重版出来! (第8話・2016/5/31) 感想

ダメな私に恋してください

TBS系・火曜ドラマ『重版出来!』公式
第8話『鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!』の感想。
なお、原作:松田奈緒子「重版出来!」は未読。


年間収益目標を役員に提出する「年度計画会議」に出席した和田(松重豊)は、厳しい出版不況を実感。心(黒木華)は和田から、中田(永山絢斗)のネームを「魅力に欠ける」と一蹴され、途方に暮れる。そして、中田だけではなく大塚(中川大志)までネームで行き詰まってしまう。一方で和田は電子書籍化の許諾を得るため、牛露田(康すおん)の家に通っていた。漫画も描かず酒浸りの牛露田を、娘のアユ(蒔田彩珠)は軽蔑して…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

久し振りに、1時間に3回も感動の涙が込み上げた

細かいことを書く前に、久し振りに連ドラで感動の涙が込み上げてきた。それも3回も。

1つは、子どもの頃から本が好きで本屋一筋に地道に働いてきた舞子(濱田マリ)の前に、憧れの漫画家・山縣留羽(内田淳子)が現れた時の舞子の驚きの表情。

もう1つは、軽蔑する父で元売れっ子漫画家・牛露田(康すおん)の漫画を初めて読んだ娘のアユ(蒔田彩珠)の「すっごい面白かった」と言った屈託のない笑顔。

そして3つ目は、牛露田とアユの父娘の後ろ姿を見て、涙ぐむ心(黒木華)と和田(松重豊)の姿だ。

今回は、漫画を書く人、漫画を本にする人、漫画を読む人、3者それぞれの苦悩や葛藤や挫折や幸福感の違い、そして漫画を愛してやまないと言う共通した感情を見事に描いたと思う。書く人、作る人、読む人と立場は違っても、いつの時代もこの3者で漫画が成り立ってる。

これ、どんな仕事にも当てはまると思う。ホント、観ながらこんなに感動したのは久し振りだ。今もこうしてクライアントからの進行台本の修正原稿を待っている私に元気をくれた本作。本当にありがとうと言いたい。

もう少し、和田編集長のくだりをまとめても良かった

では、ここから冷静に本作を観てみると、ちょっと残念なところがあった。それは、和田編集長と牛露田の漫画の電子書籍化のエピソードを、2週跨ぎにしたこと。確かに前述のように、今回のエンディングの3つの感動を創出したには違いないのだが、2週跨ぎにしたことで、今回の主人公である和田の話がブツ切れになったのがとても残念。

2週跨ぎしないと、前回での心の出番が無くなるのはわかるから、せめて今回の前半に和田のくだりをまとめるとか、そう言う構成の工夫があっても良かったと思う。

「自分も仕事を頑張ろう」と思わせる清々しいドラマ

ただ、本作は、主人公の心だけでなく、脇役やゲストの登場人物までとてもきちんと個性を描き分けられており、群像劇なのにごちゃごちゃした印象にならないのが素晴らしい。そして、毎回「自分も仕事を頑張ろう」と思わせてくれる清々しいエンディングもお見事。完成度が高いと思う。

あとがき

細かい部分を取り上げて褒めるより、全体のグルーヴ感と言うのでしょうか、1時間で「漫画の出版業界の悲喜交々」を描きつつ、“すべての働く人への応援歌” になっているのがホント良いと思います。視聴率は右下がりですが、私の中の感動曲線はグイグイと右上がりです。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「重版出来!」オリジナル・サウンドトラック
火曜ドラマ「重版出来!」主題歌「エコー」ユニコーン
重版出来! コミック 1-6巻セット (ビッグ コミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8512/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438491512.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道場でなら戦えます(黒木華)飛ぶ鳥の気持ちなんかわからない(永山絢斗)本だ翼だと騒ぐじゃないよ(蒔田彩珠)だじゃれか(松重豊)ふんじゃったねこかいちゃった(赤江珠緒)

エゴイズムこそ・・・人間の本質であるという考え方がある。 そう言うと「我儘万歳」と思われがちだが・・・「自分が楽しく生きるため」に「仕事」とか「家族」とか「友人」が必要と考える人には「本能のままに生きるような贅沢」は許されないのである。 そこにある種の合理性が求められる。 合理的な利己主義こそが処世

重版出来!「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」

今回は、殻が破れずスランプ。焦る新人の中田(永山絢斗)と、それを見抜き、見守る、師匠・三蔵山(小日向文世)の大きな愛 牛露田獏(康すおん)父娘の和解と再起、 ベテラン書店員、河舞子(濱田マリ)の人生を変えた本エピソード、と盛り沢山でしたが、どれも、とても素敵なエピソードでした。 それと、編集長・和田(松重豊)と古い本屋で友人の友情も、牛露田獏夫妻が偶然、新婚旅行で訪れ、急遽...

重版出来! 第8話〜ママの顔、ちゃんと見ろよ! ママはパパのマンガ大好きだった!

 人の心をノックする話だった。  まずは、落ちぶれた漫画家の牛露田(康すおん)。  そんな牛露田の閉ざされた扉を開けるために編集長の和田(松重豊)は叫ぶ。 「大人は子供の前でかっこつけなきゃならんでしょう! われわれ、マンガ屋は夢を売ってるんですから!」 ...

重版出来! 第8話

売り上げ1位のライバル誌・エンペラーに追い付けない厳しい状況の中、和田(松重豊)は部下を引っ張る編集長として数字に追われる日々が続いていました。 パソコンで表が上手く作れない和田は、すごく機嫌が悪くて吠えています。 見かねた五百旗頭(オダギリジョー)が手伝っていましたw 心(黒木華)は、機嫌の悪い和田から、中田(永山絢斗)のネームが「魅力に欠ける」と言われて落ち込み、追い打...

「重版出来!」 第8話 鬼編集長男泣き! 14歳の笑顔を取り戻せ! 

 今回もいろんな立場から出版業界が描かれました。 和田編集長の心のつぶやきがじんわりと響きましたぞ。 HPはこちら  和田編集長(松重豊)は年に一度の『年計(この先一年の ...

重版出来! 第8話

「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」 内容“エンペラー”に追いつくことが出来ず。和田(松重豊)は、イラついていた。“バイブス”の年度計画表を作成していたからだった。なんとか完成させて、役員達を押し切り。。。。。和田は、岡(生瀬...

重版出来! 第8話

公式サイト “打倒エンペラー”のモットーを掲げるも、売り上げ1位の「エンペラー」

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR