ゆとりですがなにか (第7話・2016/5/29) 感想

ゆとりですがなにか

日テレ系・新日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』公式
第7話『恋人達の賞味期限』の感想。



野上(でんでん)の店の仕出し弁当で食中毒が発生。正和(岡田将生)は連絡が取れない山岸(太賀)に代わり、早川(手塚とおる)と共に店へと急ぐ。原因は店側にあったが、早川はあえて矢面に立つ方針を打ち出し、正和はその発想に驚く。そんな中、茜(安藤サクラ)が上京した父・重蔵(辻萬長)を店に連れてきた。茜は別れたことを告げておらず、正和も話を合わせるしかない。一方、「父の日参観」を控えた山路(松坂桃李)にも悩みが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

群像劇にならないギリギリ感が “本作らしさ”

演出家が第1,2,4,5話担当の水田伸生氏に戻り、また盛りだくさんの群像劇になった第7話。しかし、既にすべてのこれだけ多い人数の登場人物の個性が完全に描き分けられている脚本と絶妙な編集で、ギリギリ正和(岡田将生)を中心に物語が回っているって感じ。いや、そのギリギリ感が “本作らしさ” なのだ。

正和と茜の生々しさがいい感じ

今回も正和(岡田将生)と茜(安藤サクラ)の生々しさがいい感じだ。茜ちゃんやまーちんがしっかりと描かれていて、全体のストーリーをきっちりとけん引してる。だからこそ、脇役たちも生々しく見える。なのに、どこかテレビの中の物語としての客観性が担保されていて、不思議なドラマだと思う。

あとがき

この、“ながら視聴” が出来ない目まぐるしく展開する内容もさることながら、今回を観て強く感じたのは脚本の宮藤官九郎さんが昭和の名作ドラマ『ふぞろいの林檎たち』にオマージュを感じて本作を書いているような雰囲気だ。

豪華で個性的な俳優陣に、個性の強力なキャラを演じさせて、人と人を複雑に絡めて時代を切り取り描く脚本家・山田太一氏の作風。あのドラマの主人公・仲手川良雄(中井貴一)の実家も酒屋だった。私は『ふぞろいの林檎たち』世代より少し下だが、もしかして本作は『平成版・ふぞろいの林檎たち」なのかもしれません。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 日曜ドラマ ドラマ「ゆとりですがなにか」 オリジナル・サウンドトラック
不可能可能化 感覚ピエロ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8505/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438416927.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆとりですがなにか「恋人達の賞味期限」

坂間正和(岡田将生)の営業時代の得意先な、仕入れ弁当屋で食中毒事件が発生 なんと、仕入先がダブルになった関係。冷蔵庫に入りきらず、食品管理の悪さから、問題発生したみたいです。 “伝説の営業マン”という、上司・早川(手塚とおる)の指揮のもと、奔走して危機を救おうとしますが、謝罪会見が、かなりコミカルでしたね。 道上まりぶ(柳楽優弥)は、正和の妹・ゆとり(島崎遥香)と別れる約束...

耳も心もですがなにか(岡田将生)植木職人ですがなにか(柳楽優弥)標的ですがなにか(松坂桃李)アルバイトですがなにか(吉岡里帆)冒険の時間ですがなにか(島崎遥香)性欲旺盛ですがなにか(石橋けい)休憩ですがなにか(安

自分を信じることができないのは恐ろしいことである。 たとえば・・・外見に自信がないと・・・被害妄想はとめどなくひろがる。 「彼が自分を愛してくれていること」へのとめどない拘り・・・。 「結婚しようと言うけれど・・・それは私への愛ではなくて・・・世間体を考えてのことではないか」 「私の他には何もいらな

「ゆとりですがなにか」~7 ☆☆☆☆

やったー!ついに山岸が痛い目みたぞ! パワハラ訴訟こそ示談で終わったものの、あっちが営業で主人公坂間は現場のまま。更に下の新人も入って、自然と山岸も先輩ぶって仕事でき ...

コメント

みっきーさん、こんばんは。

〉正和(岡田将生)と茜(安藤サクラ)の生々しさがいい感じ
そうですね。
僕はあまり映画を観ないので、安藤サクラさんがガッツリ演技している姿を観たことがありませんでした。
今回は特に彼女の演技に魅了されました。
申し訳ないのですが、ルックスを超えた「女子のチャーミングさ」を感じました。

〉個性的な俳優陣に、個性の強力なキャラを演じさせて、人と人を複雑に絡めて時代を切り取り描く脚本家・山田太一氏の作風
〉もしかして本作は『平成版・ふぞろいの林檎たち」なのかもしれません
言われてみればなるほどな視点です!
以前岡田惠和さんも『ふぞろい~』をリスペクトして描いたドラマ(確か『彼女たちの時代』)がありましたが、そちらはかなり「山田太一さん風」なテイストの印象が強くて、
でも今作はそれを超えたものが「確立」されている、そんな印象です。
  • 2016-05-30│19:25 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

岡田惠和さん脚本の『彼女たちの時代』は、
3人の演出家の1人が、脚本家の山田太一さんの実娘・石坂理江子さんと言う
いわば、バリバリのリスペクト作品。

本作は、何となくテイストが似てるなって感じで、
もしクドカンがリスペクトしているなら、アレンジも上手いと思います。
  • 2016-05-30│20:28 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR