[読書] 伝え方が9割 2 (佐々木 圭一/著・ダイヤモンド社) 感想

伝え方が9割 2
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


「強いコトバの作り方」に特化した第2弾

当blogの「読書感想の記事」でも星★4つを獲得し、64万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の第2弾。因みに、前作は「なぜ伝え方で結果が変わるのか?」の説明と、結果を変えるための「強いコトバの作り方」が中心だった。

しかし、今作は、結果を変えるための「強いコトバの作り方」に特化し、前作の5つのに3つを加えた8つの技術を図解付きで具体的に説明してある。前作よりも実践的でモヤモヤしたところがないため、とても共感し易いし、単純に読み物としても面白い。

「相手を制御する」的な前作の残念な部分は無い

私が、前作で引っ掛かったのが、「相手を思い通りにコントロールした方が勝ち組だ」的な雰囲気が所々にあったこと。上から目線と言うか、してやったり的な。しかし、今作にはそう言う部分は無い。むしろ、ちょっと面白い言葉遊び的なアプローチで、どう言う言い回しなら相手の心に言葉を残せるかが書いてあるのだ。

実践編が、小手先のテクニック集に見えるのが残念

ただ、実践編とは言いながら、「伝える」対象者の設定が曖昧だったり、単純な小手先のテクニック集的に読めてしまう部分があったのが残念。

しかし、メールのタイトルやメモ書きや、SNS(ブログ含む)で多くの人に心に訴えたい時には、きちんとパターン化された、「イエス」に変える7つの切り口と、「強いコトバ」をつくる8つの技術は実用的。

すぐにでも試したくなるような作例が多いから、まずはやってみようと思う実践派には、第2弾をお勧めする。理論から入りたければ第1弾からと言う本。

あとがき

前作も今作も著者の言いたいことは変わっていません。ただ、切り口が大きく違います。前作は自分の意思を相手により強烈に伝える方法を論理的に説明し、今作は実践的な作例で読書も作ってみようと訴えてる。前作が「参考書」で今作が「問題集」って感じです。2冊読むと理解が深まるのは間違いありません。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
人を操る禁断の文章術
伝わっているか?
心を引き寄せる大人の伝え方集中講義 (Sanctuary books)
買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則 (アスカビジネス)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8308/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 99%の医者が知らない言葉のおくすり ‐心のお医者さんが6万人に伝えたストレスをみるみる癒すメッセージ27‐ (井上 裕之/著・アチーブメント出版) 感想
[読書] 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄 (南 直哉/著・筑摩書房) 感想
[読書] 自分でできるお祈り生活のススメ (酒井 げんき/著・二見書房) 感想
[読書] 座らない!―成果を出し続ける人の健康習慣 (トム・ラス/著,牧野 洋/翻訳・新潮社) 感想
[読書] 服を買うなら、捨てなさい (地曳 いく子/著・宝島社) 感想
[読書] 賢人たちからの運命を変える質問 (マツダ ミヒロ/著・かんき出版) 感想
[読書] 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ (水島 広子/著・大和出版) 感想
[読書] 地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。 (斎藤 一人/著・サンマーク出版) 感想
[読書]仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン (橋本英樹/著・祥伝社) 感想
[読書]「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ- (渡邉洋介/著・実務教育出版) 感想
[読書]困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典 (村上英記/著・日本実業出版社) 感想
[読書]伝え方が9割 (佐々木 圭一 /著・ダイヤモンド社) 感想
[読書]100%好かれる1%の習慣 (松澤 萬紀 /著・ダイヤモンド社) 感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR