グッドパートナー 無敵の弁護士 (第4話・2016/5/12) 感想

グッドパートナー 無敵の弁護士

テレビ朝日系・木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』公式
第4話『ぶっ壊す!因縁の親子バトル!!』の感想。


取引先である「鳥飼シューズ」で‘お家騒動’が勃発。会長に退いた創業者の健三(竜雷太)が、2代目社長の息子・孝太郎(矢柴俊博)を解任し、社長に復帰すると言い出したのだ。一方の孝太郎も、健三を解任するつもりだ。このままでは混乱に乗じて他社に買収されかねない。咲坂(竹野内豊)は所長の神宮寺(國村隼)から、両者を仲直りさせるよう指示される。しかし、咲坂が提案した和解案は2人に一蹴されてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ、佳恵を咲坂の仕事上の“パートナー”にしないの?

元夫婦が互いを仕事上の “グッドパートナー” として支え助け合い、クライアントの “グッドパートナー” にもなると言う期待通りの秀逸な第1話から、回を重ねる毎に期待ハズレな仕上がりになっている本作。なぜ、佳恵(松雪泰子)を咲坂(竹野内豊)の仕事上の “グッドパートナー” に描かないのだろう。

チームワークの話、弁護士ドラマとしては面白い

確かに、九十九(大倉孝二)の妬みや赤星(山崎育三郎)の入院、そして、猫田(杉本哲太)の婚活などのエピソードも上手く取り入れつつ、神宮寺法律事務所オールメンバーで再び勝ち取った企業顧問の座と言う、チームワークの話としても良く出来ている。

案件は、あの大塚家具のお家騒動であるのは間違いないが、咲坂らしい普通とは違う角度からの作戦で、見事に解決まで導いた弁護士ドラマとしても面白い。更に、「鳥飼シューズの父と息子」と「咲坂、佳恵、みずき(松風理咲)」の “お家騒動” を重ねたのも、若干無理があっても悪いとは思わない。

佳恵が弁護士である必然性が乏し過ぎる

全体的に面白いとは思うのだが、やはり前述したことが気になってしょうがない。正直、本作にとって佳恵の存在理由が、咲坂の元妻とみずきの母と言う部分しかない。弁護士であり咲坂の仕事上のパートナーと言う部分は明らかに欠落している。

記者会見の練習の場での佳恵の台詞も、もっと「親子関係」に踏み込んだ台詞ならともかく、あの程度の内容であれば、神宮寺(國村隼)が後方支援しても良いし、猫田(杉本哲太)でも十分可能だ。むしろ、最後のオイシイところだけ佳恵に言わせたことで、陳腐さが漂ったのが残念。

あとがき

何とかしてでも、佳恵を咲坂の仕事上のパートナーと言う部分をがっつりと描いて貰うしかないです。そのためには、もっと咲坂と佳恵が一緒に案件に取り組むなりの描写も必要。現状では、佳恵が弁護士で無い方が自然に見えます。それでは元も子もないのです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(初回生産限定盤)(DVD付)
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8438/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437824121.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッドパートナー 無敵の弁護士「ぶっ壊す!因縁の親子バトル!!」

今回は、顧問先であるビジネスシューズメーカーの『鳥飼シューズ』のお家相談… 要は会社を巻き込んだ、親子喧嘩ですね。 創業者である会長の鳥飼健三(竜雷太)の、保守的な考え方に対し 息子で現社長の鳥飼孝太郎(矢柴俊博)は飲食業や結婚式事業などにも参入し、会社の拡大をはかろうとします。 しかし、バブル時代の幾多の会社が手を広げすぎて失敗した例を見てきた健三には、孝太郎の方針に賛同...

グッドパートナー 無敵の弁護士 第4話

咲坂(竹野内豊)のいる神宮寺法律事務所では、顧問先の鳥飼シューズから相談を受けることになります。 保守的な考え方の創業者・鳥飼健三(竜雷太)と息子である元社長・鳥飼孝太郎(矢柴俊博)が経営方針を巡って対立していると言います。 本業をしっかりやって行ってほしい健三と、飲食業など異業種に参入して業績を上げて行こうとしている孝太郎との溝は深いです。 健三は神宮寺(國村隼)に、孝太...

グッドパートナー 無敵の弁護士 #04

『ぶっ壊す!因縁の親子バトル!!』

一番大切な人を傷つけている男(竹野内豊)一番大切な人を傷つけている女(松雪泰子)よくある話です(岡本あずさ)

これは・・・ある意味・・・「アイムホーム」の再構築のような気がしてきた。 多くの人がとりあえず・・・結婚式で永遠の愛を誓う。 ところが・・・その「永遠の約束」を果たさない人もいる。 夫婦の共同作業によって・・・「愛の結晶」までこの世に生み出しながら・・・個人的な事情で契約は破棄される。 とんでもない

グッドパートナー無敵の弁護士 第4話

「ぶっ壊す!因縁の親子バトル!!」 内容神宮寺(國村隼)のもとを鳥飼シューズ会長・健三(竜雷太)が訪ねていた。異業種に進出しようとしている社長である息子・孝太郎(矢柴俊博)を解任するつもりだという。 一方、咲坂(竹野内豊)のもとには、孝太郎が訪ねていた。...

コメント

みっきーさん、こんばんは。

挽回を期待していたのですが、徐々に悪くなっていますね…
>なぜ、佳恵を咲坂の仕事上の“パートナー”にしないの?
>佳恵が弁護士である必然性が乏し過ぎる
…ですよね(>_<)

ナンカ、値段だけ高くとってツマラナイ舞台演劇を見せられている気分、になってしまいました…。

たぶんもう変わりようが無いんじゃないかと…。
(それにしても相変わらず「猫田イラネー!」と思ってしまう)

視聴継続、中止にするかも、しれません…
  • 2016-05-13│20:41 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

タイトルが『グッドパートナー』で元夫婦だから困るんです。
ただの同僚同士なら何とか納得できるんです。

巻き返し、難しいですかね。
  • 2016-05-13│20:52 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR