重版出来! (第4話・2016/5/3) 感想

ダメな私に恋してください

TBS系・火曜ドラマ『重版出来!』公式
第4話『目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告』の感想。
なお、原作:松田奈緒子「重版出来!」は未読。


漫画家を目指す新人が編集部に原稿を持参し、編集者に見てもらう「持ち込み」。五百旗頭(オダギリジョー)の下で持ち込みへの対応を学んだ心(黒木華)は、独り立ちを許され、新人発掘に意気込む。そんな折、バイブスは「漫画同人誌即売会」会場で‘出張マンガ編集部’を開催。心はそこで、絵は下手だが個性的で引き込まれる作品の中田(永山絢斗)と、完成度の高い画力を誇る就職活動中の女子大生・絹(高月彩良)と出会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

成田メロンヌの笑顔と壬生の涙で魅せた、2人の時間

大人気で満面の笑みの成田メロンヌ(要潤)を再登場させて、壬生(荒川良々)の涙だけで、その後の2人の関係がどうであったかを魅せる。こう言うのが映像的表現だし、時間経過のお手本でもあるし、そして何より視聴者にとっては連ドラの醍醐味だと思う。

群像劇として丁寧に仕上げた秀作

物語は心(黒木華)が新人漫画家発掘に格闘する姿を中心に、編集部の面々のそれぞれの漫画や漫画家への違いを描きつつ、漫画家たちの悩みや自信を全体に散りばめて、いつも通りのスポ根テイストのガッツあるドラマに、恋バナ風の一期一会なセンチメンタルも部分も入れて、群像劇として丁寧に仕上げた秀作だと思う。

もう少し「時間経過」を解かり易く描いたら、もっと良い

1つだけ残念なのは、時間経過が解かり難いこと。テロップで入るのは解かり易いが、そうでない部分で、何か月経過したのか解かり難いところがある。本作の面白さは、心のすぐ動く実行力とへこたれない根性。

それがどう「即」行われて、どれだけの「時間」で結果が出たのか、テロップでも良いから、明確に示したらもっともっと面白くなると思う。だって、連載漫画は時間との戦いだし、それを描いてこその漫画出版業界のドラマだと思う。

あとがき

安心して観ていられます。楽しいし、観た後にちゃんと元気ももらえるし、次週も気になります。連ドラとしてホント丁寧に真面目に作られていると思います。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 火曜ドラマ「重版出来!」オリジナル・サウンドトラック
火曜ドラマ「重版出来!」主題歌「エコー」ユニコーン
重版出来! コミック 1-6巻セット (ビッグ コミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8405/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437502300.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重版出来! 第4話

心(黒木華)は、原稿持ち込み者の面接をする五百旗頭(オダギリジョー)から新人発掘の術を学びます。 その後、漫画同人誌の即売会を行うコミックバザールが開催されて、五百旗頭から人間観察力を認められた心も新人を発掘する機会を与えられました。 心は、新人作家を次々とヒットさせる安井(安田顕)から金の卵を探し当てる方法を聞き出そうとしますが、冷たくあしらわれて終わってしまいます。 会...

〇です(黒木華)○ですか(高月彩良)恋話じゃないってば(オダギリジョー)

趣味と実益を兼ねる・・・なんて甘い響きだろう。 まあ・・・お金儲けの好きな人がお金儲けをする・・・みたいな。 キッドはお金儲けには興味がないので趣味に走るとどんどんお金がなくなって行くわけなのだが・・・。 好きなことを仕事にする・・・なんて甘い響きだろう。 たとえば・・・マンガを読むのが好きな人がマ

「重版出来!」 第4話 目指せ金の卵発掘! 新人ツブシに宣戦布告

 さて、今回は持ち込み見習い修業中の心(黒木華)と漫画家をめざす卵さんたち、そして今までベールに包まれていた編集者・安井(安田顕)の正体発覚!という話。  「持ち込み ...

重版出来! 第4話

「目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告」 内容その日、編集部では、田町幹夫、新橋タモツ、大塚翔。。。と原稿持ち込みの面接を心(黒木華)五百旗頭(オダギリジョー)が行っていた。五百旗頭から、新人の見抜き方の指導を受ける心。アドバイスを聞こうとした安井(...

重版出来!「目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告」

今回は、新人作家、発掘のお仕事。 心(黒木華)は、原稿持ち込み者の面接をするという五百旗頭(オダギリジョー)に付いて、新人発掘の術を学び コミックバザールの会場にも出向きました。 そこで出会ったのが、画力は衝撃的に酷いが、作品から異様な魅力を解き放つ中田伯(永山絢斗)と、画力が抜群に良いが自分の才能に自信を持てずにいる東江絹(高月彩良)。 中田と東江も勉強のため三蔵山...

重版出来! 第4話

公式サイト 漫画界に新風を吹き込むには、新人作家の発掘も重要な仕事。心(黒木華)

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR