●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

とと姉ちゃん (第13回・4/18) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』『第13回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


母・君子(木村多江)の突然の告白により祖母の存在を初めて知る常子(高畑充希)。祖母・滝子(大地真央)は東京・深川の製材問屋「青柳商店」の大女将(おかみ)で、とても厳しい人だという。竹蔵(西島秀俊)との結婚に反対された君子は、滝子と絶縁し浜松にやってきたのだった。しかし竹蔵亡き今、自分の稼ぎだけでは三人の娘を育てることが難しくなってしまった。君子は常子たちに、東京に行き滝子の元で暮らすことを提案する
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと物語が動き出した

演出は、第3週も大原拓氏。大原氏のカメラワークを存分に活かした広々とした借家の引越しのシーンが、あんな長尺で必要かどうかの議論は別にして、とにかく本作がプロローグを終えて、やっと本題、物語が動き出したと言って良いと思う。

賑やかなだけで無駄な第2週が勿体なかった

ただ、今回の東京への引越し話も、第1週でとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)を中心とした小橋家の人間関係をしっかり描き、きちんとととの葬儀を描いて次章へのけじめをつけておけば、第1週の土曜日に引っ越しを決めれば、1週間の猶予が出来たはず。結局、賑やかなだけで無駄な第2週が勿体ないったらありゃしない。

あとがき

無駄に広い借家の家賃、取って付けたような貝殻の思い出話、かかが娘たちに「祖母」とは言わず「母」、かかと祖母の絶縁の理由、竹蔵が引越しの手伝いに来ないとか、重隅だけの15分。それにしても、スパッと月曜日に祖母・滝子(大地真央)と面会したら良かったのに、ホントに話の進みが遅い…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8336/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/436808843.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

引っ越し>『とと姉ちゃん』第13話

猫がお腹を壊して病院に連れて行った翌日 今度は私がお腹を壊してしまった 道理でこのところ、やたら食欲があると思ったよ あ、ちなみに 猫と同じ物は食べてません>ぉ …ひじゅにですが何か? 「夕べ遅くまで話し合いました」by常子 鞠子:最近の朝ドラって嫁姑戦争が“お約束”になってるじゃん  引っ越すのは怖いよ 常子:嫁姑じゃないから、実の...

引っ越し>『とと姉ちゃん』第13話

猫がお腹を壊して病院に連れて行った翌日今度は私がお腹を壊してしまった道理でこのところ、やたら食欲があると思ったよあ、ちなみに猫と同じ物は食べてません>ぉ…ひじゅにで...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第13回 感想

母・君子(木村多江)の突然の告白により祖母の存在を初めて知る常子(高畑充希)。 祖母・滝子(大地真央)は東京・深川の製材問屋「青柳商店」の大女将(おかみ)で、とても厳しい人だという。 竹蔵(西島秀俊)との結婚に反対された君子は、滝子と絶縁し浜松にやってきたのだった。 しかし竹蔵亡き今、自分の稼ぎだけでは三人の娘を育てることが難しくなってしまった。 君子は常子たちに、東京に行き滝子の元...

とと姉ちゃん 第13回

『常子、はじめて祖母と対面す』 内容母・君子(木村多江)から、死んだと聞かされていた母の母。。。祖母を頼ることにしたと知らされる常子(高畑充希)たち。実家は、東京深川の材木屋だという。事情により仲違いしていたが、ワケを話すと帰ってこいと言われたと。 敬...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR