99.9‐刑事専門弁護士‐ (第4話・2016/5/8) 感想

99.9‐刑事専門弁護士‐

TBS系・日曜劇場『99.9‐刑事専門弁護士‐』公式
第4話『永遠に証明できない無実!!逆転の一手は』の感想。


会社員・菊池(板尾創路)が、元同僚・井原(ハマカワフミエ)への強制わいせつの容疑で逮捕された。意欲満々の佐田(香川照之)は、深山(松本潤)たちに無罪の証拠を急いで見つけろと指示を出す。実は、菊池は自然エネルギーの分野における世界的な研究者で、佐田は大きなビジネスになると踏んでいたのだ。そんな中、菊池の会社の社長・鵜堂(升毅)が斑目(岸部一徳)と佐田の前に現れ、今回の事件を示談で収めるよう依頼する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

本作は「事件」の面白さを見るドラマで無いのだ

冒頭のバーでのシーンで、会社員・菊池(板尾創路)が元同僚・井原(ハマカワフミエ)を口説いているシーンが無いのに、その後の深山(松本潤)たちの捜査で店長が菊池の口説いた文言をきちんと再現した段階で、どう見ても店長が一枚絡んでるのが分かっちゃうのはダメでしょ。

そして、一事不再理の案件を「美人局」を理由に逆に控訴するってのも、特に深山の敏腕さを物語るほどのものではない。そして、菊池がタクシーのルーフウインカーを見て「緑色のタクシー」の記憶を取り戻したのも偶然。結局、大勢で聞き込みした結果と言えばそうだが、何かもやもやする

ただ、これまでの本作を見ても、トリック自体はすごく稚拙だし、事件そのものも決して複雑で無い。捜査や解決に至るまでの過程も、毎回同じ。だから、本作はそう言う「事件」の面白さを期待するドラマではないと思う。と言うか、第3話を観た後にそう決めた。なぜなら、そこ以外が面白いからだ。

深山と佐田が「いいコンビ」になってる

結局、探偵でも出来そうな調査(捜査)だが、30分過ぎにもやもやが何とか整理され、斑目法律事務所の所長・斑目春彦 (岸部一徳) が連呼する「コンビ」として、佐田(香川照之)本人と斑目所長が動き出してから面白くなった。特に、深山と佐田の違いが明瞭で、結果的に「いいコンビ」になっている。

深山を魅力的に見せようとする空気感が気持ち良い

また、今回秀逸だったのは、究極の “佐田コンプレックス” を持つ企業法務担当弁護士の志賀(藤本隆宏)を解決のくだりに絡めたこと。別に登場させなくても良いのに、志賀が謎解きの過程に加わったことで、その後の佐田らが所属する「刑事専門ルーム」が、菊池の会社の社長・鵜堂(升毅)を落とす話に真実味が出た。

そして、終盤の斑目法律事務所・マネージングパートナー・所長の斑目春彦(岸部一徳)との会話劇もとても良かった。やはり、本作は事件の複雑さよりも、斑目法律事務所のチームワークを見るべきだし、深山を魅力的に見せようとする空気感が気持ち良いし、それが本作の見所でもあると思う。

あとがき

個人的に、一番のツボにハマったのが、深山が事件の真相に閃いた時に言うこの台詞、 「時間がオーバークミコ」と言っていたオチが、終盤の菊池社長の秘書役に大場久美子さんが配役されていると言うネタが良かった。私の中学生時代の(古い!?)永遠のアイドルだから(苦笑)

松本潤さんが、恋バナのドラマに関わっていないだけに新鮮な本作。「王子さま」でない “松潤” はすごく新鮮ですし、不思議で知的な雰囲気を持つ、魅惑的なキャラクターが合っていると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
「99.9 -刑事専門弁護士-」 深山コスチュームベア (ブルブルボールチェーン)/ブラウン オリジナルグッズ
「99.9 -刑事専門弁護士-」 深山コスチュームベア (ブルブルボールチェーン)/ホワイト オリジナルグッズ
I seek / Daylight(初回限定盤1)(DVD付) / 嵐
【BlackParade】 裁判コスプレ 弁護士 裁判官 検事 バッジ + オリジナル小箱 撮影用 小道具 (検事)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8423/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437671769.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

99.9 -刑事専門弁護士-「永遠に証明できない無実!!逆転の一手は」

今回は、痴漢というか、強制わいせつの冤罪を晴らすオハナシ 周防監督の「それでもボクはやってない」じゃないけれど、すごく立証が難しいジャンル、ですよね。 菊池 (板尾創路) が、仕事の元同僚である 井原宏子 (ハマカワフミエ) への強制わいせつの罪で告訴され、弁護を依頼 でも、実は 井原宏子は、バーの店長・根元勇(淵上泰史)と恋人関係で、井原が、彼と共謀して。菊池をハメ、彼...

99.9-刑事専門弁護士- 第4話

深山(松本潤)たちは、太陽光発電に関する世界的発明者の菊池(板尾創路)が、職場の元同僚・宏子(ハマカワフミエ)への強制わいせつ罪で告訴されて、弁護を依頼して来た件を担当します。 菊池は強く無罪を主張しますが、この手の事件は当事者の証言以外に証拠が乏しいために、潔白を証明するのは難しいです。 そんな中、菊池の勤める光学研究所の社長・鵜堂(升毅)が、会社で示談金を準備させてほしい...

99.9―刑事専門弁護士― #04

『永遠に証明できない無実!!逆転の一手は』

「99.9 刑事専門弁護士」4 ☆☆☆

痴漢で示談、しかし真実は美人局を操る黒幕がいた!やっと本作向きの事件です。酔って触ったのなんの、元から小さな事件な上に自ら示談=有罪と認めちゃったら、加害者とされた菊 ...

日曜劇場『99.9−刑事専門弁護士−』第4話

「永遠に証明できない無実!!逆転の一手は」 内容拘置所で、菊池章雄(板尾創路)から話を聞く深山(松本潤)佐田(香川照之)光学に関するシンポジウムに出席。その会場で、元同僚の井原宏子(ハマカワフミエ)と再会したのだという。2人で食事をし、バーで飲み、帰ろう...

「99.9−刑事専門弁護士−」事件の真実4痴漢事件で1度示談してしまった男性の潔白が判明し冤罪事件として告訴する事で深山たちは男性の無罪を勝ち取った

「99.9−刑事専門弁護士−」第4話は痴漢で現行犯逮捕された研究者を弁護する事になった深山たちは状況証拠を探すために色々と再現する事にしたが、痴漢された女性は男をおんぶした ...

コメント

みっきーさん、こんにちは。

今回は所長&志賀も加わって「チームワーク」がデカくなりましたね。
(でも所長&志賀は、バーの店長を落とすための「強面要員」だった訳ですが 笑)

>なぜなら、そこ以外が面白いからだ。
ここ数回は「犯人が判りやすいキャスティング」というのもあって、謎解きを楽しむ作品では無いですね。
>秘書役に大場久美子さん
佐田だけがビックリしていて面白かったです(笑)

深山の「過去」に関することが最終回に向かって「メインの話」になってくるのでしょうが、
個人的には、毎回の謎解きを楽しみたい!という欲求が捨てられません…(>_<)
  • 2016-05-09│12:02 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

私も、謎解き部分を楽しみたいのですが、もうダメでしょうね。
俳優さんたちの名演技を楽しみましょう(涙)
  • 2016-05-09│16:57 |
  • みっきー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR