ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

とと姉ちゃん (第52回・6/2) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第9週『常子、初任給をもらう』『第52回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


「この世は所詮、男と女しかいない。だったらうまくやっていくしかない」という滝子(大地真央)の言葉に、常子(高畑充希)は感銘を受ける。迷いが吹っ切れた常子は、男性からの仕事を快諾する。早乙女(真野恵里菜)に止められると、雑用でも必要とされるのであれば受けるべきだと反論する。諦めずに手伝っていれば、いつか女性も評価を受けると力強く説得する。そんな折、常子が待ち望んでいた給料日がとうとうやってきて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「職場でのイジメ」を相談するんじゃないの?

ホント、曖昧な表現ばかりで。冒頭の滝子(大地真央)の言葉も、どう好意的に解釈をしても常子(高畑充希)は感銘を受けるような内容には聞こえない。年配で老舗材木店を切り盛りしている女将としても、フツーのこと。いや、その前に常子が相談するのは「職場でのイジメ」でないのは、話を早く進めたいから?それ以前に、そろそろ森田屋の居候止めたら?

早乙女の怒りの意図が、最後までわからなかった

そして、早乙女(真野恵里菜)の言い分も実に曖昧。一見社内の男尊女卑の対応に怒っているように見えるが、「向こう」とか言ってごまかしてはいるが、早乙女が山岸課長(田口浩正)と言う「上司」の部分より「男」の部分に依存して、自分の立場を誇示しているように見えてしまった。これじゃ、早乙女の意図がわからない。

突然に他人の弁当を覗き込んであれこれ言うのもなあ

弁当屋に住んでいるってだけで、弁当評論家気取りなのもどうかと思うが、どうかと思うのは早乙女が開けたばかりの弁当箱を覗き込んで、中身を外見だけ褒めるシーン。常子の状況が好転しているように見せたいのだろうが、勤めて3か月の今さら入れるシーンだろうか。かと言って、前に入れたら常子の嫌味が増すだけだが。

あとがき

誰かの鶴の一声で物語が一気に動いたり解決したり、初任給で借金を初めて返済しただけで「とと姉ちゃん」が完成したり、これをドラマと言えるのでしょうか。結局、経過や過程は結果に影響を与えないのならば、正に騒動の箇条書きでしかありません。今回の常子と早乙女の仲直りも全く解せない幕引き。ここまでくると、流石に酷すぎませんかねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説 『 あさが来た 』 玉木宏 白岡新次郎と生きた軌跡
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8516/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438531458.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29 30
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』
31 32 33 34 35 36
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』
37 38 39 40 41 42
第8週『常子、職業婦人になる』
43 44 45 46 47 48
第9週『常子、初任給をもらう』
49 50 51

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

饅頭と大福>『とと姉ちゃん』第52話

昨日は食べ物があまり出てこなかった …と、文句を言ったのが聞こえたかの様に 今日は饅頭・大福・お弁当・お汁粉 …と、立て続けに登場 でも 鶴太郎が持ってきてくれた 饅頭を無視して去っていく常子― 常子の訴えを聞き流しながら 大福を貪り食う山岸― 三週間も経ってから 早乙女さんのお弁当をベタ褒めする常子― 過去作では女性によく見られた映し方だけど ...

饅頭と大福>『とと姉ちゃん』第52話

昨日は食べ物があまり出てこなかった…と、文句を言ったのが聞こえたかの様に今日は饅頭・大福・お弁当・お汁粉…と、立て続けに登場でも鶴太郎が持ってきてくれた饅頭を無...

とと姉ちゃん 第52回

内容他の部署の男性社員の仕事を受けるかどうか悩む常子(高畑充希)早乙女(真野真里菜)は、猛反対する。そんななか、滝子(大地真央)に相談した常子は。。。。。。 敬称略 “所詮、この世は、男と女。。。。” イジメを扱いたいのか?会社の酷さを扱いた...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第52回 感想

「この世は所詮、男と女しかいない。だったらうまくやっていくしかない」 という滝子(大地真央)の言葉に、常子(高畑充希)は感銘を受ける。 迷いが吹っ切れた常子は、男性からの仕事を快諾する。 早乙女(真野恵里菜)に止められると、雑用でも必要とされるのであれば受けるべきだと反論する。 諦めずに手伝っていれば、いつか女性も評価を受けると力強く説得する。 そんな折、常子が待ち望んでいた給料日...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: