とと姉ちゃん (第30回・5/7) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第5週『常子、新種を発見する』『第30回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


キノコ騒動の傍らで、星野(坂口健太郎)は新発見となる植物を見つける。常子(高畑充希)たちも喜び、祝賀会を企てる。しかし翌日、鞠子(相楽樹)が既に発見された記事がある古新聞を見つけてしまう。星野以外全員が知っている事実をどう伝えるべきか。両親に恩返しができると喜ぶ星野に、誰も言い出せない。そんな時、星野がこぼしてしまったお茶を拭こうと、焦った長谷川(浜野謙太)がその記事が載る古新聞を使ってしまい…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

せめて、演出にはもっと頑張って欲しい…

今日こそはと観てみたが、アバンタイトルでのあの前回のシーンから今回の話に繋がる編集の場面転換が横ワイプって、流石に手抜きを感じるし、まるで再現ドラマみたい。情景カットで良いから1カット入れたら良かったのに。まあ、星野(坂口健太郎)が帰っていくのが朝焼けにしか見えない夕景だから、期待薄かも知れないが…

星野が新聞発表を知らないのは、不自然過ぎないか?

そもそも、あれだけ「新種発見」に躍起になり常に何かノートまで持ち歩いていた星野が、新聞発表されている情報を見逃していると言う設定が不自然極まりない。従って、前回の発見するくだらはともかく、今回の話は不自然の上に無理矢理に乗せたエピソードだから、流石に素直に笑えなかった。

その上、「祝ってあげよう」とか「知らぬが仏」とか散々な言い様で。よーく考えても、常子(高畑充希)たちが真実を隠す必然性が無いから、単なる引き延ばしに見えないまま前半終了…

常子が味噌汁作りの画を、手抜きしなかったのは大正解

そして、ヒロインが家主の台所を借用して手柄をあげる、久しぶりの『まれ』的なエピソード。「まれ」との違いは、ヒロインが豆腐を切って味見までしたこと。やらないよりはやるに越したことはない程度だが、朝ドラにこう言う “積み重ね” が大切だ。

“積み重ね” がないのが、悔やまれる

ただ、惜しいのは、こう言う話に持っていきたいなら、もっと前から「ごはんをしっかり食べて元気でいることが大事」と言うのを “とと” の口癖にでもして、それこそ “積み重ね” ておくべきだった。それがないから、滝子の「常子の将来話」と同じで、唐突な「差し出がましい話」になってしまう。

今週は『常子、赤だしの味噌汁を作る』で良かったのに…

とにかく、今回の『常子、赤だしの味噌汁を作る』を上手く描か(け?)なかったのは痛い。やり方次第で『暮らしの手帖』へも繋がるエピソードになったのは間違いないと思う。

結局、終盤で君子(木村多江)が言った「おいしいものを食べると元気が出るのよ」に帰着させるには、あまりにもお粗末だし、最後にぽっと出の赤だしの味噌汁1杯で、君子と滝子(大地真央)のヒロインの祖母と母の母子関係にまで紐付きにするのは、欲張り過ぎではないだろうか?

あとがき

これの何処がヒロイン常子の、小橋家の、物語なんでしょうか。私には『森田屋の住人たちのドタバタ奮闘記』に見えています。少し前の朝ドラらしいですし、ホームドラマとしては悪くないと思います。ただ、私が期待した『とと姉ちゃん』ではありません。なので、次週に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説 『 あさが来た 』 玉木宏 白岡新次郎と生きた軌跡
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック (洋泉社MOOK)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8419/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437622681.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん 第30回

内容星野(坂口健太郎)の見つけた植物が、すでに見つかっていたことを。新聞で見つけた鞠子(相楽樹)は、それを常子(高畑充希)たちに伝える。祝いの席を準備していた“森田屋”の面々は、困り果ててしまう。常子が、伝えようとするのだが。。。。。 敬称略...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第30回 感想

キノコ騒動の傍らで、星野(坂口健太郎)は新発見となる植物を見つける。 常子(高畑充希)たちも喜び、祝賀会を企てる。しかし翌日、鞠子(相楽樹)が既に発見された記事がある古新聞を見つけてしまう。 星野以外全員が知っている事実をどう伝えるべきか。 両親に恩返しができると喜ぶ星野に、誰も言い出せない。 そんな時、星野がこぼしてしまったお茶を拭こうと、焦った長谷川(浜野謙太)がその記事が載る古...

味噌汁>『とと姉ちゃん』第30話

森田屋の人々って実は良い人達でした!というカミングアウトの後はもうすっかり常子の侍従状態…と思ってたけど常子のお相手役&数少ないイケメン枠(と思われる)星野さんに...

味噌汁>『とと姉ちゃん』第30話

森田屋の人々って 実は良い人達でした! というカミングアウトの後は もうすっかり常子の侍従状態 …と思ってたけど 常子のお相手役&数少ないイケメン枠 (と思われる)星野さんに対して 先日は自分達の方から食事に誘いながら タケノコの煮物(&漬物)しか出さず 今日は祝い膳を用意していたハズなのに 味噌汁(&漬物)しか出さない …っ...

【とと姉ちゃん】第5週(5/2~5/7)感想と第4週視聴率最高♪

第4週(4/25~4/30)「常子、編入試験に挑む」の週間最高視聴率は、関東24

とと姉ちゃん第5週 & トットてれび第2話(5.2-7)

・とと姉ちゃん第5週 鞠子(相楽樹)の制服が消失、やがて見つかったものの生地が破れており、 青柳家に忍び込み、ミシンで修繕しようとする小橋常子(高畑充希)、 常子に気づいた祖母滝子(大地真央)はミシンの使用を許し、 常子にどんな将来を考えているのか尋ねる。 一方、帝大生星野(坂口健太郎)に新種のキノコを教えた常子だったが、 後になってそのキノコが既に発見されていたことを知り、大騒動となる。 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR