ラヴソング (第4話・2016/5/2) 感想

ラヴソング

フジテレビ系・月9『ラヴソング』公式
第4話『物語は新展開へ!涙のキス」』の感想。



夏希(水野美紀)の部屋を出た神代(福山雅治)は、一人暮らしの部屋を借りる。増村(田中哲司)らと共に引っ越しを手伝った空一(菅田将暉)は、その後、「S」で開かれた慰労会に参加。そこで、神代と夏希が恋人同士ではないと知る。そんな中、ある女性が神代を訪ねてくる。一方、さくら(藤原さくら)はギターの練習に打ち込んでいた。神代への未練ではとからかう真美(夏帆)に、さくらは「一人でも歌えるようになりたい」と吐露する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「新展開」と言うより、「第2章」がしっくりくる…

サブタイトルに「新展開」とあるから、どうなるのかと思いきや、感覚的には「第2章へ」と言うべきだろう。特に、レコード会社「グリスターミュージック」の関係者がここまで食い込んで、更に次回への伏線張りまでやるとなると、「第2章」の方がしっくりくる。

さくらと神代の会話劇は、月9の恋バナ風で良い…

ただ、これまでの流れを考えると、私はしっくり来てるとは思えなかった。確かに、神代(福山雅治)とさくら(藤原さくら)の会話劇の部分は、吃音症の演技に慣れてきたせいもあって(慣れが大きいか?)、どことなくこれから互いが歩み寄っていくような雰囲気が出ていて、月9の恋バナ風で良いと思う。。

勿体ない。なぜ急に、軌道修正以上の進路変更するの?

しかし、気になるのは、第2章からグイッと神代を前に押し出して来たこと。これまでの神代はどちらかと言うと、吃音症と音楽についてはさくらを後方支援し、恋愛感情はさくらが一方的と言う描き方だった。

でも、今回は冒頭のベッドシーンから始まって、女子アナ登場の診察シーン、レコード会社関係者との会話など、まあ無駄話と言っては元子もないから、軌道修正とでも言っておくが、流石に修正と言う範囲を超えて進路変更と言った方が良いくらい。

折角、前回までで、さくらが音楽で自己改革をしようとし、それを助ける年上男性の神代と言う構図で、いろんな意味で良かっただけに、先が読めなくなった分だけ少々動揺してしまった。第2章で目的地が見えなくなったのは、ちょっと残念だ。

あとがき

さくらが歌を歌う、神代がギターを弾く、そんなシーンが無いだけで、本作の魅力がここまで違ってしまうんですね。どうやら知らぬ間に、レコード会社の水原(りょう)と同じように、佐野さくらの歌声に魅了されていたのかもしれません。

予告編によれば、さくらを神代と空一(菅田将暉)が奪い合いつつ、2人の男がさくらを音楽で成功させようと言う展開になるんですかね。取り敢えず、『ラヴソング』ですから、鼻歌でも良いので歌うシーンは入れて欲しいです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」オリジナルサウンドトラック
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」主題歌「soup」藤原さくら (初回限定盤)
フジテレビ系ドラマ月9「ラヴソング」主題歌「soup」藤原さくら


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8402/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437457377.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ラヴソング」心を開く愛歌4さくらは歌手デビューのチャンスを掴みかけるも空一の不祥事で話しは無くなり広平はもう一度チャンスをと行動を開始した

「ラヴソング」第4話はさくらに歌手のスカウトが来た。それは広平がかつて仕事をしたことのあるレコード会社だった。この話をさくらにするとさくらは喜んで一度話を聞く事にする ...

ラヴソング #04

『物語は新展開へ!涙のキス』

ラヴソング 第4話

部屋を借りることにした神代(福山雅治)は、増村(田中哲司)、星田(渋川清彦)、空一(菅田将暉)に引っ越しを手伝ってもらいます。 4人が笹(宇崎竜童)のライブハウスで慰労会をしていると、夏希(水野美紀)が神代の忘れ物を届けに来て合流します。 神代と夏希の関係を詮索する空一ですが、2人は恋愛関係を否定します。 納得出来ない空一に笹は「大人には男女の垣根を越えた関係もある」と告げ...

「ラヴソング」第4話 感想

 スカウトされ、神代と一緒にレコード会社の女性と面会するさくら。  この場面でさくらを見る神代はまるで保護者のようでした。(*^^*)  危なっかしいので付き添っているという優しい表情。  福山雅治、完全におじさんでした。  受けた~。(*^^*)  さくらの天真爛漫な振る舞いがたまらなく愛おしい。  恋愛じゃなくてお父さんだよ。

ラヴソング 第4話

「物語は新展開へ!涙のキス」 内容さくら(藤原さくら)のライブを終えたあと、神代(福山雅治)は、女性の家を転々とすることを辞め、部屋を借りる。昔の仲間・増村(田中哲司)星田(渋川清彦)と空一(菅田将暉)に引っ越しの手伝いをしてもらったあと、ライブハウス...

他人の気持ちなんてわからない(福山雅治)約束なんて破るためにあるのよ(夏帆)守るためじゃ(藤原さくら)

歌というものを嫌いな人がいる。 歌というものを好きな人がいる。 自分で歌うのは好きだが他人の歌を聴くのは嫌いだという人がいる。 そういう人がいると・・・ドラマでの歌のシーンはマイナス要素になってしまう。 人が自分の好きなことを追及するのはいい社会だと誰かが言う。 しかし・・・嫌いなものをいつか好きに

ラヴソング〜第4話★視聴率8.5%に下落

ラヴソング〜第3話 第4話でも”一桁視聴率”の8.5%。 ついに8%台に転落・・・。 月9史上最低視聴率に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第4話(8.9%)をも下回ってる。 福山雅治を起用しながら月9史上最低視聴率の汚名を被る事態も見えてきました。 −◆− スカウトされたさくら(藤原さくら)だったが、空一(菅田将暉)のトラブルに巻き込まれて面接に行...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR