神の舌を持つ男 (第1話/初回15分拡大・2016/7/8) 感想

神の舌を持つ男

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』公式
第1話/初回15分拡大『螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く』の感想。


蘭丸(向井理)は舌に乗せた物の成分を瞬時に解析できる‘絶対舌感’の持ち主。流しの温泉芸者・ミヤビに恋する蘭丸は古物商・光(木村文乃)、知り合った寛治(佐藤二朗)と共に彼女を捜す旅をしていた。栃木の温泉宿に出向いた3人は、ミヤビをあと一歩のところで見失う。無一文の彼らは、女将・美鈴(片平なぎさ)に頼み、蘭丸が客の背中を流す‘三助’として働くことを条件に宿泊。そんな時、近くの川で遺体が発見される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

普通は、"脚本が骨格で演出が肉付け"って構造なのだが

脚本が櫻井武晴氏で、演出が堤幸彦氏。従って、映像的なノリは、『TRICK』のまま。と言うか、久し振りに『TRICK』そっくり仕上げ。そこに、櫻井氏のミステリーが乗っかってるって感じ。要は、脚本が骨格で演出が肉付けって構造が普通なのに、本作はまず外観ありきで、骨組みを中にねじ込んだって雰囲気。

原因は、チーフ・プロデューサーの植田博樹氏か?

なんで、こんな構造になってるのかスタッフを見たら原因判明。チーフ・プロデューサーが植田博樹氏だった。植田氏と言えば、『劇場版 SPEC~天~(2012年)』以降のテレビドラマも映画もギャグや小ネタに走り過ぎて、登場人物の内面の深いところを描くのが疎かになってしまった作品が多い人。

ぎりぎり良かったのが、ドラマ版の『ATARU(2012年)』まで。それ以降の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~(2013年)』『家族狩り(2014年)』『まっしろ(2015年)』はほぼその類い。3年ぶりの『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます?(2015年)』で演出の堤幸彦氏と組んで、良くなったと思ったのだが。

予想通りに、好き嫌いが分かれる作風

メインの3人の登場人物を超個性的にするために、かなりの役作りと演技指導で表面的な装飾を施してはいるが、それが第1話からちょっとやり過ぎて、やはり個々の人間が見えてこない。なのに、物語は別にどんどん進んじゃうから、多くの人は置いてけぼり状態になったはず。もちろん、私がそれ。

やはり、予想通りに好き嫌いが分かれる作風だと思う。好きな人ならギャグや小ネタとストーリーがぶつからずに両方楽しめると思えるだろうが、苦手な人にはギャグや小ネタや過剰な演技の印象にストーリーが隠れて、全体的に面白いのかどうかわからない、そう思うのではないだろうか。そして、私はどちらかと言えば後者である。

あとがき

脚本家、演出家、俳優陣の3つはとても個性的なメンバーで揃ってるのに、面白かったのかどうか微妙な仕上がりでした。終盤の謎解きの10分は良い雰囲気でしたので、次回に期待したいと思います。おっと、『ヤメゴク』の第1話ゲストにも登場したコントユニット「怪物ランド」の赤星昇一郎さんが良かったです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
神の舌を持つ男 I (角川文庫)
TBSドラマ「神の舌を持つ男」主題歌:女は抱かれて鮎になる/坂本冬美


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8633/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/439846814.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神の舌を持つ男「螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く」

この小ネタにギャグと、遊び心満載度ぶりには、好みが分かれそうですが、 櫻井武晴の正統派ミステリーの脚本に、堤幸彦が、培ったノウハウな映像遊びをのせた化学反応は、まるでティストが、「TRICK」そっくりで、懐かしい気分にさえなりました。 “絶対舌感”を持ち、幻の芸者。ミヤビを探す、朝永 蘭丸(向井 理)と、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董屋・甕棺墓 光(木村文乃)が新境地。...

神の舌を持つ男(向井理)古物商許可証を持つ女(木村文乃)手袋咥えて33年(片平なぎさ)

甕棺墓(かめかんぼ)とは・・・甕を棺とした墓である。主に小児の埋葬に使われた。 朝永振一郎はノーベル物理学賞の受賞者である。 宮沢賢治は詩人で童話作家である。 よく似た名前が主要人物のネーミングに用いられているようだ。 このドラマはトリオのコントを基盤として、基本的には甕棺墓がボケ、宮沢がツッコミ、

【神の舌を持つ男】第1話「殺しは蛍が見ていた」

客は解らなかったじゃないか! 温泉も、水道水も、客は解らなかった。 お湯の量が多くて贅沢な温泉だって。 客は偽物でも喜ぶんだ! 何が違うんだ。 あんたたちの蛍と何が違うんだ! 神の舌を持つ男 第1話 「殺しは蛍が見ていた」    簡単な感想のみで。 先日、 「【神の舌を持つ男】舞台挨拶つき第1話完成披露試写会行ってきた」 にも...

神の舌を持つ男 #01

『螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く』

神の舌を持つ男 第1話

朝永蘭丸(向井理)が、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董商・光(木村文乃)、正体不明の寛治(佐藤二朗)と一緒に車で辿り着いたのは、栃木県奥日光にある秘湯で、平家の落人伝説が残る温泉地でした。 3人が宿に到着すると、謎の温泉芸者・ミヤビが男と立ち去って行く姿を目撃します。 慌てて後を追おうとする蘭丸ですが、ガソリン切れの車は立ち往生してしまうのでしたw 落胆する蘭丸をよ...

神の舌を持つ男 第一話

「螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く」 内容一台のワゴン車が、山道を走っていた。朝永蘭丸(向井理)甕棺墓光(木村文乃)そして宮沢寛治(佐藤二朗)の3人組。舌で瞬間点に物質の分析が出来る“絶対舌感”を持つ蘭丸。祖父の通夜で出会った謎の温泉芸者...

「神の舌を持つ男」1 ☆

人間、自分の口の味はしないものです。てことは『キスしても成分がわからない女』って口中雑菌構成が自分と全く一緒、つまり幼児期に密着して育った血縁てことじゃないのかと。て ...

【神の舌を持つ男】初回(第1話)感想と視聴率

【初回(第1話)視聴率は、7/11(月)追記予定】 副題「殺しは蛍が見ていた」

「神の舌を持つ男」第壱話

偽物のホタル。 偽物の温泉。 第壱話『殺しは蛍が見ていた』ネタバレです。 るるぶ栃木 宇都宮 那須 日光'15 (国内シリーズ)ジェイティビィパブリッシング by G-Tools

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR