[読書] 病気になるサプリ 危険な健康食品 (左巻 健男/著・幻冬舎) 感想

病気になるサプリ 危険な健康食品
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)


サプリメントの真実が解る本

以前、紹介した『ニセ科学を見抜くセンス (左巻 健男/著・新日本出版社社)』(読書感想)の著者が書いた、摂取することが日常的になっているサプリメントや健康食品の類いが、健康補助なのに病気を引き起こしたり、生命の危険の原因にもなることがあることを、広告の騙しのテクニックや科学的根拠の面から解かり易く解説した本。

健康食品・サプリの危険性を暴く3つの視点

本書を要約すると、大きく3つの視点がある。

1つ目は「製造の背景」である。
原価率は平均10%以下、特にビタミン系の非天然の合成物は卸値が10%を超えることはないと言うほど、製造者が儲かるのだ。その上、薬品のように厳密な製造段階のテストも無いし、効き目も品質もあやふやでも商品として店頭に並んじゃう。効果を責任保障しなくても、儲かる商品を作る輩がいるのは当然のこと。

2つ目は「広告手法」である。
ダイエットサプリメントに見れるのが、「私はこれを飲んで痩せました」ってCMやテレビ番組。しかし、著者によれば、1日数回体重測定するだけでも、どんな時に体重が増加したかを記録すれば、自然に生活環境を見直し修正して痩せると言う。従って、調査やテスト段階で「食べ過ぎ」に注意させてるだけってこと。

3つ目は「科学的根拠」である。
これについては本書にたくさん書かれている。例えば、グルコサミンやコンドロイチンが関節や股関節の痛みに効くと言う明確な結果はないとか、「焦げを食べるとガンになりやすい」は動物実験においてサンマ2万匹の焼き魚を毎日15年ほど食べないとガンと関係は見られないとか。

巻末付録「人気サプリの実力寸評」が解かり易い

巻末付録「人気サプリの実力寸評」が簡潔にまとまっており実に解かり易い。そこに挙げられている怪しいサプリはこんな感じ。詳しくは本書を読めば一目瞭然。これまで信じていたのが馬鹿らしくなってくる。

グルコサミン、コラーゲン、青汁、ヒアルロン酸、DHA、ローヤルゼリー、ブルーベリー、コエンザイムQ10、ウコン、安価な黒酢や香醋、EPAなど

あとがき

この私も、「ダイエットをおいしく、楽しく。」とか「健康的なダイエットをサポート!」なんて広告の謳い文句を信じて飲んでいたこともありますが、ほぼおまじないのようなものだったように思います。
ただ、ダイエットサプリを飲むことで、食事に気を遣うようになる効果はあると思います。あとは、原材料や製造方法の安全性の問題。そこが、広告では解かり難い。本書はその辺を少しは解るようになる手助けになると思います。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ニセ科学を見抜くセンス
そのサプリ、危険です! 本物サプリの正しい選び方
こんな「健康食品」はいらない! (だいわ文庫)
なぜ疑似科学が社会を動かすのか (PHP新書)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8282/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

【当blog内の関連記事】
[読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖 (知ればもっとおいしい! 食通の常識) (福地 享子/著・世界文化社) 感想
[読書] ニセ科学を見抜くセンス (左巻 健男/著・新日本出版社社) 感想
[読書] フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来 (大森 由紀子/著・世界文化社) 感想
[読書] スーパーパティシエ物語―ケーキ職人・辻口博啓の生き方 (輔老 心/著・岩崎書店) 感想
[読書]カロリーゼロって本当はどういうこと? (郡司和夫/著・三才ブックス) 感想
[読書]加工食品の危険度調べました (渡辺雄二/著・三才ブックス) 感想
[読書]飲みものの危険度調べました (渡辺雄二/著・三才ブックス) 感想
[読書]「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。 (河岸宏和/著・東洋経済新報社) 感想
[読書]なにを食べたらいいの? (安部司/著・新潮文庫) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR