東京センチメンタル (第11話・2016/4/1) 感想

東京センチメンタル

テレビ東京系・ドラマ24『東京センチメンタル』公式
第11話『両国の恋』 ラテ欄『春の両国~隅田川で再会…元妻が流す涙は老舗さくら鍋の味』の感想。
なお、2014年12月30日にスペシャルドラマは鑑賞済み。(感想の記事


卓三(吉田鋼太郎)は店で、元妻・玲子(大塚寧々)に誕生日祝いの和菓子を贈る。その優しさに玲子は思わず「よりを戻そうか」と言い、卓三をドギマギさせる。ところが玲子は、別れた夫・桂崎(豊原功補)と会うという。桂崎の仕事の都合でシンガポールにいた玲子は、擦れ違いが続き指輪と離婚届を置いて一人、帰国した。玲子が正式に別れていないことを知った卓三は動揺する。翌日、玲子と桂崎は東京・両国で待ち合わせる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回直前でちょっと捻りを利かせた感じ

脚本は、ブラジリィー・アン・山田氏。演出は、三木康一郎氏。物語は、これまでと趣きが違って、卓三(吉田鋼太郎)が元妻・玲子(大塚寧々)の本当の幸せを考えると言う仕掛け。最終回直前でちょっと捻りを利かせた感じで、悪くなかった。

卓三って周りの人たちに本当に愛されている

卓三って周りの人たちに本当に愛されているのだと思う。まあ、卓三のあの性格がそうさせているのだが。今回の蕎麦屋の店主・荒木(小栗旬)を見ても、いつもは卓三を焚きつけるコミカルなシーンで終わるが、今回は結構核心をついたアドバイスを。あかね(高畑充希)も温かく卓三を見守って…

押す時は押すが、引く時にはちゃんと引く

しかし、卓三は玲子との別れを選ぶ。この辺の50過ぎの男のわびさび的な判断は実にいい感じ。押す時は押すが、引く時にはちゃんと引く。理容店の柴田(片桐仁)との終盤のコミカルなやり取りに癒された…

あとがき

最終回のゲストは、卓三の初お見合いの相手・宮永千佳役に広末涼子さんが登場。卓三とお見合い。その結末は?楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】東京センチメンタル Blu-ray BOX(特製ミニクリアファイル付き)
【Amazon.co.jp限定】東京センチメンタル DVD-BOX(特製ミニクリアファイル付き)
東京センチメンタル Blu-ray BOX(仮)
東京センチメンタル DVD-BOX(仮)
恋心(完全生産限定盤)(DVD付)
恋心(通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8281/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/436063165.html でも受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR