グッドパートナー 無敵の弁護士 (第5話・2016/5/19) 感想

グッドパートナー 無敵の弁護士

テレビ朝日系・木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』公式
第5話『許さない!最低男に謝罪要求!!』の感想。


顧問先の総合病院でセクハラ問題が勃発。咲坂(竹野内豊)は事務長の葛原(小林隆)から、セクハラ常習犯の外科部長・厚木(神尾佑)のせいで何人ものナースが辞めさせられてきたと聞く。エースドクターの厚木を優遇する院長・桂(佐渡稔)の方針らしい。今回、新人ナースの奈緒(逢沢りな)から厚木のセクハラについて訴えを受けた葛原は、何とか穏便に解決したいと咲坂に相談。話を聞いた佳恵(松雪泰子)は、咲坂に任せておけず…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も、「咲坂=男前」ネタかと思いきや…

序盤の、病院の会議で咲坂(竹野内豊)がセクハラ事例をすることで、医師からやっかみのように「(咲坂が)男前すぎて、例えにならない」と言う、ここ数話の本作の唯一の見どころ的な「咲坂=男前」ネタで始まった第5話。今回もこのくだりで推していくのかと思いきや…

ついに咲坂と佳恵のグッドパートナーが観られた

今回の脚本の捻りが効いているのは、セクハラ事案だから、咲坂のパートナーに佳恵(松雪泰子)を付けて活躍させると言う単純な「男と女」と言う対比に咲坂と佳恵をしなかったことだ。咲坂は「娘を持つ父」として “恥ずかしくない父親” を事務長の葛原(小林隆)に解き、一方の佳恵は「資格を持つ働く女性」として “プロのプライド” を看護師らと共有した。

これによって、ついに咲坂と佳恵のグッドパートナー関係を観ることが出来た。こう言うのが観たかったのだ。神宮寺法律事務所の男性陣が若干セクハラ寄りなのは気になるところだが、全体的に「男と女」を扱ったドラマだから、許容範囲。とにかく、今回はテーマの選択、役柄の捻りが効いたドラマで面白かった。

あとがき

弁護士ドラマとしては、かなり面白い仕上がりだったと思います。ただ、少し残念なのは、結果的に咲坂は「男前」しか活躍する場がなく、美味しいところは佳恵が持って行ったこと。まあ、そう言うストーリーなのだが、やはり2人を対等に活かしてこそ、本作らしさが盛り上がると思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(初回生産限定盤)(DVD付)
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8467/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/438105783.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッドパートナー 無敵の弁護士 第5話

咲坂(竹野内豊)は顧問を務める桂総合病院の依頼で、セクハラに関する講習会を行います。 そんな中、咲坂は病院の事務長・葛原(小林隆)から相談を受けます。 新人看護師・奈緒(逢沢りな)が、外科部長・厚木(神尾佑)からのセクハラ被害を訴えて来たと言います。 厚木のセクハラ問題は今回に始まったことではなく、病院はこれまでに何度も、看護師が辞めるという形で事態の収束を図って来たようで...

グッドパートナー 無敵の弁護士 #05

『許さない!最低男に謝罪要求!!』

グッドパートナー 無敵の弁護士「許さない!最低男に謝罪要求!!」

今回は、桂総合病院からのセクハラ問題。 手術の腕は抜群な、エース医だけど、日頃の素行が問題な、外科部長の厚木義忠(神尾佑)が問題だったみたいですね。 新人看護師の桜井奈緒(逢沢りな)が被害にあい、セクハラおよびパワハラにも遭ってました。でも、それは、かなり以前からの問題だったみたいで、多くの看護師が被害に。 でも、講習会を依頼された咲坂健人(竹野内 豊)が実演しても、全然、...

私はただ女に男を立ててもらいたいだけ(竹野内豊)誰が立たせるか(松雪泰子)前世紀の川の話ですね(賀来賢人)

看護師のことをナースと呼ぶのはセクハラじゃないのか。 ギリギリセーフなんじゃないか。 ナースって性的な凌辱用語じゃないのかよ。 おいっ。それはお前だけだ。 ナースと聞いただけで萌えるのは犯罪じゃないですよね。 ただ・・・少し変態なだけだ。 ああ・・・よかった。 よくはないけどね。 で、『グッドパート

グッドパートナー無敵の弁護士 第5話

「許さない!最低男に謝罪要求!!」 内容顧問先の病院で、セクハラについての研修会を行った咲坂(竹野内豊)大事なことは女性の気持ちになって考えることだと。無事に終了したのだが、事務長の葛原正(小林隆)の様子が気になる咲坂。 後日、咲坂が、葛原に尋ねると。新...

コメント

みっきーさん、こんにちは。

>ついに咲坂と佳恵のグッドパートナー関係を観ることが出来た
ちょうど暇な時間帯(?)だったので、結局観ました(^_^;)
前回みっきーさんがご指摘された「仕事上でのパートナー」になりましたね!
やっぱりこの方が展開は面白くなりますね。

ただ僕は、今回の案件=セクハラ問題の「解決」に対しては「スッキリ感」がありませんでした。
もう一歩「踏み込んだ」解決にならないと、その他大勢のドラマと変わりません…。

あと役名の無いナース達への「演技指導or演出」をどうにかしてほしかったです。
セクハラ被害にあった、または見てきた「当事者」感が足りないと思うんです。
相変わらず日本のドラマはこういう対処がヘタです…。

来週は…時間があったら観ます(^_^;)
  • 2016-05-21│15:19 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

劇中の病院がどの程度の病院か知りませんが、
教授回診みたいなのも、医師のセクハラも
それなりの規模の病院では、過去の遺物だと思うんです。

その意味で、今回の案件自体がフィクション過ぎました。
セクハラを受けて、病院を変えて静かに暮らしているのに
また、大騒ぎするナースなんていますかね。

今回で良かったのは、咲坂と佳恵のグッドパートナーになったことです。
案件については、私も記事には一切触れませんでした。
そう言うことです。
  • 2016-05-21│21:18 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR