とと姉ちゃん (第12回・4/16放送予定分) 感想

連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第2週『常子、妹のために走る』『第12回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。


生活の為に、かか(=母)君子(木村多江)が、妾になってしまう。焦る常子(高畑充希)は、お金を稼ごうと仕事を探すが、見つからない。ふと、叔父・鉄郎(向井理)が「はとを売ればお金になる」と言っていたことを思い出し、三姉妹ではとを捕まえるも、結局一銭も稼げずじまい。家に帰ると君子の姿はなく、よそ行きの着物がなくなっている。必死に近所を探す常子たち。その先で語られてこなかった君子の秘密を知ることになって…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

次週に期待しよう

結局、第2週は最後の最後まで新たな登場人物を登場させるためのエピソード集になってしまった。お蔭で、ヒロインは、美子の問題、町内会、米騒動や鉄郎(向井理)などに振り回されていただけ。

その上、第2週のオチが次週で初登場する祖母ってことになると、第2週の存在意義自体を疑うしかない。なぜなら、金を稼いできたいたとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)が亡くなった時点で、かか(=母)・君子(木村多江)は自分が稼ぐか、親戚に身を寄せるか判断するべきで、結局4年間と言う歳月も、今週のあれこれもみんな無駄話になってしまった。

確かに、表面的な部分は面白おかしくコミカルに描いてはいるが、ハッキリ言って本筋とは無関係の部分。このままでは…とは思うが、次週の予告では物語が大きく動くようだから、そこへ期待しようと思う。

あとがき

最近の朝ドラアゲのネット記事を読んでいると、『あさが来た』の二番煎じのように、次女・鞠子役の須田琥珀さんを推してるものが多いですね。悪いとは思いませんし、なかなか存在感のある女優さんだと思いますが、ドラマありき、物語ありきだと思うんですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」オリジナル・サウンドトラック Vol.1


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8335/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/436805639.html でも受付けております。


【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第12回 感想(ネタバレ注意)

生活の為に、かか(=母)君子(木村多江)が、妾になってしまう。焦る常子(高畑充希)は、お金を稼ごうと仕事を探すが、見つからない。ふと、叔父・鉄郎(向井理)が「はとを売ればお金になる」と言っていたことを思い出し、三姉妹ではとを捕まえるも、結局一銭も稼げずじまい。家に帰ると君子の姿はなく、よそ行きの着物がなくなっている。必死に近所を探す常子たち。その先で語られてこなかった君子の秘密を知ることにな...

鳩>『とと姉ちゃん』第12話

いつも時間がある時はBSと地上波と両方観るのだが今日は地上波の方を観逃した…と思ってたら今日は地上波の方は放送しなかったらしいそーいや東日本の時もそうだったなあの時は...

鳩>『とと姉ちゃん』第12話

いつも時間がある時は BSと地上波と両方観るのだが 今日は地上波の方を観逃した …と思ってたら 今日は地上波の方は放送しなかったらしい そーいや東日本の時もそうだったな あの時は『てっぱん』だったっけな BSの方を観逃した人にはネタバレになりますが 感想行きます …ひじゅにですが何か? 「鳩と私達三姉妹との決闘よ!」by常子 *鉄...

OUR HOUSE第1話 & とと姉ちゃん第2週(4.11-18)

・OUR HOUSE第1話 母親の死後家を支える長女(芦田愛菜)と そういった家庭の事情を何も知らずに来日、 後妻となった米国人女性(シャーロット・ケイト・フォックス)の 衝突と交流を描くホームコメディ。 初回視聴率は4.8%でテレビ東京を含む全局の中で最も低かったらしい。 僕も観る前は野島伸司脚本ということで拒絶反応があったのですが、 野島脚本独特のアクの強さは感じられなくて、観やすい内容...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR