ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

忘れられない映画館になった…

『映画館で被災しました』から3日目を迎えた。幸いにも私も家族も家も無事だ。余震は続くものの、今回の貴重な体験をここに残しておくのも悪くないと考え、私の被災レポとして書いてみる。
なお、似たような経験をされて、あの恐怖を思い出し辛くなるかもしれないので、そう言う方は読まないで頂ければと思います。

「どうせすぐに治まるだろう」

劇場は、『TOHOシネマズ八千代緑が丘』(公式)映画は『ツーリスト』。平日の昼過ぎだから、観客は15名ほどだった。年齢は意外と中高年が多かった。
約20分間の予告編、観客への注意に続き、本編スタートして数分後、グラグラと小さな横揺れがきた。「どうせすぐに治まるだろう」と思ったが…

「こりゃ、いつものと違う!」

10数秒経ったろうか、周囲の観客も立ち上がり始めと思ったら、座っているのも怖いほど客席が揺れた。「こりゃ、いつものと違う!」と思い立ち上がった瞬間、いきなり上映中止。常夜灯(ダウンライト)と非常灯が点灯。
緊急放送があったかどうか覚えていない。とにかく出口に向かって走った。劇場内の階段で転びそうな人、怖くて動けない人、大声で叫ぶ人。まるで、パニック映画のようだった。

長文になりましたので、続きを読んで下さる方は、右下よりお進み下さい。

「とにかく外へ出てください」

入口のドアがバタンバタンと大きく開閉し、お年寄りなど跳ね飛ばされそうになっていた。廊下に出ると、更に揺れは強くなり、私も手と膝をついてしゃがんでしまったほど。従業員たちの「とにかく外へ出てください」の声に押されるように館外へ出た。
館外と言っても、ここは東葉高速鉄道・八千代緑が丘駅直結の複数の商業施設の入った『公園都市プラザ』ビルの屋外の踊り場(3階)で、足元はまだゆらゆらと揺れていた。

「震源は何処だ?」

目の前の『イオン八千代緑が丘ショッピングセンター』の壁面ガラスは、バリバリと音を立てていた。駅前の高層マンション『パークタワー八千代緑が丘』の建設現場の巨大クレーンは静かに揺れていた。
そんな光景を見つめながら跪く人、泣き叫ぶ人など、全部で100名近くだったろう。そんな中での多くの声は「震源は何処だ?」「震源は近いのか?」「揺れてるのはここだけか?」と言うものだった。

意外と役に立ったワンセグケータイ

危険だからと更に階下の広場に退避。その頃には、私をはじめ多くの人が、ワンセグケータイで情報収集。携帯電話やiPhoneでネット検索している人もいたが、みんなで情報共有しやすかったのはワンセグ。
携帯ラジオでスピーカー無しの人もいたりして、携帯電話の音量って意外と大きいから、目と耳から情報が取れるとあって、高齢者にもわかりやすかったようだ。

映画館の嬉しい対応

すぐに、支配人らしき男性が、「これから招待券を配ります。急いで帰りたい人は、名前と電話番号を教えてください」とのことで、長蛇(数十名)ができた。
そこで私と数名が「チケットの半券で対応してください。急いで帰りたいんです」と言うと、「わかりました」と即決してくれた。こう言う臨機応変な対応は嬉しかった

忘れられない映画館になった…

観客からメモを取るアルバイトであろう若い女性従業員たちが、目を真っ赤にして、震える声で対応していたのが、とても印象的だった。私は「また観に来るからね。また会おう!」と声を掛け、その場を去った。
この映画館は13日の今日も全館休館だ。私にとって、忘れられない映画館になった。


いつも辛口コメントの私ですが、意外と小心者ですから、細かいことは実はよく覚えていません。しかし、とにかく40数年生きてきた中で、こんなに強く命の恐怖を感じたのは初めてです。助かったから言える事とですが…。明日から私も計画停電でどうなるかわかりません。更新できたらやります…

被害に遭われた多くの方々に、お見舞い申し上げます。
そして、地震でお亡くなりになった方、心よりお悔やみ申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: