とと姉ちゃん (第36回・5/14) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第36回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


川に飛び込み、溺れる美子(根岸姫奈)を間一髪で助けた常子(高畑充希)。居場所がなかったと告白する美子に、常子たちは謝る。ふとしたことから百人一首をすることになり、常子はかつて父・竹蔵(西島秀俊)と遊んだ記憶を思い出していると、隈井(片岡鶴太郎)が、君子(木村多江)の名は別の札から取ったのだと告げる。それは、滝子(大地真央)が自分の命を賭してでも我が子を産みたいという深い愛情が込められた句だった…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンタイトルも工夫がないし…

なぜ、アバンタイトルが前回の川に落ちた美子(根岸姫奈)を助けた常子(高畑充希)のシーンだったのだろう。確かに、前回を観ていない視聴者のためと言う理由付けはあるにせよ、助け出したシーンだけと言うのは、何か安直な感じ…

君子が、かるた1枚で心を入れ替えるのは雑過ぎる

そして、相変わらず前回の騒動を全く引き継ぐことなく、百人一首。そして、『常子、竹蔵の思いを知る』とどう関連があるのか、君子(木村多江)の名前の由来の話。音楽で感動的に描いてはいるが、かるた1枚で心を入れ替える君子もあまりに雑過ぎる。

それにしても、家族揃ってのかるたはホームドラマとしては微笑ましいが、なぜ美子が生死を彷徨うような “出来事” のあとに描くのか?それに、学費を援助して貰う子どもたちが礼の1つも言わないなんて…

ととの気持ちが詰まった手紙を渡して "とと" になる?

そして、なぜか森田屋の卵焼きの味の件も何となく解決。そして、どうでもいい青柳商店と森田屋の確執は話。まあ、もうどうでもいいや。

そして、驚いたのは、今回の一連の常子の活躍が「常子、ついに “とと姉ちゃん” になる」と言う話だったこと。だって、主題歌が流れたから。そして、これが少女時代の最後と語られたから。結局、“とと” がどんな人物だったのか「手紙」の存在だけで描き、それを祖母から母に渡しただけ。

結果的に、祖母と母の仲裁をしたのは “とと” の代わりだし、学費援助を勝ち取ったのも経済的に “とと” の代わりとして活躍したことになるが、本当にこう言うことが “とと姉ちゃん” になることなのか、ますます疑問が深まった。

あとがき

もう、森田屋での騒動はどうでも良いので、早々に「暮しの手帖」の話に進んで欲しいです。今のところ、常子の経験が「暮しの手帖」創刊に結び付く気配は全くありませんから、そこをきちんと描いた上でと言う条件付きですが。それにしても、第6週を終えても、大橋鎭子さんがモチーフの朝ドラには見えません。次週に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説 『 あさが来た 』 玉木宏 白岡新次郎と生きた軌跡
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8442/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437857578.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29 30
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』
31 32 33 34 35

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最終回?>『とと姉ちゃん』第36話

以前、知人に聞いた知人の知人の話 茶の湯か何かの師匠の息子と結婚したため お上品な家柄に必死で合わせ様として やはり何にでも「お」を付けていたんだそうな 遂には「ご飯」にまで「お」を付けて 「おご飯」 と言っていたそうな …気の毒だけれども笑ってしまった(^^;) それに比べたら 「おたまご」なんて 笑う程のことでもない つーか 普通に使ってい...

最終回?>『とと姉ちゃん』第36話

以前、知人に聞いた知人の知人の話茶の湯か何かの師匠の息子と結婚したためお上品な家柄に必死で合わせ様としてやはり何にでも「お」を付けていたんだそうな遂には「ご飯」にまで「...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第36回 感想

川に飛び込み、溺れる美子(根岸姫奈)を間一髪で助けた常子(高畑充希)。 居場所がなかったと告白する美子に、常子たちは謝る。 ふとしたことから百人一首をすることになり、常子はかつて父・竹蔵(西島秀俊)と遊んだ記憶を思い出していると、隈井(片岡鶴太郎)が、君子(木村多江)の名は別の札から取ったのだと告げる。 それは、滝子(大地真央)が自分の命を賭してでも我が子を産みたいという深い愛情が込め...

とと姉ちゃん第6週 & トットてれび第3話(5.9-14)

・とと姉ちゃん第6週 常子(高畑充希)たちの学費を負担していたのが 祖母滝子(大地真央)だと発覚し、 更に険悪になる母君子@木村多江と滝子、 だが父の遺した手紙と溺れた妹への対応が関係を修復させたと。 もう飲まないと誓った酒を見つめただけで、 きっと酒を飲んで、秘密を暴露するんだなと想像させる 片岡鶴太郎さんの存在感がよかった。 しかし、この作品、へっぽこな男ばかりだな(苦笑) ・トット...

【とと姉ちゃん】第6週(5/9~5/14)感想と第5週視聴率

今週は突っ込みだらけでした(^^;) 浜松でお世話になった杉野社長(田山涼成)が

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR