3話はテーコー不動産は現地販売の企画で各地の物件を売りに出す。しかしここでもまた三軒家が私が全て売りますと徹底的に自分が売ると主張する。そんな中で歯 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR