グッドパートナー 無敵の弁護士 (第2話・2016/4/28) 感想

グッドパートナー 無敵の弁護士

テレビ朝日系・木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』公式
第2話『大逆転鍵は300枚の領収書』の感想。


咲坂(竹野内豊)の取引先企業が社員の小西(野間口徹)を解雇。営業マンとして3年契約で採用した小西だが、この1年で契約成立は1件もなく、経費だけ異常に使っていたという。だが、法律上はそれだけの理由で解雇することはできず、小西が雇った弁護士が不当解雇だと訴えてきた。咲坂が、小西の代理人の宮前(モロ師岡)と交渉中、なぜか佳恵(松雪泰子)が現れる。佳恵が手掛ける案件の相手の代理人も宮前だったのだ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第1話と違った "顔が良い男" 視点で、面白かった

前回は、12年も結婚していた夫婦が離婚後も同じ弁護士事務所で、互いが仕事上での相棒的な “グッドパートナー” を描いた。そして今回は、企業の顧問弁護士である本業のクライアントとの無敵の弁護士 “グッドパートナー” を描いて来た。

それも、今回は咲坂(竹野内豊)の “顔が良い” をキーワードに、猫田(杉本哲太)の婚活エピを添えて、楽しくまとめてきた。咲坂と佳恵(松雪泰子)の相手が同一人物と言う部分や、娘・みずき(松風理咲)との親権上の “ライバル” 関係も絡めて、第1話と違った視点での物語も面白かった。

ゲストも含めて、登場人物が個性的で魅力的

とにかく、レギュラーだけでなく、ゲストも含めて、俳優と登場人物が見事にマッチしている。今回の2人のゲスト、解雇された元社員・小西勝也(野間口徹)と小西の代理人弁護士・宮前克美(モロ師岡)もまるで当て書きのようなピッタリ具合。ピッタリと言えば、杉本哲太さんの本作の役柄も実にハマってる。

そして何より、すべての登場人物が個性的で魅力的。そして、誰もキャラが被っていない。個々が動いて物語を作り出してるし、最後には上手く個々が一体化して、企業と顧問、雇用主と社員、親と子、(元)夫と(元)妻などのな “グッドパートナー” に帰結する秀逸なエピソード構成だと思う。

あとがき

株式会社ザ・チューブが手掛ける編集も、バラエティー番組風に効果音(今回なら猫田が婚活相手の釣り好きを聞いた時の大波の音とか)を入れたりしての、テンポ良い編集も新鮮。林ゆうきさんの劇伴も色とりどりで楽しい。

強いて言うなら、前回に比べるともっともっと面白く出来るんじゃないかってこと。前回が面白過ぎたかもしれませんが、今回のネタはリーガルドラマとして見たら “普通” と言えなくもありません。本作が第1話で魅せた面白さ、もっとポテンシャルがあると思いますので、次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(初回生産限定盤)(DVD付)
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8384/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/437318417.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッドパートナー 無敵の弁護士 #02

『大逆転 鍵は300枚の領収書』

グッドパートナー 無敵の弁護士 第2話

咲坂(竹野内豊)が所属する法律事務所の顧問先である医療機器メーカーが、元社員から不当解雇で訴えられて、咲坂と熱海(賀来賢人)が担当することになります。 解雇された元社員・小西(野間口徹)は、会社と年棒1200万円の3年契約を結んでいて、1年で解雇されたのは「労働契約法」に反すると言うのが言い分でした。 小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと判断します。 しかし、咲...

グッドパートナー無敵の弁護士 第2話

「大逆転鍵は300枚の領収書」 内容顧問契約先のシンヨーメディカルにやって来た咲坂(竹野内豊)熱海(賀来賢人)社長の角田一樹(三浦浩一)は、激怒していた。クビを切った元社員・小西勝也(野間口徹)から、不当解雇と訴えられたと。年俸1200万、3年契約。。。...

「グッドパートナー」2 ☆☆☆

焼け太りならぬ失職太り?3年契約なのに経費で飲み食いだけしてわざと働かず、途中でクビを宣告されたら訴えて残りの年棒と慰謝料その他ふんだくるという……。そんな人いるのか ...

コメント

あれれ…
みっきーさん、おはようございます。

僕は「第2話にして早くも“ありきたり”で平凡な話になっちゃった…」と思いました。
(記事の「強いて言うなら~」に強く同感しました)

「木9」という「枠」を考えると、もしかしたら「多くの視聴者」が楽しめる作品になっているのかもしれませんが、ちょっと第1話との「ギャップ」が僕には大きく感じました。
(咲坂の弁護士バッジを外して“では一人の人間として~”は、毎回登場するんでしょうか? 今回はただのルーティンみたいで、あまり効果的ではなかった、と思います)

ただ救い?は、単なる1話完結ではなく、娘のことや今回の猫田のクライアントが、次回以降への何らかの「伏線」になっている様なので、
今後も伏線の積み重ねが終盤への「盛り上がり」になっていけばいいな、と思います。
  • 2016-04-30│10:19 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: あれれ…
☆IDEさん
コメントありがとうございます。
GWでも結婚披露宴があるので、なかなか休みが取れません。
(愚痴って、すみません)

今回は、意外と普通でしたね。
ただ、いろいろ伏線があるようなので、そこに期待したいと思います。
  • 2016-04-30│18:07 |
  • みっきー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR