●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

とと姉ちゃん (第55回・6/6) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第10週『常子、プロポーズされる』『第55回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


タイピストとして確かな収入を得られるようになった常子(高畑充希)は、かつて父・竹蔵(西島秀俊)が作った「月に一度皆でお出かけ」の家訓を再開する。しかし、鞠子(相楽樹)も美子(杉咲花)もお年頃。それぞれ忙しくなり、あまり乗り気がしない。そんな折、美子は滝子(大地真央)から奉公人のお仕着せの仕立てを手伝ってほしいと頼まれる。しかし、その日は常子が決めたお出かけの日。美子は、友人と勉強するとうそをつき…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

森田屋での食事のシーンは、いつも違和感満載

「常子は、名実ともに小橋家の大黒柱になっていました」の語りも空しく、未だ森田商店に住み込みで働いていると言う、スカッとしない矛盾で始まった月曜日。それに、いつの間にか「爪の垢を煎じて飲む」価値があるほどの人物になっている常子。

また、仕出し屋「森田屋」の雇われ板前・(浜野謙太)は通いで働いてるのに、なぜ一緒に朝食を?まつ(秋野暢子)が「長谷川の晩飯は抜きで良いよ」と言っていたから3食付きで通いって設定か?「通い」って設定の必要性ってあるのだろうか?

あれこれ欲張る前に、もっと常子を描いた方が良い

前回の「暗い時代の足音が常子たちの暮らしに迫って来たのです」の語りよりも時間は経っているはずなのに、敢えての竹蔵(西島秀俊)が作った家訓『月に一度皆でお出かけする』を再開しようと提案するのも不思議な話。その上、どうせ家族の “騒動” を起こすだけなのは、今日のフラグで見通せてしまうし。

そもそも、常子が父との「家族を守る」と言う約束をずっと継承してきたように描いてきていないから、ここでまた違和感と一貫性の無さが露呈しちゃう。なのに、無理矢理に竹蔵の話を持ち出して、“恋バナ” 仕立てにもしようと欲張るから、結局何を描きたいのかちっとも見えてこない。なぜ、こう言う構成にするんだろ?

あとがき

ただ、“騒動” の前振りをしただけの15分間。そして、相変わらず何を描きたいのか見えてこない15分間。実在の人物をモチーフにしているのなら、朝ドラお得意の「女一代記」か「女一代記にまつわるホームドラマ」のどちらかの可能性が高いのですが、本作ほどヒロインの影が薄い朝ドラは久し振り。

だから、この状態では間違いなく「女一代記」になるのはほぼ不可能。では後者の可能性はと考えても、時代がどんどん進んで時間経過しているだけで、家族の内面が描かれないから「ホーム=家族」って感じが一向にしません。せめて、ヒロインだけでも共感できる登場人物に仕立てて、物語の中心にした方が良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説 『 あさが来た 』 玉木宏 白岡新次郎と生きた軌跡
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8531/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438672922.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29 30
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』
31 32 33 34 35 36
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』
37 38 39 40 41 42
第8週『常子、職業婦人になる』
43 44 45 46 47 48
第9週『常子、初任給をもらう』
49 50 51 52 53 54
第10週『常子、プロポーズされる』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日の丸弁当>『とと姉ちゃん』第55話

今日は通院日で予約時間は遅めだったので ものっすごく久しぶりにワードショーを出してみたら どこかで見た顔が… 玉置三兄弟の次男を演じていた加藤諒さん あの眉と おネエ言葉と キレッキレのダンスで 今、超人気者なんだとか 三兄弟としての初登場時 「ウザい登場の仕方だったけど 取り合えず真ん中の子が気に入ったわ だって、顔を見るだけで笑えるんだもん」 …と書...

日の丸弁当>『とと姉ちゃん』第55話

今日は通院日で予約時間は遅めだったのでものっすごく久しぶりにワードショーを出してみたらどこかで見た顔が…玉置三兄弟の次男を演じていた加藤諒さんあの眉とおネエ言葉とキ...

とと姉ちゃん 第55回

『常子、プロポーズされる』内容タイピストとして、ようやく安定した収入を得た常子(高畑充希)は、“月一度のおでかけ”という家訓を復活させる。が、鞠子(相楽樹)美子(杉咲花)は、あまり乗り気ではなく。。。 敬称略 “今作って、何を描きたいん...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR