グッドパートナー 無敵の弁護士 (第1話 初回15分拡大・2016/4/21) 感想

グッドパートナー 無敵の弁護士

テレビ朝日系・木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』公式
第1話/初回15分拡大『諦めない元夫婦の最強コンビ掟破りの勝利の裏技』の感想。


企業の法律業務専門の弁護士・咲坂(竹野内豊)はデザイン事務所社長・夕子(鈴木杏樹)の代理人を務めることに。夕子は大手広告代理店の依頼で作成したが不採用だったデザインを別件に流用。それが発覚して1億円の損害賠償金を請求されていた。咲坂の下に付く新人弁護士の熱海(賀来賢人)が見ても勝ち目はない。だが咲坂は争う姿勢で、サポートすることになった同僚弁護士の佳恵(松雪泰子)は彼の策を聞いて絶句する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『DOCTORS~最強の名医~』風のリーガル・ドラマ

脚本は、『救命病棟24時シリーズ』『HERO』『ガリレオ』『DOCTORS~最強の名医~』等の福田靖氏。第1話の演出は、『民王』『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』『DOCTORS~最強の名医~』等の本橋圭太氏。

脚本的な脇役たちの動きの中で主人公を上手く魅せるのは『HERO』風だが、演出面から見ると、豪華な脇役を効果的に使いつつ、主人公がバリバリと活躍したり、シビアな現場の話なのに巧みにコミカルさを入れてテンポ感を出すのは、テレ朝の『DOCTORS~最強の名医~』に近いかも。これ、私の好きな作風だ。

捻りの利いた元夫婦の設定が、キッチリ活かされてる

今期のもう1つのリーガル・ドラマ『99.9‐刑事専門弁護士‐』は、『HERO』風の王道スタイルの作風で主人公1人をグッと前に出している。それに対して、本作は主人公が離婚歴のあるシングルファーザーの弁護士・咲坂(竹野内豊)と咲坂を知り尽くす元妻で同僚弁護士・佳恵(松雪泰子)って設定がキュッと捻りが効いてる。

負けず嫌いで真面目で人間味のある熱い敏腕弁護士の咲坂と、夫婦生活は失敗したが仕事上では最強のパートナーである元妻の佳恵の会話劇が最高に面白い。ロジカルに法律論を戦わせるシーンと、話が脱線すると「パパ」「ママ」と呼び合う犬も食わない夫婦げんかに切り替わるコミカルな家族ドラマ風もメリハリあって楽しい。

あとがき

主人公と脇役、見方と敵、シリアスとコミカルなど、隅から隅まで視聴者への “見せ方” と “魅せ方” を完璧にわかってるって感じ。15分拡大も、あっと言う間に感じましたし、第1話でここまで個性的な、しかも大量な登場人物たちの設定説明もさり気なく熟して、完成度が高すぎます。

何よりテンポの良さと1話完結の爽快感、群像劇だからこその会話劇の台詞のやり取りの面白さ、そしてゲストも含めた登場人物たちの生き生きとした台詞と演技も実に良い感じ。早くも新たな魅力的な二枚目半キャラを創り出して来た竹野内豊さんの芝居にも注目です。継続視聴、確定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(初回生産限定盤)(DVD付)
テレビ朝日ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」主題歌「Plus One」平井堅(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8354/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/436983775.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッドパートナー 無敵の弁護士「諦めない元夫婦の最強コンビ掟破りの勝利の裏技」

企業法務を専門とする法律事務所で、共に弁護士として働く元夫婦の2人(竹野内豊、松雪泰子)が、企業の理不尽な悪に立ち向かっていく、クールでコミカルな法務&ホームドラマ、だそう 適度な笑いの散りばめられた痛快劇で、面白かったです。 可笑しかったのは、前クールで、トボけた笑いポジションの異彩を放っていた砂清水役の方が、また、それ風で出演してたことかな? 今度は、アソシエイト弁護士...

グッドパートナー 無敵の弁護士 第1話

とある朝、オシャレなセレクトショップで顧問先企業の社長のプレゼントを物色している咲坂健人(竹野内豊)は、神宮寺法律事務所の敏腕パートナー弁護士です。 同じ頃、神宮寺法律事務所には新人弁護士・熱海優作(賀来賢人)が着任していました。 熱海は自分の担当が誰になるのか、ボスである神宮寺一彦(國村隼)の元でわくわくと待っていました。 やって来たパートナー弁護士の夏目佳恵(松雪泰子)...

グッドパートナー 無敵の弁護士〜第1話★初回視聴率は12.9%

グッドパートナー 無敵の弁護士〜第1話 初回の平均視聴率は12.9% まずまずの好スタートじゃないでしょうか・・・。 −◆− 竹野内豊が良い味を出してる。 その上、理不尽な要求を突きつけてきた帝都広告の部長(手塚とおる)や大手弁護士事務所の弁護士(近藤芳正)をギャフンと言わせるから痛快。 『半沢直樹』や『下町ロケット』と同様の構図はもっと濃くても良いくらいかな・・・・。 ...

グッドパートナー 無敵の弁護士 #01

『諦めない元夫婦の最強コンビ 掟破りの勝利の裏技』

グッドパートナー無敵の弁護士 第1話

「諦めない元夫婦の最強コンビ掟破りの勝利の裏技」 内容企業法務を専門に扱う神宮寺法律事務所に新人、アソシエイト弁護士として、熱海優作(賀来賢人)がやってくる。代表の神宮寺一彦(國村隼)は、パートナー弁護士・猫田純一(杉本哲太)同じくパートナー夏目佳恵(...

「グッドパートナー 無敵の弁護士」1 ☆☆☆

ネクタイが被ったから徹底抗戦w久しぶりにカッコイイ竹野内豊が見られるかと思ったら、案外セコくてみみっちくて、でもやっぱり有能でかっこいいよーという素晴らしく見応えのある ...

コメント

みっきーさん、こんにちは。
お久しぶりですm(_ _)m

タイトルがダサいなぁ、と思いましたが、竹野内豊さん好きなので観てみました。

冒頭から「福田さんっぽい脚本だなぁ」と感じていたら、やっばり福田さんでした(笑)。
形を変えた『HERO』だなと感じました。
(『HERO』は、文科省?と組んだシーズン2や映画版はイマイチ。『DOCTORS~』はシーズン1のみ好きでした)

猫田純一役の杉本哲太さん、『HERO』の時も感じたし、それ以外のドラマにも「出演し過ぎ」で、「またか…」とちょっとウンザリなんですよねぇ…。
彼がやってきた役って、他にいくらでも「より良く」できる俳優さんがいるのにな、と思うんです。どうしてこんなにも重宝されているのかが謎です。

あと一つ気になったのは、熱海優作役の賀来賢人さん。
嫌いな俳優さんではないのですが、今回は「オーバー・リアクション」が馴染んでないなと思いました。
演出もそこまでさせなくても、と感じてしまいました…。

ただ作品全体としては、見終わった後の「爽快感」があって、今のところ今期いちばんなドラマでした!
(と言っても、今期は期待している作品、視聴している作品自体が少ないので、他に凄く面白い作品があるのかもしれませんが…)
  • 2016-04-23│15:30 |
  • IDE URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆IDEさん
コメントありがとうございます。
昨夜は仕事で返信できず、申し訳ございません。

確かに、タイトルはベタですね。
でも、爽快感があって良かった。
俳優陣の演技は、今後いろいろバランスを取ってくると思います。
  • 2016-04-24│09:11 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR