ラヴソング (第8話・2016/5/30) 感想

ラヴソング

フジテレビ系・月9『ラヴソング』公式
第8話『君とキスをした夜』の感想。



トップアーティスト・シェリル(Leola)の楽曲を制作することになった神代(福山雅治)だが、楽曲の方向性に関する指定が曖昧で拍子抜けする。そのころ、さくら(藤原さくら)は増村(田中哲司)に言われ、喉の精密検査を受けていた。一方、真美(夏帆)がさくらと暮らす部屋を出る日が近づき、空一(菅田将暉)はその引っ越し作業を手伝いながら、これからは自分がさくらを守ると心に誓う。そんな中、さくらの喉の検査結果が出る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今更、誰が脚本や演出をしても変わらないが…

脚本は、第1,2,3,4,6話担当の倉光泰子氏。演出は、第6話担当の相沢秀幸氏。月9史上最低視聴率を叩き出した第7話と同じコンビ。まあ、今更誰が脚本や演出をしても変わらないように思うが…

第8話で、第4話までをバッサリ捨てるの?

誰のと言うことでなく、ドラマ全体を第3章的な佳境に見せたいために、登場人物たちに苦悩や葛藤を設定しているのだろうが、さくら(藤原さくら)に新たな病気を設定した時点でこれまでの話は無かったの同じことだし、神代(福山雅治)に我儘な歌手を与えたことで別の話になってるし…

要は、第8話で、物語そのものは再スタートになってしまった。正確に言えば、神代とさくらの「吃音症治療」を描いて来た第4話くらいまでを、バッサリと無くしてしまったのと同じこと。これでは、連ドラとして本末転倒。折角のさくらのライヴシーンも、ただの視聴者サービスになってしまったのが本当に残念。

なぜ、最初に「何を描くか?」を絞り込まない?

それにしても、今回で本作が「さくらの成長&成功物語」なのか、「神代の再生物語」なのか「さくらと神代の恋愛物語」なのか、全くわからなくなった。その上、神代が弦巻(大谷亮平)にさくらをゴリ押しするシーンを挿入するから、神代に取ってさくらが何なのかさえわからなくなった。

これ、迷走以外の何物でもないと思う。なぜ、最初に「何を描くか?」を絞り込んでスタートしなかったんだろう。やはり、宇崎竜童さん、りりィさん、由紀さおりさん、そして福山雅治さんら出演者総動員して、『MUSIC FAIR』みたいなスタジオライヴを放映した方が良かったのでは???

あとがき

医者の守秘義務がどうとか、他人の空一(菅田将暉)がどうとか、細かいことはどうでも良いです。とにかく、第8話になって、再スタートみたいにしたのはどうなんでそう?個人的には、ここまでリセットしちゃったのなら、「さくらの成長&成功物語」に絞り込んだ方が良いと思いますが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」オリジナルサウンドトラック
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」主題歌「soup」藤原さくら (初回限定盤)
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」主題歌「soup」藤原さくら


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8509/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438455072.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラヴソング「君とキスをした夜」

思いっきり物語が迷走してますね。 せめて、佐野さくら(藤原さくら)の曲だけは、存分に聴きたかったのにナ… さくら、精密検査の結果、喉の病気が、声を失う可能性のある重篤なものであり、健気に隠して、その前までに、自主的にコンサートを開く決心をしたり、 ルームシャアしてた、中村真美(夏帆)が結婚の為、引っ越して行き、ガランとした部屋に取り残されたり、 神代広平(福山雅治)は...

ラヴソング #08

『君とキスをした夜』

ラヴソング〜第8話★海辺で・・・

ラヴソング〜第8話 第8話の視聴率は、前回からちょっと持ち直して7.4% しかしまだ、全話平均で月9史上最低視聴率(全10話で9.71%)に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』をも下回るペースだから決して喜んでは居られない低空飛行。 第1話 10.6%→第2話 9.1%→第3話 9.4%→第4話 8.5%→第5話 8.4%→第6話 6.8%→第7話 6.8%→...

ラヴソング 第8話

神代(福山雅治)は、シェリル(レオラ)への楽曲提供の相談を、弦巻(大谷亮平)たちレコード会社のスタッフと始めます。 しかし、相手側はすごく態度悪いですね・・・ 肝心のシェリルは多忙とのことで顔も出さないし・・・ 一方、さくら(藤原さくら)は、増村(田中哲司)から喉の精密検査の必要を告げられていました。 そんな中、真美(夏帆)は、空一(菅田将暉)に手伝ってもらっ...

今も昔の恋の中(福山雅治)悲しくなるのを抑えてライブ中(藤原さくら)

「恋」に障害はつきものである。 フィクションで「障害」をどう作るかは脚本家の腕の見せ所と言っても良い。 一般的に「年の差」は「障害」の一種であると言ってもいいだろう。 もちろん・・・愛があれば年の差なんて・・・という考え方も一般的なのである。 主人公を演じる福山雅治は実年齢が47歳である。 ヒロイン

ラヴソング 第8話

「君とキスをした夜」 内容弦巻(大谷亮平)と楽曲提供の話が進む、神代(福山雅治)スタッフとの打ち合わせをはじめる。 そのころ、増村(田中哲司)にのどを診てもらったさくら(藤原さくら)は、精密検査が必要だと知る。 そんななか、神代は、増村から、さくらの病...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR