●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

とと姉ちゃん (第16回・4/21) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』『第16回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


働き口を探し回る君子(木村多江)。だが、断られてばかりでなかなか見つけられずにいた。心配する常子(高畑充希)だが、清(大野拓朗)のことが頭にちらつき、勉強に身が入らない。しかし清は、わざとらしくため息をついては苦労話にかこつけて自慢をしたがるナルシストだった。思っていた人と違う…と思い始める常子だが、清との会話の中で君子の助けになるヒントを得る。常子は急いで祖母・滝子(大地真央)の部屋に向かう…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

小橋3姉妹は居候の割に、炊事は手伝っていないの?

今回こそは楽しくなーれと思って観るのだが、今回のアバンタイトルで見事に撃墜されてしまった。美子(根岸姫奈)が夕飯のおかずを天ぷらだと清(大野拓朗)に聞いたと言う。常子(高畑充希)も初耳の様子。ってことは、1週間、3姉妹は居候の割に炊事は手伝っていないってこと。それでいいのかな、かか様?

本作は、ついにクワドループル(4人)主人公なの?

『あまちゃん』が母子3代、『ごちそうさん』が日本人夫婦、『花子とアン』が腹心の友、『マッサン』が国際結婚の夫婦、『まれ』が両親と娘?、そして『あさが来た』が姉妹。これらが最近の朝ドラで『まれ』以外がヒットしたとされる最大の理由であるダブルやトリプル主人公って類い。

そして、本作はと言えば、「母と3姉妹」のクワドループル(quadruple)主人公とでも言えば良いのだろうか。なぜ、今更こんなことを書くかと言うと、現状がヒロイン・常子(高畑充希)のでなく、小橋家の人々の物語になってやしないかってこと。それでいいのかな、脚本の西田征史先生?

風吹ジュンさんと萬田久子さんの老けメイクは何処へ?

前回の感想で、「60歳と45歳で母子にするなら、老けメイクが貧弱過ぎ」と書いたのだが、今回初登場の森田まつを演じる秋野暢子さんは、若干コント風ではあるもののしっかりと老けメイクを見せてくれた。因みに女性の、女優さんの年齢を言うのも何だが、滝子演じる大地真央さん60歳、秋野さん59歳。

こう言っては何だが、滝子、まつ、かか(=母)・君子(木村多江)で3姉妹と言われても納得のレベル。前作での風吹ジュンさんと萬田久子さんが見事な老けメイクが懐かしい。それでいいのかな、美術メイクさんと大地さん?

あとがき

今日は「とと」の「と」の字も出ぬまま終わるのかと落胆しかけたら、14分過ぎに、常子が滝子に母の就職先探しを手伝いたいと申し出るシーンがありました。これで何とか『とと姉ちゃん』に偽り無しと一安心。やはり、ヒロインの常子で物語を動かさないと面白くありませんから。

それにしても、今回も重隅を突く位しか、物語の展開も進まないし、大きなうねりも感じません。ただただ、新たな登場人物の紹介がポツリポツリと続くだけ。このまま、ヒロインは埋没して小橋家4人家族のお話になってしまうのでしょうか。それでは、何か違うような…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8348/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/436940001.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天ぷら>『とと姉ちゃん』第16話

青柳家での暮らしを素直に純粋に受け入れている美子 天ぷらにも大喜び そんな美子が真っ先にパクついたのは カボチャの天ぷら 常子や鞠子はエピの天ぷら 何かこのへんに意味あり? 小さな事にも感謝と喜びを見出す子と 与えられた物はしっかり受け取るけど心はイマイチ打ち解けない子 …みたいな? ↑穿ち過ぎ 真正かまってちゃんの清さんも カボチャから食べていたし...

天ぷら>『とと姉ちゃん』第16話

青柳家での暮らしを素直に純粋に受け入れている美子天ぷらにも大喜びそんな美子が真っ先にパクついたのはカボチャの天ぷら常子や鞠子はエピの天ぷら何かこのへんに意味あり?小さな...

「とと姉ちゃん」第16回★ときめきから幻滅

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」 第16回(4月21日) 働き口を探し回る君子(木村多江)。だが、断られてばかりでなかなか見つけられずにいた。心配する常子(高畑充希)だが、清(大野拓朗)のことが頭にちらつき、勉強に身が入らない。しかし清は、わざとらしくため息をついては苦労話にかこつけて自慢をしたがるナルシストだった。思っていた人と違う…と思い始める常子だが、清との会話の中で君子の助けに...

とと姉ちゃん 第16回

内容跡継ぎの清(大野拓朗)と出会った常子(高畑充希)は、「キレイ」と言われたことで、気がつくと脳裏に、清が浮かんでいた。が、徐々に、思っていたのと違うとわかりはじめる。 そのころ、君子(木村多江)は、仕事を探すが、見つからず。。。 敬称略 紹介話と。。...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第16回 感想

働き口を探し回る君子(木村多江)。 だが、断られてばかりでなかなか見つけられずにいた。 心配する常子(高畑充希)だが、清(大野拓朗)のことが頭にちらつき、勉強に身が入らない。 しかし清は、わざとらしくため息をついては苦労話にかこつけて自慢をしたがるナルシストだった。 思っていた人と違う…と思い始める常子だが、清との会話の中で君子の助けになるヒントを得る。 常子は急いで祖母・滝子(大...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR