刑事7人 第2シリーズ (第3話・2016/7/27) 感想

刑事7人 第2シリーズ

テレビ朝日系・『刑事7人 第2シリーズ』公式
第3話『地上145メートル密室からの脱出!!爆弾に繋がれた命の期限』の感想。
なお、『第1シリーズ』は全話鑑賞済み。※最終回の感想記事


医師・若杉(菊池均也)の他殺体が患者・高坂(モロ師岡)の部屋で見つかり、高坂は犯人に連れ去られる。補助人工心臓で生きる高坂のバッテリー残存時間は最大12時間だ。犯人からの映像により監禁場所のビルが特定され、沙村(高嶋政宏)らが急行するが、天樹(東山紀之)は簡単過ぎるといぶかしむ。高坂の発見直後、ビルで爆発が起き、そのフロアは孤立し外へ出られなくなる。さらに高坂のバッテリーには爆弾が仕掛けられ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

天樹だけ警視庁刑事部機動捜査隊所属なんだってば。

脚本は本作3人目の八津弘幸氏。天樹(東山紀之)の第2シリーズからの所属部署は警視庁刑事部機動捜査隊で、沙村(高嶋政宏)らは警視庁捜査一課12係だから、所属が違うのに、この肝心な設定を完全に無視して脚本が書かれている。

その上、これまで単独捜査がウリだった天樹が第12係の青山(塚本高史)と言う “相棒” を得てしまったから、余計におかしな話になってる。まあ、相変わらず天樹が自分自身の捜査中に他の刑事が入手した情報をもとに演説して終わるスタイルは踏襲されているというホントおかしな状態。

事件そのものや刑事たちの個性はそれなりに面白いだけに、ここで継続視聴を離脱する気にならないのが困ったところ。せめて、主人公一人が他の部署と言う設定を活かしてストーリーを組み立て欲しい。ただ、それだけ。

あとがき

刑事ドラマなんだら、指揮系統くらいちゃんと書いてよ、ってことです。僅かに次回へ期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
刑事7人(第1シリーズ) DVD-BOX
テレビ朝日系 ドラマ「刑事7人」オリジナルサウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8714/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/440499176.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事7人 第2シリーズ「地上145メートル密室からの脱出!!爆弾に繋がれた命の期限」

補助人工心臓を装着している資産家・高坂信彦(モロ師岡)の自宅で、主治医・若杉洋一(菊池均也)の刺殺体 しかも、サンタクロースに変装した犯人がテレビ電話を寄越し、監禁されている高坂の姿を送ってきました。 総力を挙げた捜査の甲斐あってか、監禁場所のビルはすぐさま判明したものの、これが罠だったのですね。 監禁場所のビルで働く警備員・加地遼一(池内万作)が容疑者として浮上し、加地が...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR