ドラマスペシャル「ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~」 (2016/3/27) 感想

ドラマスペシャル「ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~」

テレ朝系・スペシャルドラマ『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』公式
『不老不死の男が追う謎の連続殺人!!14年間美少女が隠した約束!?首筋に残された秘密』の感想。
なお、原案:萩尾望都『ポーの一族』(小学館文庫刊)は未読。


ある目的のために現れた不老不死の一族・三杉(香取慎吾)と真理亜(中条あやみ)。知り合いの前島(段田安則)が用意した住まいで身をひそめ暮らす2人だったが、時を同じくして女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。三杉も事件に巻き込まれることに…。さらに現場に居合わせたことで刑事の佐伯(萩原聖人)に疑惑を抱かれる三杉。徐々に一族に迫っていく捜査の手…。時代を越え永遠に生き続ける一族と連続殺人事件の関わりとはー
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

1時間45分を過ぎた辺りから良い感じに…

脚本は、映画『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~(2010)』等の脚本を手掛ける演劇界の異才と言われてる(そうだ)脚本・演出家の鈴木勝秀氏。演出は、『踊る大捜査線』『SP 警視庁警備部警護課第四係』等の本広克行氏。

シリーズ化、もしくは連ドラ化を目論んでいるような、2度ほど挿入されるまとめ映像やレコーダーの故障かと思ってしまったCM前の映像の繰り返し再生など、実に丁寧過ぎる2時間超の構成には、流石に最後までうんざりしてしまった。

しかし、1時間45分を過ぎた辺りから、三杉(香取慎吾)と真理亜(中条あやみ)が動き出して面白くなってきた。そして、漸くサブタイトルの『バケモノが事件を暴く』の意味が分かった。なるほど、こう言う話だったのか…

謎の不老不死の一族を絞り込んで描いた方が…

原作は未読。どうやら、吸血鬼で不老不死の一族の謎めいたファンタジー要素と、いろいろな謎解きのサスペンス要素を合わせた作品を目指したようだ。ただ、全体的に演じている俳優のせいもあるが、刑事の佐伯(萩原聖人)が活躍するサスペンス要素が強過ぎて、全体のファンタジー感が損なわれていたのが残念。

確かに、ファンタジー要素の部分を強調すると出演者のせいもあって、視聴者を絞り込んでしまう可能性を恐れたのかもしれない。しかし、やはり本作は謎の不老不死の一族を中心に且つ絞り込んで描いた方が良かったと思う。きっと、日テレだったら、もっと上手く仕上げたかも…

あとがき

終盤の正味20分は、なかなか雰囲気も出てきて悪くなかったです。全体の世界観も謎解きの部分も、意外に良かった。それだけに、妙な大人の事情的な構成を止めて、スキッと2時間枠に収めたら、もっと良かったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ポーの一族 復刻版 限定BOX: フラワーコミックススペシャル (特品)
ポーの一族 文庫版 コミック 全3巻完結セット (小学館文庫)
[まとめ買い] ポーの一族(フラワーコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8267/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/435800908.html でも受付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマスペシャル『ストレンジャー ~バケモノが事件を暴く~』

香取慎吾主演×本広克行監督×萩尾望都原作への興味から観てみたのですが、 不老不死の一族と連続殺人、謎と真実が交錯する物語で、今回のドラマはほぼオリジナルストーリー。 原案、というより設定を、モチーフ的に拝借した、という感じ、かも。 サブタイトル自体、随分、ですものね(^^;) う~~ん、この、かなりの大胆アレンジ。世間的な評価としては、どう?と、むしろ巷の評判が気にな...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR